奇跡の一枚

娘が成人式を迎え、振り袖なんぞを着せて大撮影大会を行った。
その時は親子共々舞い上がってるものだから、出来上がった写真をついついあれもこれもと注文してしまい、気が付けば豪華なアルバムとなってしまう。
もちろん枚数が増えるごとにチャリンチャリンと現金が加算されていくわけで、豪華アルバムは恐ろしいほどのお値段となり、私は1週間ほど寝込む事となる。
そしてさらに恐ろしい事に、この豪華アルバムが家に届くのはずっと後なので、成人式の余韻などどこにもなく、感動も喜びもない。
そこにあるのはただただ、「あーなんでこんな物を注文してしまったんだろう」という後悔のみである。
という話を、同じく成人式を迎えた娘の幼馴染みの母友に言うと、いやいやそれでもそのアルバム、よくよく見てごらん。修正されて美しくなってるよ。という返事が返ってきた。
何でもその娘さんはニキビの跡を気にしていたのだが、出来上がった写真は頼んでもいないのにニキビ跡などどこにもなく、美しい肌になっていたと言うのだ。
そう言われてもう一度うちの娘のアルバムを見ると、何だか若干肩幅が細くなってるような気がしないでもない。
噂によると、スマホのアプリで素人でも簡単に修正が出来て、もう誰だかわからないぐらいのレベルにまで変えられてしまうらしい。
良かった。
私の悩みのタネであった葬式用の奇跡の一枚も、そのアプリを使えば解決である。
シワを取り、タルミを取り、贅肉も取った写真が手に入るなら、心置きなく死ねるってもんだ。
だがしかし、言うまでもない事だが、それはもはや奇跡でも何でもない。



これぞ奇跡の一枚!
アプリではありません。ライアン君、本当に被り物に耐えながらの撮影です!



スポンサーサイト

お尻の話

猫は出会うとお尻を嗅ぎ合う。
これは言わば挨拶のようなもので、「ヤァ調子はどうだい?」みたいなものらしい。
ライアンはこれが大の苦手である。
トリュフとタルトはライアンを見かけるとすぐに寄ってたかってお尻を嗅ぐ。
ライアンはそれが嫌で逃げ回る。
猫同士は出会うと鼻もくっつけ合う。
ライアンはこれも好きではないが、お尻よりはマシなのか気が向けばトリュタルと鼻を交わす。
聞くところによると、猫の挨拶の順番としては、まずは鼻付け、その次にお尻嗅ぎ、らしい。
鼻はOKでもお尻NGの猫は結構いるようで、最終的に弱い方が強い方にお尻を嗅がせて挨拶は終了するらしい。
あんなに嫌がってシャーシャー怒りまくりの強気なライアン様だが、実はいつもお尻を嗅がれてしまうあたり、やはり気の良い変なおじちゃん感は拭えない。
そして散々お尻を嗅がれて逃げ回ったあげく、「何見てんだよ、ババァ!」と私に殴りかかってくる。
都合の悪い事は全て世の中のせいにして、やたら母親にだけは強気なニートみたいでとても悲しい。
いつの日か、ライアンが右の尻を嗅がれたら左の尻も差し出すくらいの達観した猫になってくれることを願ってやまない。



やめろ!嗅ぐな!シャー!

インスタその後

いやいやいやいや…インスタ難しい。
でも楽しい。
世間の若者がインスタにアップするためにわざわざ食べもしないメガ盛りを注文して写真撮る気持ち、わかる。
私も別に好きでもない抹茶パフェなんぞを今度注文してみようという気になっている。
でもいかんせん、理解せずにとんどん進めていってるので、不可解な事がしばしば起こる。
私がフォローした猫友さんの夫さん。
この方、猫好きの間ではかなりの有名人なので名前出してもいいかな?
出しちゃえ。
猫伝さん。
猫伝さんは時計好きのようで、私が最初にいいね!した写真が時計の写真。
その画面を元の自分の画面に戻すのがわからなくて、インスタ開けばいつも猫伝さんの時計が現れて、「あなたにオススメ」も時計関連ばかり出て来て、タグホイヤーのサイトからはフォロー要請まで来る始末。
まるで時計と猫伝さんが大好きな人になってしまったが、それはそれでまぁいいか。
そんなこんなで、何が何だかわからないまま、インスタ女王目指して頑張ります!



抹茶パフェを注文する勇気はまだない笑





忖度

最近国会あたりで良く耳にする言葉。
「忖度」
人の心を推し量る事、の意である。
言わずとも、先回りして相手の心を読み行動する。
相手に良かれと、自分を犠牲にする。
忖度は、日本人なら誰しもやっている事なのだ。
私なぞ、拙宅の猫にどれだけ忖度してることか。
部屋からなかなか出て来ないと、「もしやいじけてるじゃないか?」と先走り、ジャラシを持って駆けつける。
あまり餌を食べてないようなら「同じ餌ばかりでお気にめさないんじゃないか?」とイソイソと値の張る缶詰めを買いに走る。
相手は何も言わないし要求もしない。
しかし私は勝手に忖度する。
忖度して良きに計らう。

その辺の職場の上司にだって、近所のおばちゃん仲間にだって、皆、忖度しながら生きている。
忖度はある。
良かれと思った事がかえって相手に迷惑をかける事があるとしても、そこに忖度が働いてるのは間違いないと私は思うのである。



側にいて欲しそうな兄ちゃんの心を忖度して付きそうトリュフ

忖度の失敗例ですな…

花嫁の父

姪っ子が結婚した。
私の兄の娘である。
兄には娘が2人おり、兄は2人の娘をそれはもう可愛がって育てていたので、式当日はさぞかし泣くだろうなと心配していたのだが、意外とケロっとしていて驚いた。
恒例の花嫁から両親への手紙を読むイベントの時も、誰よりも花婿が号泣しだしたため、回りは笑いに包まれてしまい、兄は泣く機会を逸したのかもしれない。
姪は叔母の私から見ても本当にデキた子で、気立ては良いし優しいし、決して美人ではないが誰からも愛されていたのは結婚式に集まった友達を見てもよくわかった。
姪の夫となった彼も、とても好青年で、2人の幸せを確信し、気が付けば兄よりも私の方が泣いていた。
後日、兄から結婚式の写真がスマホで送られて来た。
「編集した」と言うタイトルのそれは、どれも娘のワンショットばかりで、隣にいるはずの彼の姿がない。
花嫁の父の心の闇を見た瞬間である。


お祝いに姪の飼い犬ハナちゃんのウェディングドールをプレゼントしました。
力作です!


ハナちゃんでーす!

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム