スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肺年齢

なんだか喉が痛いな、と思ったその夜から、突然喘息になった。
思えば子供の頃、風邪をひくとすぐ喘息が出て、ゼーゼーヒューヒュー言いながら吸入をしに医者に通っていた記憶がある。
意外と虚弱体質だった幼少期、病院通いはいつも母がおぶって連れて行ってくれた。
その母が亡くなって早14年。
忘れた頃にまさかの喘息である。
大人になってからのそれは今まで経験した事のない苦しさで、とにかく息ができない。
夜中に息が出来なくて目が覚め、どんな姿勢をとっても息苦しい。
これはいかんと、朝を待って病院へ行った。
誰もおぶってはくれないので、1人で行く。
レントゲンに異常はなく、まぁ喘息ですねという事で、肺活量を測ることになった。
何を隠そう、この肺活量というヤツ、非常に苦手である。
年に一度の人間ドックの時も、肺活量は何度もやり直しをさせられる。
健康な時でもショボい数値を叩き出してる肺活量を今測る?
息を吸うのもままならないのに、あの「はい、吸って吸って思いっきり吸ってぇ…一気にフゥーーー」とテンション高めの看護師の指導の元、今やるんスか?
渋々トイレットペーパーの筒にしか見えない白い筒をくわえる。
案の定、「吸って吸ってー」の時点でクラクラしだす。
「一気にフゥーー」に至っては、「フ」の時点でもうゲホゲホである。
こんなに苦しいのにまたやり直しか…とガックリ肩を落とすと、なぜか装置のプリンターがカタカタと作動し始め、キレイな放物線からは程遠い、何だかくちゃくちゃと針金を丸めたような、私の肺活量のグラフが印字された。
先生がそのグラフを見ながら「うーん、やはり喘息ですねぇ」と説明を始める。
ところが、私の目は、そのくちゃくちゃのグラフの横の、ある一点に吸い寄せられ本当に息が止まりそうになる。
「肺年齢95歳」
そこには確かにそう印字されている。
まだ何やら説明を続けている先生の言葉を遮り質問する。
先生、これ何ですか?肺年齢95歳と書いてあるように見えるんですが。
あぁ、これね、うん、こんなところでしょうね。
先生はヤケに軽く受け流す。
いやいやあかんやろ。
肺年齢95はあかんやろ。
もう死にかけとるやん。
と、息苦しさに胸の痛みを上乗せした状態で病院を出る。
帰宅してから早速ヒマそうな友人にラインする。
「ちょっと聞いて!私の肺年齢、95歳やねんけど!」
すぐに来た返信には、「最悪やな。でも考えようによっては、95歳の肺を持ちながらそこそこ元気に生きてんねんからええやん」とあった。
言われてみれば確かにそうだ。
息苦しさ以外は、割とシャンとしてる。
95の肺でこんな感じなら、喘息が回復して50歳の肺に戻ったら、めちゃめちゃ元気になるのではないか?
ラインがまたポロンと鳴る。
「あんた100まで生きるで!」
私もそんな気がしてきた。
そうなると人生まだ折り返し点を過ぎたばかり。
とりあえず早く喘息を治して、100歳目指して頑張りますか!




今や1番小さくなってしまったライアン先輩。
共に100まで生きようね!
スポンサーサイト

アンチエイジング

息子の大学の教授がアンチエイジングの講演をすると言うので聞きに行った。
会場は中年女性で満員、普段学生相手に講義するより何倍も熱心に聞いてくれる姿勢が嬉しいと先生も仰っていたが、なるほど確かに、皆ペンを片手に一言も聞き漏らすまいと言う意気込みである。
お話の中で私が最も興味を持ったのが「若返りホルモン」
このホルモンは1日15分の運動をするだけで出てくるのだそうだ。
ところが実際に先生が、中年男性の群と中年女性の群に分けて実験したところ、男性群は見事に15分間でゼロから予想通り上がっていったのだが、女性群は運動開始する前から高い数値が出ていたそうだ。
これは科学的にはおかしな話で、先生は何度も実験を試みたが、何度やっても同じで、悩んだ先生がふと実験場所として使っていたフィットネスジムを見回すと、そこのスタッフは皆若いイケメンだったそうな。
つまり、女性群はジムに一歩足を踏み入れてイケメンを目にした途端、運動せずして若返りホルモンを出しまくったというワケである。
先生曰く、「いつまでも若くいる1番良い方法はアイドルの追っかけです」
私、間違ってなかったんだ…
これからも大手を振ってアイドル追っかけようと誓いを新たに、今月末、嵐のライブ行ってきます!




あらし~あらし~フォードリーム!


只今メンバー募集中

子宮筋腫の定期健診で産婦人科を訪れた。
当然ながら産婦人科に来る患者は圧倒的に妊婦が多い。
その中で私はちょっと浮いている。
いや、かなり浮いている。
思い過ごしかも知れないが、向こうの若い妊婦など、あからさまにこちらを見て眉をひそめている気がする。
あぁ、私は自分がメンタリストでなくて良かったと心から思う。
人の心がわかるメンタリストだったなら、「あのおばさん、産婦人科に何の用?」って悪意があっちからもこっちからも聞こえてきて、立ち上がれなくなっただろう。
そもそもこの産婦人科の医者、私の筋腫を発見した時に「子宮取っちゃう?卵巣も一緒に取っちゃう?」といかにも楽しげに言ったのだ。
その上更に、「筋腫は閉経したらちっちゃくなるから、閉経を待つ?そろそろでしょ?」とぬかしやがった。
怒りを抑え、あらゆる悪態を飲み込んで、とりあえず一旦持ち帰り、早速リサーチ開始である。
すると意外と筋腫持ちの人が多くて驚いた。
大抵の人が「そのままにしてる」すなわち「閉経待ち」である。
中には即子宮を取っちゃった人もいて、その人は子宮を取ったその日から生まれ変わったようにスッキリして快適な毎日を送っていると言う。
またある人は、私よりうんと若いのにとっくに閉経済みで、これまた毎日快活に過ごしていると言う。

あの日屈辱感と共に「閉経待ち」とカルテに書き込まれ、背中を丸めて家路に着いた私はもういない。
閉経待ち、上等じゃないか。
「ヘーケービー48」結成してやろうじゃないか。
集まれ!同志よ!

私は今、閉経の向こうに輝く未来を見据えながら更年期ライフを元気に楽しんでいる。







俺はササミ待ち…
いつまでも待つ…キリッ!

「ムダな抵抗はやめろ!」

数多のダイエットを一応は試したいタイプである。
ただし、一切続かない。
購入したダイエット器具はオブジェと化し、埃を被ったままだし、ウォーキングは春秋限定でしかできないし(夏は暑いし冬は寒いから)、リーボックのイージートーンももっぱら近所の買い物時に履くだけ、という日々。
しかし!
驚異の49歳、樫木裕美先生のカーヴィダンスのDVDを買ってからはそんな怠惰な日々に別れを告げ、すっかりハマっている。
動きの一つ一つは比較的簡単だが、真面目にやると結構汗をかき、ちょっと頑張った感を味わえる。
まだ始めて二週間目ぐらいなのだが、心なしか腰回りがすっきりした気もする。
ただこれ、一つだけ問題がある。
私がカーヴィダンスを始めると、必ずライアンがやってきて、足に噛みつき出すのだ。
かなりの本気噛みで、何度もダンスを中断せざるを得ないし、ダンス終了後には膝下が傷だらけである。
私には「お母ちゃん、そんな事してないで、僕と遊んで~」と言ってるように見えるのだが、果たして…








ガルルー
オレが言いたい事はタイトルに書いておいた!

病は気から

歳をとって随分トイレが近くなった。
昔は買い物に出掛けても帰宅するまでトイレになぞ行かなかったのに、今は目的地に着いたらまずトイレ、買い物の途中でまたトイレ、帰りの電車に乗る前に、も一度トイレ…
この症状は一般的なものらしいので、特に気にはしていないが、やはり心のどこかでは、あー私もお年寄りへの階段を着実に上がってるよな…と暗くなり、密かに大好きなコーヒーを控えてみたりする。
しかし。
この症状の名を知って、暗い気持ちは一気に晴れた。
その名は「過活動膀胱」
「過活動」ですよ。
どこもかしこも退化する一方の我が身なのに、膀胱だけは活発に活動してるわけですよ。
これが「弛緩性膀胱」だとか、「尿漏れ待ち膀胱」だとか、そんなネーミングだったなら、病人は益々落ち込み、治るものも治りはしない。
素晴らしいじゃないか。
「過活動膀胱」!
とかく活動的な事全般が苦手な私の膀胱がまさかの体育系だったわけである。
いっそもう一歩踏み込んで、「モァ アクティブ ザ BO☆KO」にしたらどうだろう?
「ちょっとトイレ行って来るわ」「お、トメさん今日五回目だね。アクティブだね~」
「おや、私なんて夜中に三回だよ。」
「ヨネさんはBO☆KOクィーンだね」
なんてあちこちで、膀胱自慢に花が咲くと何だか楽しい。




およそアクティブとは無縁の猫

トイレは一日二回にゃん…

ウォーキングのススメ

うちの近所には、実はこんなに素晴らしい公園がある。






moblog_5aedfcff.jpg






公園の中には池があり、その周りをたくさんの人が走ったり歩いたりしている。
うちの近辺の小・中・高校はどこも大概ここでマラソン大会を開催するし、犬の散歩もここが定番である。









moblog_84c4d38c.jpg








池の周囲には






moblog_c40ddf95.jpg



このように何メートル地点かが書かれており、それを目安に人々は走る。









最近足腰の弱りが顕著で、ちょっと買い物に出ても疲れてしまう。
こんなに素晴らしい場所が近くにあるんだから、ここは思い切ってウォーキングに励むことにした。
ま、私は根っからの怠け体質なので、「夏は暑いし、冬は寒いし…」てなわけで、秋と春しか歩けない。
そして今まさに、季節は秋に突入。
先日から夕方1時間ほど歩いております。
音楽に合わせて、池のカモやアヒル、散歩中の犬達を見ながら歩けば、あっという間に時間が過ぎ、流れる汗が心地よい。
寒くなるまであと何日続くか?
raipiの挑戦は続くのであった。








moblog_cadc14ef.jpg
よーし、頑張れ!
オレはこれで足腰強化だ!

ついに!!

近い内に来るぞとは思ってましたが…
ついに京都にも新型インフルエンザ患者が出ました。
で、恐れていた「休校」が、本日より1週間!
娘はともかく、息子は物心ついた頃から休みなんて殆んどなかったので、私の方が戸惑ってます。
ホントに1週間も朝から晩まで家にいるなんて、小学校2年以来です…
3年からはずっと野球やってましたからね~
小学生でも休みなんてなかったですから。
高校に入ってからは半日の休みさえも無かったですからね~。
練習試合もことごとく中止になりましたし、この時期に自宅待機は痛いですね…
近畿大会は今のところ延期、もしかしたら中止かも知れないらしく、このままだと夏の大会もずれ込むのか??
ちょっと衝撃の1週間になりそうです。
朝早くのお弁当作りがないのは助かりますが、毎日子供達が家にいるのはちょっとなぁ~
外を出歩くわけにもいかないしね。
子供達が家にいると困るお方がもう一人…




20090511141151.jpg
あ~オレの平和な日々よ…
遠くへ行きたい…

拝啓 親指様

初めてお手紙差し上げます。
あなたとはとても長いお付き合いなのに、今まで一度もきちんとご挨拶もせず、申し訳なく思っております。
正直に言うと、挨拶どころか、本当はあなたの存在さえ、日々意識することなく今日まで過ごして参りました。
あなたが私の生活にどれほど貢献してくれていたか、あなたにどれほどお世話になっていたか、私はこのGW初日にあなたを車のドアに挟むまで、露ほども気付いてはいなかったのです。
紫色に腫れ上がって固定されたあなた。
下向きにすると痛みが増すので、常にあなたを上に向けて、「イェ~イ」のポーズで居なければならず、しばらくあなたにお会いする事はできません。
あなたが使えないと、どんなに困るか…。
歯を磨く時、ドライヤーを使う時、ボタンをはめる時、洗濯物を洗濯ばさみではさむ時…数え上げればキリがありませんが、私は今まで、あなたがこんなに役に立っていたとは、思ってもいませんでした。
主婦と言う立場上、痛くてもゆっくりもしていられず、何やかやしている内に、他の指を駆使し、ほぼ何でもできるようにはなりました。
今では人差し指と中指でハサミさえ操れます。
でも、だからと言って、あなたがいなくていいわけではありません。
五本の指の中でも、昔から比較的ないがしろにされてきたあなた。
ビジュアル的にもイマイチだし、思えば指輪だって、親指にする人はあまりいないでしょう。
しかし今、私だけはあなたの存在価値を知っています。
私の大事な大事な親指様。
どうか一日も早く良くなって、私の生活に戻って来て下さい。
この雨が上がれば、季節は初夏に向います。
明るい日差しの中で、包帯を取ったあなたと一緒に本当の「イェ~イ」ができるよう、切に願って、ペンを置きます。




20090424091944.jpg
オメーの指が痛かろうがオレには関係ねぇんだよ!
誰か遊んでくれぇ~
暇だよぉ~

病院百景

整骨院に通っていると、実にたくさんのお年寄りに出会う。
私などそこでは若輩者に過ぎず、待合室に座っていると、3人に1人は声を掛けてくれる。
「あんた、お若いのにどうしたんや?」
「はぁ、ちょっと腰を…」
「あ~腰かいな。あれは痛いわ。えらいこっちゃな。運動不足やで。そりゃしゃーないわ。」と、
にべもなく切り捨てた後、大概ご自分の病状自慢が始まる。
昨日会ったおばあちゃんは、足がずっとだるいんだそうだ。
「そういう症状なら、ここでする電気治療が良く効きますか?」と尋ねると、「いいや、そんなモン全然効かへんわ。あれは気ィの問題や。ワッハッハ~」と、バッサリ切り捨て、話は病状からどんどん逸れていき、ものの3分ほどの間に、私はそのおばあちゃんの家族構成から孫がいつ生まれたか、果ては娘さんの仕事内容まで知る事になる。




診察のベッドに横たわっている時も、カーテン越しに隣のベッドのお年寄りの声が聞こえる。
「センセ、大会までには治しておくれやす。わて、今まで練習休んだ事あらへんねさかい。」
「練習の時、ちゃんと途中休憩なさってますか?」(先生)
「は?そんなモン、しますかいな!ちょっと前までは朝から夕方までぶっ通しでやってましたで。まぁあの頃はまだ60代やったからなぁ。今はさすがに3時間しか練習してへんけど、3時間ぐらいで疲れまへんやん。」
どうやらおばあちゃんは卓球の選手らしく、その後もシングルとダブルの攻撃の仕方の違いについて延々と語っていた。




また、受付に新たにおばあちゃんがやって来る。
「あら~○○さん、元気か?ちょっとも顔みーひんさかい病気かと思ってたわ。」
「元気元気!あんたも元気そうやな~」
「△△さんの婆さん死んだん知ってるか?」
「知ってる知ってる。□□の爺さんも死んだで!」
「もう生きてんのうちらだけや~。ワッハッハ~」
「ほんまや!ワッハッハー」



お年寄りの話は実に深い。
明るく病院通いができる幸せを、私はいつもお年寄りから学んでいる。




20081125103250.jpg
オレは嫌だから!病院は行かないから!キッパリ。

不思議体験

そいつは音もなく、私の背後に迫っていた。
そういえば、最近私の友人が何人か、ヤツの犠牲になっている。
ある者は、確かにコーヒーを入れにキッチンへ立ったはずなのに、なぜか体が椅子に残ったままだったと言い、またある者は、一日中床を這いずって移動せざるを得なかったと言う。
そう、ヤツの名は、“ぎっくり腰”…
それは“老眼”と共に、誰もが抗うとこのできない、老化への登竜門。
ヤツは本当に突然やって来た。
私の場合、トイレで座ってて、立った瞬間に来た。
何にもしちゃいない。
座って立っただけである。
情けないやら、悲しいやらで泣く泣く近所に最近出来た、整骨院の門を叩く。
病院内は予想通り、お年寄りでいっぱいだった。
ついに私も仲間入りだ。
腰を曲げてヨタヨタ歩く姿はもう、誰が見ても立派なお年寄りだろう。
問診で、先生に「何にもしてないんですよ。座って立っただけなんです」と訴えてみたが、先生は一言、「そんなもんです」と言っただけで、「まだ若いのにねぇ」とは言ってくれなかった。
診察台に案内され、横たわるにも一苦労である。
「アイタタ…」と必死で横になると、お決まりの「まずは電気を当てましょう」ときた。
この「電気を当てる」と言うのは、私の中では何かライト的な物を照射するイメージだったのだが、違うんですね。
パットみたいなのを何箇所かに当てて、スイッチオンで、ビクンビクンとまさに電流が患部を駆け巡り
、「あ、これお腹に当てたら絶対痩せる」って感じ。
結構ビリビリくるのだが、刺激が強いほどお得な気がして、「痛かったら言ってください」と言われても、「大丈夫です」の一点張りで耐えてみた。
「ではもっと電流上げていきます」
ウィーン、ビクンビクン!痛って~!
電気が終わると、先生がマッサージをしてくれるのだが、これがまた痛い。
患部周りは適度に気持ちいいのに、なぜかお尻の辺りをグイグイと親の敵のように押され、痛いのなんのって…
そして実はここからが、表題の「不思議体験」なのだが、そこの病院では治療の最後にウォーターベッドに乗るのである。
これが何とも言えない、ただ寝転んだだけでもプニュプニュと小舟気分で一体何なんだ?と訝しく思ってると「では、始めます。」と先生がスイッチを入れる。
するとウォーターベッドのウォーターが足元からウニウニとうごめき出し、水のマッサージが始まったではないか。
体はユラユラと揺られ、水は足から肩まで全身を揉み解しながらざわめき、だんだんちょっとした嵐の中の小舟状態になってきて、もう気持ち良いんだか悪いんだかもわからなくなって、なすがままの私。
怒涛の何分間かが過ぎ、嵐が去った後、私は口をあんぐり開けたまま、軽い船酔い状態で帰路についた。
本当に今までの人生で全く体験した事のない感覚だった。
だが、家に帰り暫くして、私は気付くのだ。
腰が随分楽になっている!
そしてまたすぐにでもあのウォーターベッドに乗りたい自分がいる。
恐るべし、ウォーターベッド療法!
通い始めて5日目なのだが、もうかなり良くなってるにも関わらず、今日も今から病院へ行く予定である。
ちなみに治療費は1回500円。
ウォーターベッドに乗っても乗らなくても値段は同じである。
実は通い始めの2日間はあまりに腰が痛かったので、ウォーターベッドに乗せてもらえなかった。
3日目にこの「不思議体験」を初めてして、若かったら絶対知りえない貴重な体験だと、「年をとるのも悪くない」と言う、プラス思考が芽生えてきた。
決して値段が同じと知り、2日分の損を取り戻そうとして、通ってるわけじゃありませんからね。
じゃ、今日も元気に、行ってきます!




20090324112442.jpg
こうやって伸びて曲がって寝ると、腰を痛めにゃいです。
ムニャムニャ…





今日はもう1つ、話題が!
先日uraraさんから、ステキなプレゼントが届きました~
抽選にもれたのに、残念賞を送ってくださったのです。



20090410091318.jpg

可愛いでしょう~?
これ最初箸置きだと思ってました~
こうやってお座りして飾れるんですね~
でもこの後、チェックマン登場で下に落とされる危険がでてきたので、一旦しまいました。
どこに飾れば安全か??


そしてそして、このうららちゃんのポストカード!
超ラブリーでしょ?
今までブロ友さんから頂いた愛猫カードは大事に保管し、私の自慢のコレクションとさせて頂いております~
uraraさん、本当にどうも有難うございました。



FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。