中古住宅には中古住宅の良さがある

実は自宅以外にもう一件、家を所有している。
厳密に言うと所有してるのは土地で、そこに建てた家は他人に貸しているのだ。
最初の借主には条件無しで、自由に建ててもらった。
そのせいか、記念すべき店子第一号はとても気に入って住んでくれていた。
若いご夫婦だったが、すぐに子供さんも生まれ、お互い挨拶をし合うような、割といい関係を結んでいたと思う。
やがて、子供さんの成長と共に家も手狭になり、一家は引っ越してしまった。
かなり仲良くなっていたので、泣きの涙で別れの日を迎えたのが昨日のようだ。(注一)
次の店子はすぐ見つかった。
この夫婦はあまり愛想の良い方ではなかったので、私達家族とも距離を置いた付き合いだった。
前の持ち主が丁寧に使ってくれていたので、家は手直しをせずとも快適に暮らせた様子だったが、その夫婦もやがて子供が生まれるとすぐ引っ越していった。
挨拶もなく、いつの間にか居なくなっていたが、随分子供に手を焼いて、家庭内暴力などで悩んでいたようだった。(注二)
そのあと、なかなか次の借り手が見つからなかった。
うちの近所は田舎なので、家の敷地内にもう一件家を建て、貸している家庭が多いのだが、よそは皆、次々コンスタントに借り手が現れているようだ。
なのにうちには誰も来ない。
家と言うものは、住む人が居ないと段々と朽ちていく。
うちも例外ではなく、いくら周辺を掃除しても見た目の汚らしさは隠しようもなく、そのうち、近所の評判の荒くれ者、「KARASU」のメンバーに外壁を一部壊されてしまい、あまりにも見てくれも悪くなった事だし、このまま放って置いて、ペンキで「KARASU参上」とか書かれたりしたら取り返しがつかないし、今年こそ思い切って解体し、更地に戻そうかと夫と話していた矢先である。
とても華奢な若い女性が訪ねてきた。
彼女はうちの店子になりたいと言う。
しかも外壁の修復も自分ですると言うのだ。
「日曜大工は得意なの。それにちょっと寂れた感じが京町屋風で気に入ったわ」
彼女はそう言うと、修復工事に取り掛かった。
昨日、彼女の夫が挨拶にやってきた。
彼もまたとても若く、細面のなかなかのイケメンだ。
ちょっと松潤に似てる。
この夫婦とはうまくやっていけそうな気がする。
久々に活気づいた別棟に夫も子供たちも、そして誰よりもライアンが大喜びである。
聞けば奥さんは妊娠中らしい。
可愛い赤ちゃんの元気な声を聞けるのが今から待ち遠しい。






moblog_0fdfd529.jpg

うすうす感づいていらっしゃったと思いますが、そう、店子はツバメです!
二年間来なかったのに、今年はやってきました。
すでに修復完了です!
文中の()、注一・ニ・三はサイドバーのカテゴリー「ツバメ」を読んで頂けるとよくわかりますので、是非読んでね~





moblog_e1f4c49c.jpg
また毎朝ツバメさんに会えるにゃ。
母ちゃんは「ツバジュン」って名前つけたみたいにゃよ…バカだねー

アホ猫を見たくば…

それを見つけたのは昨日の夕方だった。
夕刊を取りに玄関を出ると、今年は主のいない我が家のツバメの巣が、一部壊れて落ちている。
「巣も3年目だし、朽ちて落ちたのかな」と思い、箒で掃き始めると、ガレージに向って点々と鳥の羽根が散乱しているのに気付いた。
不審に思いながらも掃き進んでいくと、羽根の量はどんどん増え、ついには肉片の付着した羽根までもが散らばっている。
これは…殺害現場だ。
死体無き殺害だ。
推理してみよう。
恐らく、ホシに目を着けられた害者は、執拗な魔の手から逃げる為うちのツバメの巣に逃げ込んだ。
だがそれは却ってホシの思うツボで、逃げ場を失った害者をホシは容赦なく襲った。
哀れ巣ごと落下した害者は抵抗虚しく、あっという間に喰われてしまったと言うわけだろう。
これはプロの手口だ。
ホシはカラスか?
見上げても、そこには風がそよと吹くだけで、手がかりは全くない。
しかし一体いつ?今度は犯行時間を予測してみる。
そう言えば…
昼間「ギャッ」と言うような声を聞いた気がする。
その時はライアンか?と思い見に行ったが、ライアンは玄関先で腹を出して寝ていたので、安心していた。
そうか、あの時のアレが、恐ろしい殺戮の瞬間だったのか…。
ん?
玄関ドアを隔てた向こうで、そんな恐ろしい事件が起こっていたというのに、うちの猫は腹出して寝てただと?
ないないない…
そんなはずない。
だが、どんなに思い出そうとも、ライアンがソワソワと外を気にした時間帯はなかったし、何らかの異常を感じたのはあの時だけだ。
ライアン、どうする?
猫としてどうするよ?
マジでアホなのか?
だが、もしライアンがそれに気付いたところで、小鳥を助けられたわけでもなく、ヘタするとカラスの標的はライアンに移ったかも知れず、凶暴なカラスに突かれまくるライアンを想像して思わず「ライアン!良かった無事で!」とヒシっと抱きしめた私はライアン以上にアホである。
「バカを見たくば親を見ろ」と言う諺を実感した初秋の夕暮れであった。




20090818101652.jpg
「アホ猫を見たくば飼い主を見ろにゃ」


ツバメーその後

ヒナを2羽失った、傷心の今年のツバメ物語の続き…
あれから母ツバメはいつ見ても、巣の中にいた。
もしや、もう卵はないのに、それが理解できずにいるのでは?とその姿は涙を誘った。
ところがある朝。
ふと巣を見上げた私は驚愕する。
「なんじゃ、こりゃー!」
ツバメの巣だから、かろうじてツバメだとわかったけれど、もし、違う場所で見たならば、そいつは、同じ白黒柄でも、ツバメではなく、ペンギンだった。
でかいのだ。とにかく。
正面を見据えて、クチバシをへの字に結び、巣いっぱいの横幅、頭は天井につかえている。
驚きのあまり、写真を撮るのも忘れて見つめる私の前で、その生き物はモゾモゾとお尻を突き出し、フンをした。
フンは見事に、フン受け台の外に、ボトリッと落ちた。

ツバメに詳しい近所の奥さんを呼んで、見せた所、彼女の見解はこうだ。
このツバメの親は今年3個の卵を産んだ。
その内、不幸な事に、1個しか育つ事はできなかった。
ツバメのヒナが、巣から顔を出して大きな声で鳴くのは、少しでもたくさん、餌を貰う為のアピールである。
このヒナは、兄妹で争う必要がない為、いくらでも餌を貰える。
したがって、顔を出す必要もなければ、鳴く必要もなく、本来3羽で分けるべき餌を、1羽で全て食べ、親の過保護の元、こんなに巨大になった。
以上。
なるほど、納得である。
見ていると、親ツバメが2羽、とても遠慮がちにやってきて、ヒナに話しかける。
「坊や、今日は何が食べたい?」
「肉!」即答。
今まで、巣の底で、食っちゃ寝生活だったヒナは、一旦顔を出すと、身動きが取れない様子で巣を占拠し、親ツバメはずっと電線に止まり、戸惑っている風だった。
さて、こんな巨大なヒナが果たして飛べるのかと心配していたのだが、次の日にもういなくなっていた。
近所にペンギンが歩いていたと言うウワサも聞かなかったので、恐らくツバメとして、飛び立って行ったのだろう。
飛行練習もなし、だったわけだ。

物事は何でも、一側面から見ただけではわからない。
去年のツバメ観察で、すっかりツバメ通になったつもりでいたけれど、ツバメにもそれぞれ個性があるのだ。
猫もまたしかり。
人間なら、尚更の事。
ペンギンツバメよ、来年もまた、気が向いたら戻っておいで。
君の更なる成長を、是非見せて貰いたい。

20080714104839.jpg
そんなデカイ鳥、怖いにゃ。


今年のツバメ

我が家の玄関先の、去年作られたツバメの巣に、今年も一組のツガイがやって来た。
去年のツバ子とツバクロウとは違う、別ツバメだ。
やって来たのは嬉しいのだが、私にはある決意があった。
『今年はツバメ観察はしない。なるべく知らん顔をする。』
なぜなら、去年、ヒナが一羽落ちて死んだし、先日も庭にスズメの子が落ちてきて死んでしまったし、何だか鳥運が悪い気がしたのと、感情移入をすればするほど、そう言う場面が辛くなるのがわかっていたからだ。
幸い今年のツバメは人間の出入りの度に巣から飛び出すほど、警戒心が強く、私も写真を撮る事もなく知らん顔をしていた。
ところがやはりどんなに無視していても悲劇は起こり、玄関先と言う場所柄、どうしたって目に入る。
まず先日、卵が一個落ちて割れていた。
そして昨日、孵化したばかりの2センチ足らずのヒナが、落ちて死んでいた。
親鳥は、「あれ?確か一羽生まれたはずなのに、おかしいなぁ?」と巣を覗き込んでいる。
卵も一個失っているわけだから、さすがに鳥の脳でも“少ない”と気付いたようだ。
私は“知らん顔の掟”を破り、親ツバメに、
「あんたね、警戒するのはいいけど、これはどう見ても、あんたが激しく飛び立つ時に足に引っかかって落ちたんだと思うよ。頼むから、あとの子は無事に育ててよ」
と、説教してしまった。
親ツバメは珍しく逃げもせず、ジッと巣に止まっていた。
わかってくれたか…と、私は泣く泣く小さな亡がらを庭に埋めた。
そして、翌日の今日。
朝、玄関を開けると、親ツバメが巣の中から、ピィーーと物凄い警戒音を発し、見る間に7~8羽のツバメが集まってきて、大騒ぎをし出した。
ちょっとヒッチコックばりの怖さである。
私は逃げるように家に入り、ツバメの騒ぎは収まったが、これはきっと、昨日巣を見上げてブツブツ言ってる私を、連続誘拐犯だと断定したと言う事なのだろう。
それは違う。誤解だ。逆恨みだ。
どんなに訴えてみたところで、わかっては貰えないだろう。
巣立ちの日まで、恨まれながらコソコソ出入りするしかない。
ハァー、やっぱり今年は鳥運が悪いようだ。
20080609093831.jpg
オレも今年はツバメ観察してないしぃ~
関係ないしぃ~
って、なんかアンタ、狐の襟巻きみたいだよ

ツバメ~巣立ち-2-

ヒナ達の飛行練習を見た次の日、朝から巣はカラだった。
上空にもツバメの姿はない。
一体どう言う事なのか?
昨日の時点で、まだあんなに未熟だったのに、ましてや1羽はまだ、練習さえもしていなかったのに、もう旅立って行ったのか?
私は、ライアンを抱いたまま、しばらくカラの巣を見上げていた。
ツバ子一家が、クルクルと上空を旋回し、「さよーならー、来年もまた来るからねー」的な別れを常々想像していた私としては、本当に残念だった。
しかし、現実なんて、こんなものだろう。
動物の成長は、人より早いのだから、ツバメのヒナだって、昨日飛べなくても今日はしっかり飛べたりするのだろう。
それにしても…
その日の昼過ぎ、テレビを見ながら、ライアンとゴロゴロしてると、裏庭の方が、やけに騒がしい。
ふと、窓の外を見ると、うちの裏の家の軒先に、何とツバメがズラリと並んで鳴いている。
数えてみると、11~2羽いる。
その中には勿論、ツバ子もいた。
そしてたぶん、ヒナ達も。
窓は開けずに、そっと中から見ていたら、ツバメ達は、ピーチクパーチクやかましいほど鳴いている。
「さよーならー、来年もまた来るからねー」
そう言ってるんだと決めた。
私もライアンと、「さよーならー、待ってるよー」と手を振った。
ツバメ達はフッと静かになると、いっせいに飛び立った。
想像とは違ったけれど、確かにあれは、ツバ子一家の別れの挨拶だったのだろう。
次の日から、ライアンは、ツバメ見に行こうよーと玄関に降り立つ事をしなくなった。
ライアンも私も、この春の再会を待ちわびている。
おしまい。
つばめ
ズラリと並んでご挨拶。
今年も戻って来てね~

ツバメ~巣立ち-1-

我が家の玄関先で、生まれ育ったツバメのヒナ達…
巣立ちの時の感動のシーンを想像して、日々暮らしていたある日。
買い物から戻ると、うちの上空にやけにたくさんのツバメが飛んでいる。
え?もしや?と、すぐ巣を確認すると、ヒナが1羽だけ、羽ばたきながら、大声でピーピー鳴いていて、あとの2羽はいない。
上を見ると、ツバ子とツバクロウと共に(この頃には私は、少なくともツバ子の事は見ただけで識別できるようになっていた。)明らかに、初心者風のツバメが2羽、飛んでは電線に止まり、また飛んでいる。
旅立ちの時の練習をしているのだ。
電線に止まる時も、グラグラして、気が気じゃなっかたが、長い旅の途中、休憩できなければ、命に関わってくる。
彼らはそんな練習も、ちゃんとしているのだ。
夕方になると、また、巣には3羽のヒナがいた。
こうしてこれから何日か、旅立ちの練習をするのだろう。
心で応援しながらも、近づく別れの予感に、また涙する私であった。
それにしても、その日の練習の時、ツバ子一家以外に、部外者のツバメがたくさんいたが、あれは親戚一同か?
一緒に旅する他のツバメも、ツバ子のヒナ達の巣立ちを待ってくれていると言う事か?
そう言えば、そもそもツバ子達が巣を作り始めたのは、他よりちょっと遅い時期だった。
現代っ子のツバ子は、周りの意見も聞かずに、別にいーじゃんと、子作りを怠けていたのかも知れない。
そんなツバ子を心配して、親戚一同、集まってくれたのだろう。
無事皆と一緒に旅立てる様、祈るばかりである。
つづく。
つばめ
大きくなってきました。
いよいよお別れの日が近づきます

ツバメ~ヒナ誕生

ツバメのメスは、巣作りの時すでに、妊娠しているのだろうか?
巣が完成してすぐ卵を産むのだから、おそらくそうなんだろう。
身重の体であの巣作りをするのは、さぞや大変だろう。
私はつぶさに見ていたので、オスが一羽で巣を作ったのではない事を知っている。
それは二羽の共同作業だった。
私は二羽に『ツバ子』と『ツバクロウ』と名前を付けた。
やがてツバ子は、卵を産んだらしく、巣の中にジッとしてるのを、見かけるようになった。
でも、毎日ひたすら卵を抱いているかと言うとそうでもなく、割とひんぱんに、出かけて行く。
身一つの間に少しでも遊んでおこうと言う感じか?
鳥のメスは、自分の寝食を忘れて、卵を温めるのではなかったか?
ツバ子は本当にしょっちゅう留守にしていた。
そんなある日、娘が学校から帰るなり、「お母さん!玄関で変な声がする!」と叫ぶので、行って見ると、かすかに「ピヨピヨ」と聞こえるではないか!
私は娘と、ヒナの誕生を喜び合ったが、その時も、ツバ子の姿はなかった。
それから間もなく、巣から顔じゅう口のヒナが四羽顔を出した。
ツバ子とツバクロウは、交代で餌を運んでくる。
ライアンにも、毎日見せてやった。
「ツバメ見に行こ~」と、毎朝ライアンが玄関で立ち上がって催促するようになり、それは私達の日課となった。
ある日、即席で取り付けたフン受け台に、シミがついているのを、夫が見つけた。
巣はとても高い所にあったので、夫が脚立で見てみると、案の定、一羽のヒナが、フン受け台に落ちていた。
ヒナに人間の臭いが付くと、親鳥が育てないと聞いていたので、夫は割り箸で、ヒナをつまんで巣に戻してやり、「受け台があってよかったね」「下まで落ちてたら死んでたかもね」とホッとしていた。
ところが次の日、今度は下まで落ちていたのだ。
かなり弱っていたが、死んではいなかったので、もう一度割り箸で、巣に戻した。
その時すでに、他のヒナより、かなり小さい事に気付いたが、まだ生きているヒナを、巣に戻す事しか考え付かなかった。
そしてまた次の日。
今度は、巣から離れた場所に、ヒナは落ちて死んでいた。
明らかに、他より弱い命を、これから生きていく命の為に、親鳥が淘汰したのだと思われた。
多分最初から、見限られていたのだろう。
私達は余計な事をしていたのだ。
自然界の厳しさを感じながら、私はそのヒナを、巣から見える場所に埋葬した。
残った三羽は、スクスクと育ち、もう巣立ちを待つばかりとなった。
私は毎日見守っていたので、巣立ちの日を思うと、胸がキュッとなった。
ツバ子とツバクロウにはさまれて、三羽のヒナ達が、頭上をクルクル旋回して、それから大空へ飛び立っていく…と言うイメージを、勝手に膨らませていた。
つづく。
つばめ
ツバ子がヒナに餌を!ヒナ見えます?

ツバメ~巣作り

「お母さん、ツバ子が戻って来たよ!」
娘に言われて、ああ、もうそんな季節か…と、一年前の我が家のツバメ騒動を思い出した…
あれは去年の春の事だった。
出勤しようと家を出た夫からメールが入り、“家の周りをツバメが飛び交ってる。巣をつくるつもり??”とある。
外に出てみると、なるほど、二羽のツバメがうちの周辺を物色している。
娘の話によると、ツバメは自分達にとって、安全な場所を探して、巣を作るらしい。
民家の軒先などは、ツバメにとっては安全な場所なのだ。
当時引っ越してきて間もない我が家の、どこがツバメのおメガネにかなったのか、とにかくうちは、安心安全と見なされたわけだ。
だが待てよ。
うちには猫がいるではないか。
鳥にとって、猫は天敵ではないのか?
安心安全と思って建てた家に、恐ろしい外敵が住み着いていた…となっては、ツバメにとって、欠陥住宅と言う事になりはしないか?
そこで私は、ライアンを抱いて外に出て、うちには猫がいる事をアピールした。
さしずめ、事前に包み隠さず内情を話す良い大家といったところだ。
ツバメ夫婦は、少し離れた電線に止まって、こちらを見ている。
ライアンもツバメに気付き、「カカカカ…」と小刻みに鳴いて威嚇する。(もちろん、抱っこされたままだが)
ツバメ夫婦はジッとこちらを見つめ、何やら相談を始めた。
「あなた、この家猫がいるわよ」
「そうだね、やばいね」
「あら、でもアホっぽいわよ」
「そうだね、アホっぽいね」
と、言っていたか否かは知らぬが、とにかく、ツバメ夫婦は、ライアンの存在を確認した上で、本格的に巣作りに取り掛かった。
それも玄関先の、まさに我が家の顔の部分にだ。
それから毎日、私は巣作りを見学した。
実に器用に、あっという間に、新築の巣は出来上がった。
玄関先のツバメの巣と言うのは、見た目あんまり綺麗な物ではなかったが、私は何だか嬉しかった。
ツバメを怖がらせないように、ツバメの留守をねらって、フンを受ける台を夫が取り付けてくれた。
準備万端、あとはヒナの誕生をまつばかりとなった。
つづく…
つばめ建築中
つばめ完成!

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム