薫風

ちょっと覚えたカッコいい言葉を使ってみたい時がある。
だが使うタイミングがわからず、未だ会話の中では使った事のない言葉。
その1つに「薫風」がある。
一年を通して、5月が1番好きだ。
夏は暑いし冬は寒い。そして春は花粉。
とかく家にこもりがちな私が、唯一出かけたくなるのは5月だけである。
新緑が青空に映え、日差しはあってもさほど暑くはなく、目を細めて木漏れ日を見上げた時、頬を撫でる風が気持ち良くて、あ、薫風、と思うのだが、「薫風吹きましたね」と言うのもどうなのかわからず、たいていの場合黙っている。
カッコ良く「薫風」を会話に組み込むにはどうすれば良いのか、誰か教えて欲しい。
もう1つ、言ってみたいセリフ。
飛行機の搭乗チェックで金属探知機に引っかかった時に一言。
「あれ?これって心のナイフにも反応するんですか?」
たぶんこれから先、飛行機に乗る事のない私には、使う機会はまずないだろうが。



ちなみに「心のナイフ…」のセリフは「銀魂」ってマンガの中のセリフらしい。ずーっと前に読んだのに、どこかで使えないかとずーっと目論んでるらしい。



スポンサーサイト

タイマー

西島秀俊と小栗旬のドラマcrisisを見た。
第1話冒頭、新幹線に爆弾テロ犯が乗っていて、それをド派手に捕まえるというシーン。
その爆弾テロ犯はなんだかんだで割と簡単に捕まるのだが、犯人のリュックを開けたらさぁ大変。
そこにある爆弾は既にカウントダウンを始めていて、あと数秒で爆発だ。
しかし小栗旬は少しも慌てず、爆弾もろとも新幹線から海に飛び込み乗客は事なきを得る。
いやはや、良かった良かった。
と言う記憶も新しい昨日。
電車に乗ってると、私の隣に座っている人がスマホを持った手をダラリと膝に置いて眠りこけている。
チラリと見ると、スマホ画面がタイマー表示になっており、カウントダウンを始めているではないか。
しかもcrisisの爆弾よりうんと早いペースで刻々と数字はゼロに近づいている。
え?まさか?
スマホの持ち主はどう見ても普通のOLだが、crisisの犯人も、地味な学生風の兄ちゃんだったし、このOLがテロリストじゃないと誰が言えよう?
そうこうしてる間にもカウントダウンはどんどん進んでいる。
え?なに?これ。
まさか自爆的なアレですか?
見回してみたが、どうやら西島秀俊も小栗旬も駆けつける様子はない。
もはやこれまでか。

タイマーがゼロになった時、スマホがブルっと震えたのか、眠っていたOLはピクリとして起き、タイマーを止め、スマホを鞄にしまってまた眠り出した。
一体何のためのタイマーだったのだろう?
OLを起こして問いただしたい衝動に駆られたが、共謀罪に問われても困るので、どこかに乗っているかもしれない西島秀俊と小栗旬を探すべく、そっと席を立ったのであった。




いつも共謀してます!




インスタその後

いやいやいやいや…インスタ難しい。
でも楽しい。
世間の若者がインスタにアップするためにわざわざ食べもしないメガ盛りを注文して写真撮る気持ち、わかる。
私も別に好きでもない抹茶パフェなんぞを今度注文してみようという気になっている。
でもいかんせん、理解せずにとんどん進めていってるので、不可解な事がしばしば起こる。
私がフォローした猫友さんの夫さん。
この方、猫好きの間ではかなりの有名人なので名前出してもいいかな?
出しちゃえ。
猫伝さん。
猫伝さんは時計好きのようで、私が最初にいいね!した写真が時計の写真。
その画面を元の自分の画面に戻すのがわからなくて、インスタ開けばいつも猫伝さんの時計が現れて、「あなたにオススメ」も時計関連ばかり出て来て、タグホイヤーのサイトからはフォロー要請まで来る始末。
まるで時計と猫伝さんが大好きな人になってしまったが、それはそれでまぁいいか。
そんなこんなで、何が何だかわからないまま、インスタ女王目指して頑張ります!



抹茶パフェを注文する勇気はまだない笑





花嫁の父

姪っ子が結婚した。
私の兄の娘である。
兄には娘が2人おり、兄は2人の娘をそれはもう可愛がって育てていたので、式当日はさぞかし泣くだろうなと心配していたのだが、意外とケロっとしていて驚いた。
恒例の花嫁から両親への手紙を読むイベントの時も、誰よりも花婿が号泣しだしたため、回りは笑いに包まれてしまい、兄は泣く機会を逸したのかもしれない。
姪は叔母の私から見ても本当にデキた子で、気立ては良いし優しいし、決して美人ではないが誰からも愛されていたのは結婚式に集まった友達を見てもよくわかった。
姪の夫となった彼も、とても好青年で、2人の幸せを確信し、気が付けば兄よりも私の方が泣いていた。
後日、兄から結婚式の写真がスマホで送られて来た。
「編集した」と言うタイトルのそれは、どれも娘のワンショットばかりで、隣にいるはずの彼の姿がない。
花嫁の父の心の闇を見た瞬間である。


お祝いに姪の飼い犬ハナちゃんのウェディングドールをプレゼントしました。
力作です!


ハナちゃんでーす!

今更ですが

インスタグラムというものを始めた。
始めたと言っても、はっきり言ってイマイチわからない。
何がわからないのかわからないくらい、わからない。
何であんな物がわからないのか?と言わないで頂きたい。
わからないものはわからないのだ。
そもそもツイッターもフェイスブックもわからないのでやっていない。
もっと言えば、やらないのはわからないからだけではない。
怖いのだ。
何だか個人情報が垂れ流しになるような、カードの暗証番号もバレるような、そんな懸念がどうしても拭えない。
私の個人情報など、少々垂れ流されても何ら困らないのだが、それでも悪い人達から架空請求が送られてく来るんじゃないか?と思うと夜も眠れない。
そんなこんなで始めたインスタグラム。
垂れ流しにならないよう、認証制?だか何だか知らないが、申請してきた人にしか見せないしくみを使っている。(たぶん)
だが待てよ。
そうすると、世界の人々に見てもらえないという事なのか?
ジャスティンビーバーにフォローしてして貰ってうちの猫達を有名にしようという私の最終目標はどうなるのだ?
架空請求かジャスティンか…悩むところである。


ジャスティン見ねえから!


本日コメント欄開けてます。
インスタグラムに詳しい方、色々教えて下さーい!

2017幕開け

今年最初の投稿は…
ゲロの話である。

猫は本当によくゲロを吐く。
ライアンのゲロは餌を食べた後、割と間髪入れずに出る。
だからその形状は餌その物で水分もないので、ティッシュでガシっと取って後はちょっと拭けばOKである。
よく耳にする「毛玉を吐く」というのも、ライアンの場合はほとんどなく、ただただ今食べた餌をそのまま吐くのがライアン流だ。
ライアンはゲロの場所を選ばない。
いくら取りやすい形状のゲロとは言え、家具と壁の隙間とか布団の上とか、そういう所で吐かれた日にゃたまったものじゃない。
しかし、それがライアン流なので仕方ない。
そんな猫とゲロとの関係性を普通だと思って過ごしていたある日、うちにトリュフとタルトがやって来た。
トリュフのゲロは凄まじい。
猫は吐く前にゲコッゲコッと予兆のようなアクションを起こす。
ライアンのゲロはこの時にサッと紙などを前に置けば、うまくいくとその上にボトッと吐いてくれて全く掃除いらずの場合もあったりする。
ところが、トリュフのゲロはそうはいかない。
トリュフはゲコッゲコッの時点で既に吐いている。
しかも走りながら。
ゲコッゲコッから最後のゲロ~までの間に何箇所もゲロが撒かれる。
この状態を、我が家ではゲロパーティ、略してゲロパと呼んでいる。
そしてそのゲロは餌の形状などではなく、水っぽい。
フローリングの上でしてくれればまだ良いが、不思議な事に必ず娘の部屋のカーペットの上でする。
すなわち、掃除がしにくい。
飲み屋街の朝の風景が侘しくどこか汚らしいように、娘の部屋のカーペットは明るい日の下で見るとシミだらけでみすぼらしい。
パーティーの後とは大体こんなものだ。
さて、残るはタルトだが、うちに来て2年、誤飲で吐いた一回きり、彼が吐くのを見たことがない。
食べた物は全て栄養に。
それがタルトである。


あけましておめでとうございます。



今年もよろしくお願いします!
太ってないもん!

今年も2対1の我が家です。。


良いお年を!

元気やねぇ~
その老婆は満面の笑みで私に向かってそう言った。
その日私は、1ヶ月前から悩まされてる腰痛のため通っている接骨院の帰りだった。
腰痛で動けない私を家では誰も助けてくれないし、猫は猫でいつまでたっても険悪で仲良くならないし、そんなイライラをまとったまま、仏頂面で機嫌悪く歩いていた私に、その老婆は「元気やね~」と言ったのだ。
そうか、私、元気なんだ。
不満だらけでも貧乏でも、元気なんだ。
1年を元気に過ごせた事を感謝して見上げた空は真っ青で。
元気やね~
ニコニコ笑ってそう言う老婆に「はい!元気です!お婆ちゃんもお元気でね!」と手を振り
家路を急ぐ。
来年も皆が元気でありますように。

今年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。



年末にお金もないのにソファーを買ったら、猫たちがやたら気に入ってくれた!
良い買い物をした。。お金はないけど。
年明けには億万長者なので問題ないです。

引き際

フィギュアスケート全日本選手権で苦悩する浅田真央の姿に、多くの人が「もうやめさせてあげて」と思ったのではないだろうか。
アスリートの引き際は難しい。

昨日、スマスマ最終回を見た。
一連の騒動からのCD購買運動や、解散反対の署名などに少なからず疑問を感じていた私ではあるが、それでもやはり、昨日の放送は感慨深かった。
子供の頃から大金を稼いで、高校の卒業式にはファンが押し寄せて裏口から出なければならないような青春時代を送り、国民的スターなどと言われる特殊な生活を強いられて来た5人。
最後まで自身の口から解散を語らなかったのは、自分達にも何が決め手となったのかわからなくなっていたからではないだろうか。
何が嫌なのか、どこを直して欲しいのか、ではない。
理由などもはや関係なく、とりあえず一緒にいたくない。
これはまさに熟年離婚と同じ構図である。
熟年離婚には更年期障害も大きく関わってるらしく、とにかくもう嫌だと言う妻(この場合嫌になるのはたいてい妻の方)には一旦別居することを勧めていると医者が言っているのをテレビで見た。
すると別居の間に更年期障害が治り、また夫婦同居に戻れるらしい。
そう考えると、SMAPの解散にも一筋の光が見える。
復活はきっとある。

昨日のスマスマのラスト、歌い終わって深々と頭を下げたままの5人のステージに幕が降りてくる演出はとても良かった。
その後に幕の内側で中居くんが泣いていた場面が良かったと皆言ってるようだが、そこを見せずに幕が降りきった所でスパッと終わったほうが良かったのにな、と私は思う。
引き際とは本当に難しい。
国民的スターと世界的アスリート。
SMAPにも真央ちゃんにも、凡人には計り知れない思いがあるのだろう。
自身でそれを決める事を世間が許さない、上り詰めた人達の引き際は、尚更難しい。



引け!
俺の前に出るな!



本日3回目!

やっとこさ、無事年末ジャンボ宝くじを手にして帰宅致しました。
今回の宝くじは、3種類あり、10億、1億、1千万となっている。
私の狙いはもちろん10億である。
1千万なんて、は?って感じだ。
ただひたすら、10億を狙う。
しかし。
先述の窓口へ割り振る係のおじさんが、「皆さん!1億のバラ、1億のバラがオススメです!」と連呼する。
「10億欲しいですか?1億でいいでしょう?1億あれば充分でしょう?当たりの確率を考えれば狙うのは1億です!」
そうか。
幸薄き欲深き民達は考える。
そう言われればそうだな。
10億なんてどうやって使うよ?
1億あればローンを返しても有り余る。
そして窓口にたどり着いた時、ついつい「1億のバラで」と言ってしまう。
売り場の横に「神社でお祓い済み金運スタンプ」なるスタンプ台が置かれている。
宝くじを購入した人々はすべからくこの台にて宝くじの袋に金運スタンプを押して帰る。
なんだかなぁと思いつつ、私も押す。
そのスタンプのインクがまたうっすい!
幸も薄けりゃ金運スタンプも薄い。
なんだかなぁ。
久しぶりに開けたコメント欄には何時間たっても1つもコメントがない。
なんだかなぁ。
2016年、思い起こせばイマイチだったなぁ。
来年、何か良い事が待っているのだろうか?

おしまい。



バカだね。。


てな訳で、コメント欄閉じます。笑


実況中継 2

売り場が見えて来た。
窓口は3つ。
窓口到着まで、まだ1時間ぐらいかかりそうだが、どの窓口へ行くのか。
運命の分かれ道である。
窓口への振り分けは係のおじさんがやっている。
私の前の2人はおじさんの言うことを聞かず「右がいい」と頑なに右の窓口に並んだ。
私はおじさんの言う通り、左の窓口だ。
それでいい。
幸薄い人々よ。
私は本当のことを言うと、あなた達より頭一つ抜き出ているのだ。
なぜなら…



ジャーン!

金のエンゼルであるぞ!
頭が高い!

運が向いてるでしょ、
当たるでしょ?
当たるよね??

本日怒涛の連続投稿です。
応援メッセージお待ちしてます!



FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム