金環日食

世紀の天体ショーだか何だか知らないが、決死の覚悟で太陽光パネルを設置した我が家にとって、日食は最も忌むべき現象である。
いかん、いかんよ、諸君。
関西ではこの夏15%もの節電が要請されるのだよ。
それに伴い昼間の電気代を値上げする動きまであるのだよ。
貴重な太陽光が月に隠れる一大事を、なぜにそんなに喜ぶのだ?
浮かれてる場合ではない。

その日、うちの夫婦は申し合わせたかのように、東の空なぞ見向きもせず、
無言のまま太陽光利用状況モニターに釘付けである。
空がだんだん暗くなり、発電表示がどんどん小さくなる。
ついには発電が売電を下回るオレンジのランプが灯り(我が家ではこれをオレンジディズと呼んでいる)敗北感をまとったまま出勤の時間を迎えた夫の背中がとても悲しい。

次の金環日食は300年後だそうな。
良かった良かった。
うちの太陽光ローンが終わるまでは頑張れ太陽!
月に負けるな!




余談ですが、動物はこう言った自然現象に反応して、いつもと違う行動をとったりするらしい。
うちの世界一可愛くて賢い猫の反応は…?




は?
特に興味ないです。
スポンサーサイト

超大作・節電物語  今日は長いでぇ~

3.11以降、節電に異を唱える者はおそらくいない。
夏に引き続きこの冬も電力会社から節電の要請が出た事に、心中穏やかではないとしても、殆どの心ある日本人はそれなりに工夫して自分なりの節電に勤しむだろう。

これは他の誰よりも節電に目覚めた、いや、生活の全てを節電に捧ぐと言ってもいい、そんな「節電夫婦」のおかしくも涙ぐましい物語りである。

我が家に太陽光パネルが設置されたのは先月の事である。
この際、設置までのプロセスは省こう。
何だかんだで設置されたのだ。
お金もないのに…

うちの屋根は幸か不幸か切妻式で、太陽光パネルがシンメトリーにズラリと並ぶ。
だからと言って必ずしもズラリと並べる必要はないのだが、元々隙間家具やタコ足配線が大好きな理系脳の夫は、隅々までズラリと美しく並べる事にこだわった。
お金もないのに…

貧乏人というものは、小銭には敏感だが、大金になると途端にワケがわからなくなるフシがある。
私達夫婦も日々の生活は慎ましく、ケチケチ過ごしているのに、月々ン万円儲かりまっせに目が眩み、そのためのン百万円の投資がさほど惜しくなくなってしまう。
そんなワケで我が家に太陽光パネルがやってきた。
とにもかくにもやってきたのだ。
お金もないのに…

太陽光パネルには管理モニターがもれなくついてきて、そこに常に、その日の発電量、電力使用量、そして何より大事な売電量が表示される。
そうなるともう、このモニターから目が離せない。
お天気の良い日は朝から鼻歌混じりにモニターの前に立つ。
発電量が使用量を上回り、従って売電量がぐんぐん伸びていく。
自然と笑みがこぼれ、何だかとてもいい人になれそうな気がする。
だがしかし、空がどんより曇っている日には心まで暗くなり、雨でも降ろうものならもう、リビングに緊迫した空気が流れ始める。
そんな日はモニターの発電量はみるみる減り、やがて売電量表示が買電量へと変わる。
こうなると気分はもうカイジだ。
人を蹴落としてでもこの勝負に勝たなくては!ざわ、ざわ…
眉間にシワを寄せ、険しい顔で家中くまなくチェックする。
どこかムダな電気が点いているに違いない。
あっちもこっちもコンセントを抜きまくる。
もうこうなったら冷蔵庫のコンセントを抜くしかないと決意したその時、またサーっと日が差してくる。
みるみる発電表示が大きくなり、愛しの売電量が再び表れ、私は途端に陽気なスパニッシュと化し、踊りだす。

このモニターは、発電量に応じて、画面に小鳥などの動物が現れる憎い作りになっている。
小鳥の次にはウサギ、最後にバンビがやって来る。
ところがこれ、たいして発電してなくても結構簡単に現れる。
まるで私の心を見透かしたかのように、「ハイハイ、今日も鹿さん来ましたよ、これで安心ですねー」みたいな安易な登場がどうも胡散臭い。
「オバハンまたずっと見とるし、早いとこ鹿スタンバイさせといて」みたいな事をモニターの向こうでちっさいおっさんが操作している気がする。
そんな誤魔化しはいらないのよ!
そんな事ならいっそ、発電の見込めない日には朝から氷山に佇む皇帝ペンギンを表示してくれる方がいい。
あ、今日はペンギンだ…って朝からわかってれば、一日をモニター前で潰す愚を犯さなくて済む。

とにかく、こんな調子で一日の殆どをモニターの前で一喜一憂しながら過ごしている。
とてもしんどい。


このとこる、夫婦の会話も発電オンリーである。
「お早う」は「今日は発電日和りだね」になり、「ただいま」は「今日の総発電量は?」になり、「これいくら?」は「売電量換算したら何kw?」になった。

これから向かう日照不足の冬に備え、
家で電力を使うくらいならと、毎日友人を誘ってランチに繰り出し散財するのも節電のため。
朝から掃除機も洗濯機も使わず、電気もテレビも全て消して、暖房もせず、お布団を出して横になり、即座にやって来るライアンと2人でヌクヌクとまどろむ。
それもこれも全ては節電のため、日本のため。

まだ始まったばかりの我が家の節電。
誰かお日様の光を集めて全部うちの屋根に持って来られるデッカい虫眼鏡を発明してくれませんかね?




あー長っ!
読んでくれた人、ありがとにゃん。

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム