何なんだよ!

20080728105614
きゃ~!ライアン王子~
はいはい…
スポンサーサイト

言いたかった言葉

その日、彼はたまたま部活の朝練に出た。
彼の所属するクラブは、“気軽で楽しく”をモットーとし、朝練も自由参加で、彼は3年になるまで、滅多に参加した事はなかった。
その日は、ほんの気紛れで、いつもより2時間も早く家を出た。
早朝とは言え、7月の太陽はジリジリとアスファルトを焼き、自転車を漕ぎながら、彼は早くも自分の気紛れを後悔し始めていた。
途中、ふと見ると、同じ高校の、やはり朝練に向かうのであろう少年が、信号待ちをしていた。
大きなカバンを自転車カゴからはみ出させ、丸坊主のその少年は、明らかに野球部員に違いなかったが、見知った顔ではなく、少年は彼の方を見る事もなく、青信号で先に走り去った。
久しぶりの朝練は、ダラダラと喋っている方が長く、彼は他の仲間と共に、早々に練習を切り上げた。
校舎に向かう途中のグランドに、野球部がいた。
「あいつら毎日朝練してんの?」
彼は友人に聞いてみた。
「お前知らないの?もうすぐ夏大会の予選じゃん。野球部、1回戦で去年の準優勝校と当たるらしいぜ。あんなに練習してるけどさ、可哀想に、終わりだな。」
友人はそう言った。
彼は放課後、もう一度グランドに寄ってみた。
野球部は炎天下、必死に練習していた。
今朝会ったあの少年がいた。
ユニフォームをドロドロにして、大きな声で何かを叫びながら、少年はただひたすら、ボールを追っていた。
彼はそれから毎日、朝練に行くようになった。
野球部のあの少年とは、毎日同じ信号で出会う。
だが2人は、一度も口を利く事はなく、野球部は地区予選大会第1戦の日を迎えた。
翌日の新聞を開いて、彼は驚いた。
野球部は、去年準優勝の強豪校を破っていた。
1対1の延長10回、満塁1死後、サヨナラ打を放ったのは、あの少年だった。
彼は初めて、少年の名が、Wだと知る。
同じ高校の同級生の活躍に、彼は興奮した。
その日も彼は、朝早く家を出た。
朝練の為ではなく、Wに会う為だった。
Wに会って、言いたい言葉があった。
野球部は2回戦、3回戦とトントン拍子に勝ち進み、4回戦ではシード校相手に、コールド勝ちをおさめた。
Wは毎試合ヒットを打ち、勝ちに貢献していた。
毎朝彼は、今日こそ言おう、今日こそ言おう、とWを待った。
Wは普段と変わらぬ様子で、毎日朝練に向かう。
真っ黒に焼けた、眠たそうなその顔を見ると、彼は、気恥ずかしさも手伝って、声を掛ける事ができなかった。
いよいよ、野球部は準々決勝の日を迎えた。
彼はその日初めて、試合会場へ足を運んだ。
総勢200人以上の、生徒や卒業生がスタンドを埋め尽くしていた。
野球部の快進撃は、学校を1つにしていた。
その日の対戦相手は、優勝候補の高校だ。
試合は序盤に点を取られ、後半追い上げるも、残念ながら敗退した。
彼は泣いた。
感動して泣くのは、生まれて初めてだった。
回りの生徒達も皆、泣いていた。
その誰もが、誇らしげな顔をしているように、彼には思えた。
バスに乗り込む選手達を、大勢の生徒達が待っていた。
大拍手と、ねぎらいの声援の中、選手達が現れた。
彼は、迷うことなく、初めてWに声を掛けた。
驚いたように振り向くWに、彼は、ずっと言いたくて言えなかった言葉を、やっと言った。
「ナイスバッティング」
Wは照れたように笑って、「有難う」と帽子をとった。
たくさんの、見知らぬ人達の心に感動を残し、野球部3年生の夏が終わった。



これは息子達の地区予選、準々決勝敗退の後、実際に小耳にはさんだ実話に基づき、想像を膨らませて書いたお話です。
無名の公立校がベスト8に残った事は、みんなの士気を高め、翌日から、休む事無く、新チームで練習を開始した息子達の大きな励みとなってるようです。
今度こそグランドに立ちたいと、息子だけでなく、部員全員が思っているでしょう。
ちょっとだけ、甲子園が見えた今年の夏。
猛烈に暑かったけど、私にとっても楽しい思い出になりました。
手前味噌な長~い文章を読んで下さった方に感謝します。


20080714105020.jpg
お母ちゃんが長い文章書いてる間にイタズライタズラ
この後クーラーのリモコンが落とされました(T_T)

猫のたまご?!

20080714104837.jpg
こんなの見つけました
商品名「猫のたまご」です
はっきり言って、商品名だけに釣られて買いました
北海道のお菓子みたいですが、知ってました
中は…

20080714104835.jpg
こんな感じ
雪見大福の生クリーム版みたいな感じかな?
冷凍で売ってて、半解凍で食べます
これがおいし~の!
でも…

20080711092421.jpg
猫は卵産まないにゃよ~
生クリーム舐めさせて欲しかったにゃ~
と、文句を言ってるお方が1匹…
UFOキャッチャーのクレーンみたいな格好で言われてもね~

悪い?

20080716093608
ええ、ええ。テーブルの上で、しかも新聞の上ですよ。文句ある?

ツバメーその後

ヒナを2羽失った、傷心の今年のツバメ物語の続き…
あれから母ツバメはいつ見ても、巣の中にいた。
もしや、もう卵はないのに、それが理解できずにいるのでは?とその姿は涙を誘った。
ところがある朝。
ふと巣を見上げた私は驚愕する。
「なんじゃ、こりゃー!」
ツバメの巣だから、かろうじてツバメだとわかったけれど、もし、違う場所で見たならば、そいつは、同じ白黒柄でも、ツバメではなく、ペンギンだった。
でかいのだ。とにかく。
正面を見据えて、クチバシをへの字に結び、巣いっぱいの横幅、頭は天井につかえている。
驚きのあまり、写真を撮るのも忘れて見つめる私の前で、その生き物はモゾモゾとお尻を突き出し、フンをした。
フンは見事に、フン受け台の外に、ボトリッと落ちた。

ツバメに詳しい近所の奥さんを呼んで、見せた所、彼女の見解はこうだ。
このツバメの親は今年3個の卵を産んだ。
その内、不幸な事に、1個しか育つ事はできなかった。
ツバメのヒナが、巣から顔を出して大きな声で鳴くのは、少しでもたくさん、餌を貰う為のアピールである。
このヒナは、兄妹で争う必要がない為、いくらでも餌を貰える。
したがって、顔を出す必要もなければ、鳴く必要もなく、本来3羽で分けるべき餌を、1羽で全て食べ、親の過保護の元、こんなに巨大になった。
以上。
なるほど、納得である。
見ていると、親ツバメが2羽、とても遠慮がちにやってきて、ヒナに話しかける。
「坊や、今日は何が食べたい?」
「肉!」即答。
今まで、巣の底で、食っちゃ寝生活だったヒナは、一旦顔を出すと、身動きが取れない様子で巣を占拠し、親ツバメはずっと電線に止まり、戸惑っている風だった。
さて、こんな巨大なヒナが果たして飛べるのかと心配していたのだが、次の日にもういなくなっていた。
近所にペンギンが歩いていたと言うウワサも聞かなかったので、恐らくツバメとして、飛び立って行ったのだろう。
飛行練習もなし、だったわけだ。

物事は何でも、一側面から見ただけではわからない。
去年のツバメ観察で、すっかりツバメ通になったつもりでいたけれど、ツバメにもそれぞれ個性があるのだ。
猫もまたしかり。
人間なら、尚更の事。
ペンギンツバメよ、来年もまた、気が向いたら戻っておいで。
君の更なる成長を、是非見せて貰いたい。

20080714104839.jpg
そんなデカイ鳥、怖いにゃ。


HAPPY BIRTHDAY♪

娘の学校へ行くには、途中、大きな橋を渡る。
ある日の通学時、その橋の真ん中辺りに、小さなダンボール箱が置いてあった。
娘は、数十メートル手前から、それに気付き、ドキドキする。
“捨て猫が入ってるに違いない”

どうする?
そのまま放って置く事は絶対にできない。
学校まで連れて行くか?
否、それも無理だろう。
引き返すには時間がないが、ええい、この際、猫優先だ。
でも…
もしもその子が病気だったらどうしよう?
ライアンにうつったら困るし、それよりも、ライアンの性格からして、子猫を急に連れ帰ったら、ビビりまくるだろうし…
どうしよう、どうしよう…
箱との距離はどんどん縮まる。
うん、決めた。
何とかなるさ。
連れて帰ろう。
そう決意して箱を覗くと、中はカラッポ。
子猫が入ってた形跡もなく、本当にただの空き箱だったらしい。
娘、ホッとしたような、残念なような…

帰宅して、一生懸命その時の事を語る娘。
昨日、12歳の誕生日でした。
生まれてきてくれて、ありがとう。

20080714104833.jpg 20080714104830.jpg
今年のケーキ
近所に美味しいケーキ屋さんを発見
初めて注文してみましたが、おいしかったぁ~


ちなみに去年は…

誕生日
りいさんに貰った猫クッキーを使って娘自らトッピング

似合う?

20080710105420
ライアンには赤が似合うと何の根拠もなく思い込んでいたんですが初めて青の首輪を♪
どうかしら?って、いまいち写ってないですね~(>_<)

CMの話

テレビでドラマや映画を見ている時に、CMが入るのを、この上なく不愉快に感じる人は多いだろう。
だが私は、そうでもない。
CM製作には、莫大なお金がかかると聞く。
あんな短い時間にたくさんのお金をかけて作られるCMは、まさに、作り手の腕がわかると言うか、短い故に、出来不出来がはっきりして、なかなか面白い。
私が良いCMだと判断する基準は、ついつい口ずさんでしまうCM。
最近では、“おっはようサマサマ♪おってんとサマッサマ♪”と言うハウスメーカーのCMソングがやたらと耳について離れない。
自転車をこぎながら、“おっはようサマサマ♪”
きゅうりを刻みながら、“おってんとサマッサマ♪”
と何のCMかいまいちわからなくとも、ついつい口ずさみ、確実に脳に浸透していく。
これは作り手の勝利だろう。
CMソングと言えば、“と~れとれピ~チピチ”とか(これは関西限定か?)、昔の大滝詠一のサイダーシリーズとか、名曲は数知れない。
反対に嫌いなCMも勿論ある。
少し前にやってた、eo光のCM(これも関西限定かなぁ?)
女性二人(男性版もある)が喫茶店で喋ってると、途中突然、その一人が、顔も服もベリベリ破り捨てて、唐沢寿明になるのだが、なんと、それを見たもう一人が、ちっとも驚きもせず、「男前やね~」と言うのである。
で、勿論、唐沢寿明からの返しもない。
あれを見た関西人は皆、「それだけかよ!」とコケたのではないだろうか?
作り手の意図が見えず、不気味にさえ思えた。
もう1つ、タウンページのCM。
一般の方と見受けられるお宅に、突然、石原良純がやってきて、何か困ってる事はないかと聞く。
そして、困ってると知るやいなや、頼まれもしないのにタウンページで調べて業者の人を呼んでしまうのだ。
あれを見て、人は「ああ、便利だ」と思うのだろうか?
CMの最後、修理に現れた業者の方と、石原良純が張り切る横で、困惑顔の当の本人が、気の毒でならない。
うちは今、ウッドデッキに屋根を付けたいと思っている。
工賃の事など、調べている最中だ。
こんな時に石原良純がやって来て、勝手に業者を呼んで、工事を始められたらどうしよう…と、玄関のチャイムがなる度、ビクビクしてしまう。
誰にだって心の準備ってものがあるじゃないか。
石原良純さん、どうかうちには来ないでね。
ただいま
ボクも、知らない人が急に来るのはイヤにゃ
でも母ちゃんはキムタクだったら急に来て工事を始めてもいいらしいぞ
へんにゃの

大きいつづらと小さいつづら

昔話では大抵、小さいつづらを選んだ方が良しとされる。
大きい方を選ぶのは強欲。
強欲な物はバチが当たると決まっている。
しかし果たして本当にそうか?
目の前に大きい箱と小さい箱を置かれ、どっちがいい?と聞かれたら、子供だったら迷わず、大きい方を選ぶだろう。
いや待てよ、小さい方には高級時計が入ってるかも?などと思うのは、大人の感覚である。

舌きりすずめの欲張りばあさんは、とても素直な、子供のような人だった。
自分の行いを振り返って、すずめのお宿でそんなに良くして貰えるはずがないのはわかるだろうに、
目の前の大きいつづらがどうしても欲しかった。
そこにある、人の悪意が見抜けなかったのだ。
正直じいさんは、欲張りばあさんのその子供のような性格に目を付けた。
「自分は小さい方を選んだが、もう1つ、大きなつづらもあったなぁ」と欲張りばあさんに話す時点で、彼の計画はもう8割方成功していた。
もしかすると「あぁ、あの大きい方にはもっと宝が詰まってただろうに、惜しい事をした」ぐらいのハッタリはかましていたかも知れない。
今までの経緯からして、欲張りばあさんが、すずめの復讐に会う事は、火を見るより明らかだ。
こうして正直じいさんのおチュン仇討ち計画は、みごとに成功した。


とある小さな町のお祭りの日。
ビンゴ大会で、同時に2人の人が当たり、商品を譲り合う場面。
1つは大きなダンボール、もう1つは小さな包み。
「あら、私小さい方でいいわよ」「いいえ、私こそ」
散々譲り合うが、しまいには一人が「じゃあ…」と大きい方を貰って一件落着、と思いきや、小さい方を予定通りゲットした方は、実は大きい方に何が入ってたか気になって仕方ない。
しかも小さな包みを開けてみると、石鹸が一個だった日にゃぁアナタ!
大体普通ジャンケンで決めるのがスジよね、さっきの人、昔から厚かましいのよ、私の大きいつづらを返して!と、心の中を憎悪が渦巻く。
強欲にまみれた、醜い大人社会の縮図。
素直な子供の頃が懐かしい。

以上、下の2枚の写真から思いついた、二つのストーリーでした。
あ、ビンゴ大会の強欲な女、私じゃありませんからね、念の為…。
20080703090033.jpg 20080703090035.jpg
小さい箱と大きい箱、どっちにしようかな~

贈り物

昨日、リンリンさんから、ステキなプレゼントが届きました
ご紹介する前に、1つだけ…
以前にお伝えした事もあるんですが、うちのパソコンは写真を取り込むのにちょっと支障がありまして…
今は携帯で撮っては、モブログで送り、それを一旦削除して写真だけ残す…と言う、いかにも素人な事をしてしのいでおります。
したがって、いつもの事ながら、画質が悪いですが、それは私の腕のせいだけでなく、携帯の写真だから…と言うわけで…



コホン
改めまして…
ジャーン



20080703085431.jpg



約1匹、おじゃま猫のせいで、よく見えませんが、
ジャンル分けすると…




20080703085424.jpg




北海道お菓子シリーズ
白い恋人はやっぱり健在なのね!
実は私、大好物
小豆アポロは初めて!まだ食べてないけど、箱から既にあんこの良い香りが…




20080703085429.jpg




そして、これ
リンリンさんの手作りです
とっても丁寧で、可愛くて、お人柄がしのばれます…
ちなみに、この生地は、元きなこもちさんのお手元にあった生地です!
北海道集大成のような作品




20080703085427.jpg





お次はこれ
知る人ぞ知る、にゃんちさんのにゃん毛でできたお人形です
凄いでしょう~?
どうやって作ってるんだ??
ライアンもこれには大興奮




20080703090031.jpg




わかるかなぁ?
背中の毛、ボンッ!です
敵か味方か…悩むライアン…
そして…




20080703090029.jpg





お人形が入ってた箱の方を攻める事にしました~
「こっちは安全にゃ」





またたびシートも入っていたんですが、ライアンはマタタビに反応しないので、どうかな?と思いつつ広げて見ると…





20080703085422.jpg





案の定、いまいちノリは悪かったですが、ひたすら舐めてました…
舐めるって事は、反応したって事ですよね?
猫っぽくてちょっと嬉しい





リンリンさん!
ほんとに有難うございましたm(__)m
ブログを通じて、見知らぬ遠い地の方々とお知り合いになれて…嬉しい限りです


皆様、これからも、『寝ている猫は時々白目』ライアンと私を、どうぞ宜しくお願い致します




イリュージョン♪

20080702104422
この中に一つ、ニセモノの前足が!フフフ、君にわかるかな?

高校野球

今年も夏の予選大会が各地で始まった。
京都大会は5日が開会式だ。
夏の大会に先立って、息子の学校では毎年、広島に遠征試合に行く。
その時点で、メンバーは25人に絞られる。
ベンチ入りは18人なので、この中から、更に7人が、最終的に落とされる事になる。
息子は1年の最初の大会から、ずっとベンチ入りしていたので、この遠征メンバーに選ばれた時は、当たり前のような顔をしていた。
ところが先日、正式にベンチ入り18人が発表され、息子は落ちた7人に入ってしまった。
その中には勿論、3年生もいる。
3年生にとっては、最後の大会だ。
休みなしで3年間、必死で練習して来た最後の夏である。
息子はまだ2年なので、また次がある。
だが、メンバーから外された3年生の夏は、ここで終わるのだ。
帰宅した息子は、自分が外れた事もショックだったろうが、外された先輩が泣いていた、とポツンと言った。
初めてスタンドから応援する息子は、この夏、多くの事を学ぶだろう。
昨日、息子達ベンチ外メンバーは、応援の練習に明け暮れたらしい。
グランドの選手とスタンドの選手が一丸となって、3年生の最後の夏を盛り上げていく。
予選抽選会も終わり、1試合目は6日に決まった。
今年もまた、高校球児の熱い夏がいよいよ幕を開ける。
野球
ガンバレ~

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム