スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会

先日、娘の小学校最後の運動会があった。
一般的に、子供は運動会が好きと言うのは、大人側の常識で、うちの娘は運動会前日に雨乞いをするタイプである。
6年生の運動会のメインは「組体操」。
これが娘にとっての苦痛の種だった。
娘は体が大きいので、本人の意思とは関係なく、何があっても、ピラミッドやタワーでは最下段である。
そりゃあ一番上に乗る子は乗る子で、恐怖感もあるだろうし、大変だろうが、何てったって一番下の子は、重いわ痛いわ目立たないわ写真には写らないわ、結構厳しいポジションなのだ。
組体操の練習が始まってから、娘は筋肉痛もさる事ながら、精神的にかなりへこんでいた。
最初に2人組演技で、しゃがんだ状態からペアの子を肩車して立ち上がり、更に中腰になって後ろへ頭を抜いて膝へその子を立たせる…と言う荒業があり、娘はどうしてもそれが出来なかったらしい。
体の大きさと力は必ずしも比例しない。
娘はデカい割りには非力なのだ。
可哀想な娘は段々食欲もなくなり、毎朝お腹が痛くなり、殆んど登校拒否状態。
学校へ行くという事に、それほど執着しない私だが、今回ばかりは心を鬼にした。
組体操はチームプレーである。
一人の失敗は他の大勢の迷惑になる。
毎日弱気発言を繰り返し、逃げ腰になる娘を、「わりゃ~何のためにデカイ図体しとるんじゃ~!ウドか?お前はウドの大木なのか?オラオラ~!」と、優しく励まし続け、娘も泣く泣く頑張っていたが、運動会前日に、先生から「本番では先生が横から補助します」と言われたとしょんぼりしていた。
上に乗る子の安全を考えたら、それは当然の処置なので、娘には「ちゃんと先生にお礼を言って、上に乗る子にも謝まらなあかんで」と言い聞かせた。
娘は己の不甲斐無さを嘆いていたが、やるだけの事はやったのだ。仕方あるまい。
そして迎えた運動会当日。
爽やかな秋晴れの空とは裏腹に、娘にはしゃいだ様子はない。
100メートル走やハードル走など、遅いなりに何とかこなし、いよいよ組体操の時が来た。
始まってすぐ、問題の肩車のシーンがやって来た。
だが娘の横に先生の姿はない。
思わず人垣をかき分けて前へ進み出た。
娘が足を踏ん張って、上の子をしっかり支えて自力で立ち上がっている。
続けてプルプル震えながらも、ちゃんと膝へ下ろす事が出来た。
やった!
私は涙のガッツポーズ。
その後の演技も全て、一番下で、手を抜く事なく、歯を食いしばって自分の責任を果たした。
よくやった。
よく頑張ったよ。
戻ってきた娘は、はにかみながらも、満面の笑顔だった。
諦めなくて良かった。
聞くと、本番直前に自分でやりますと、先生に宣言したらしい。
信じてくれた先生と、上に乗る子に感謝。
肩車ができなくったって、人生何にも困りはしないけど、出来なかった事が出来るようになる喜びや達成感を娘に知って欲しかった。
一人は皆の為に、皆は一人の為に、の精神を知って欲しかった。
逃げずに頑張った事は、きっとこの先、力になる。
難関を無事クリアして放心してる娘よ。
今日は代休。
2人で何か美味しい物を食べに行こうか。
すっかりニコニコ顔の娘は、中学生になっても体育祭があると言う事を、まだ知らない…。


20080929091115.jpg
ガンバレ!
オレを体操服の代わりに持ってけ!
娘の体操服用袋。
スポンサーサイト

独り言

歳をとると、独り言が増える…と言うのは周知の事実だが、実際自分が独り言を呟いている事に気付くのは、ちょっと辛い。
ふとした時に、いちいち自分の行動を、自分で説明している事がある。
例えば、「さ、そろそろ洗濯物取り込もうかな」とか、「買い物に行って来よう」とか。
私としては、多分に、ライアンに話しかけているつもりもあるのだが、返事があるわけでもなく、ましてや、会話の成立など有り得ないし、これは立派な独り言だろう。
やっぱり私も歳ね…と、沈んだ気持ちでお買い物に出かける。
すると道ですれ違った若い男の子の、あっと驚く独り言を聞いてしまったのである。
「あ~、オレ、やっぱ肉、好っきゃわ~」
そのジャニーズ系の青年はそう言うと、瞳をキラキラさせて、空を見上げた。
何なんだ、この爽やかさは?
後ろ向きな私のそれとは違う、この能天気な独り言!
まさに今、青年の前に焼きたてのカルビがジュージュー音を立ているのが、私には見えた。
こういう独り言はなかなか良い。
私は何だか楽しくなって、「よっしゃ、今日の晩御飯は焼肉かー」と、独り言を言いながら、自転車のペダルを強く踏み込んだ。



20080820161315.jpg
最近、写真の使い回し多いよにゃ…
こういうの手抜きって言うのにゃ…
ブツブツ…

まっくろくろすけ

ラグドールやシャムは、大きくなるにつれ、段々色が濃くなるらしい。
トラ猫もそうなの??
最近のライアンはすっかり黒猫


20080918105506.jpg
頭から尻尾の先まで、幅広一直線に黒い



ちっちゃい頃は白い部分もあったんですよ~



出会い?
う~ん、いかにもトラ猫
改めて見ると、全体に薄い色だったのね!




20080714104839.jpg
なんか文句あんの?



いいえ、ないです

もっとくれ~!

きのうmisarinさんからプレゼントが届きました
50000アクセス記念のラン君ポストカードです



20080919100501.jpg


う~ん、可愛い
カードと一緒におやつや、おもちゃも頂いたんですが、まえにmisarinさんのところで読んで気になってた「歯磨きロープ」!
歯石をとるのに、齧らせると良いらしく、早速与えたんですが…



20080919100458.jpg



うっめぇ~~~
何だこれ?
うめぇなぁ~ガツガツ…
と、あっという間に一本完食
歯、磨けてないだろ??
袋には、一日1~2回、1回に1本ってかいてあったから、隠しました~



20080919100456.jpg


どこ?どこに隠した?

違うよ、引き出しだよ~



20080919100420.jpg


みっけ~

あ、引き出し開けた!
タラ先輩に教わった??


でもやっぱり一度に食べちゃだめです!
これで遊びなさい。


20080919100422.jpg


ナニ?さっきのうめぇヤツ?(ネズミさん、白いので見えにくいですが)





20080919100503.jpg



オリャオリャ~!
食ってやる~



20080919100424.jpg


母ちゃん、これ、違う。
さっきのうめぇヤツじゃない…

やっと気付いたんかぃ



20080919100427.jpg



あ~アレうまかったなぁ~
もう一回欲しいなぁ~


そんな、夢見る顔で言われましても…



20080919100418.jpg


焼きかつおはどう?

「うん!美味しい


って、やっぱりお皿の使い方間違ってるけどね!


misarinさん、どうも有難うございましたm(__)m


方向音痴

うちの階段を2階にトントンと上がると、向かって右に娘の部屋、左に息子の部屋、そして正面が夫と私の寝室、その隣にトイレ、と4つの同じ形状の扉がある。



20080918105504.jpg
こんな扉。


ライアンは、どっこらしょと立ち上がって、片手でフツーに開ける。
「ども、お邪魔します。」と言った風に。
しかし、子供達の部屋には、色んな物が散乱してるので、誤食癖のあるライアンは立入り禁止となっている。
普段子供達が居ない間は外から鍵をかけている。



20080918105502.jpg
こんな感じ。


夜、寝る時は、子供達がそれぞれ中から荷物を置くなりして、ライアンの力では開けられないように工夫して寝る。(そこに労力を使うなら部屋を片付けろと言いたい)
ライアンは私達と一緒に寝るのだが、途中何の用事があるのか下に降りていくので、寝室だけは扉を閉める事なく、いつも開けっ放しにしている。
何の用事かはわからないが、それを済ませてやがてまたライアンはトコトコと2階へ上がってくる。
そしてなぜか、必ず部屋を間違える。
娘の部屋と、息子の部屋を交互にバンバン開けようと試みて、開かないものだからパニックに陥り、トイレを開けたりしている。
そのうちナオ~ンナオ~ンと悲しげに鳴き出す。
滅多に鳴かない猫なので、ここで私が登場し、ベッドから「ライちゃん、お母ちゃんここよ」と声を掛ける。
すると、脱兎の如く飛んできて、「お母ちゃん、こんなことにおったん?探したやんか~」と私の顔を嗅ぎまくり、フミフミを始める。
イヤイヤ、ずっとここにおるやん!
て言うか、アンタさっきまで一緒に寝てたやん!
他の部屋は閉まってるけど、この部屋開いてるやん!
しかも階段上がって正面やん!
と、突っ込みどころ満載の我が家の朝の風景。
後で、ちょっとだけ開いてるトイレの扉を見て、笑いながらも愛しさ倍増になってしまう私なのです。


息子とライアン
面目にゃい…


謎の物体!

ある日、リビングに奇妙にうごめく謎の物体が…
宇宙人の卵か?はたまたモスラの幼虫か??


20080916124823.jpg
フッフ…
これでオレ様の姿は誰にも見えまい…

猫のお仕事

「猫は寝るのが仕事」と、よく言われる。
そうすると、うちの猫は、どんだけ働き者なんだ!
労働基準法なんてお構いなしである。
朝、食事をとるなり、もういきなり仕事を始め、昼まで休みなし。
夜は夜で、家人が階下で騒いでいようとも、ひたすら2階で仕事に邁進。
珍しく、休憩して遊んでる時でさえ、突如、仕事モードに突入する。
そんな仕事熱心な彼だから、お仕事中にチョッカイなど掛けようものなら、「気が散るんじゃ、ワレ~」と噛み付きキック攻撃を浴びる事になる。
なんて働き者なんだ、ライアン!
一体、職種は何なんだ?
そんなに働いてないで、ちょっとはお母ちゃんと遊んでおくれ。


20080623111722.jpg
働く男


20080623111717.jpg
まだまだ働く


猫と付き合う
残業もこなす…

舞妓はぁぁぁぁん!

携帯が壊れた~
買った時から調子が悪かったんですが、まだ1年チョイなのに~
で、修理に出したら、とりあえずメーカーに送りますと言う事で、代わりの携帯を貸してくれました。
これが悲しいかな、私が修理に出したヤツより、ずっといい
見た目も、機能も断然いい
修理代払うぐらいなら、新しいの買えって事?
そうよね~
そもそも思い起こせば一年前…
長年使ってた化石のような携帯をついに思い切って買い換える為ショップへ行ったものの、
あまりの種類の豊富さについて行けず、「いえ、私は写真さえ綺麗に撮れたら他の機能はどうでもいいんです。猫がね、いるんですよ~」と誰も聞いてないのに、アタフタして、でも結局いざ購入の時には、「ん?こっちの方が安いやん」と悲しい主婦のサガで、安物を選んでしまい…
だから、やたらと調子は悪いわ、肝心の写真は綺麗に撮れないわ…
息子や夫は次々に最新の機種を平気で買ってるのに
私も新しいの買うわ
と、今は決意してるんですが、きっと見積もりがでて、思いのほか安かったりしたら、喜んでまた使っちゃうんだろうなぁ…


で、今借りてる携帯でこんな事ができました


20080911090836.jpg
ライ奴どすえ~
おおきに~

知ってた?

アポロチョコと言えば…
皆さんご存知、(あ、うららちゃんの肉球ではありません)
コチラ


20080908103226.jpg
う~ん、美味しそう…


しかし、たまには…
こんなのも入ってるって知ってました??




20080908103228.jpg
昔はこんなのなかったと思うんだけどな~??


ねぇ、知ってた?


20080908103231.jpg
知らねぇ

マイケル

野良猫が飼い猫になる瞬間。
それは自分の名前を認識した時ではないだろうか。
ワケのわからない人間語で呼びかけられ怯えていた猫が、ある日それは自分の名前なんだと気付く。
その瞬間から、その人間と猫との間に、揺ぎ無い信頼関係が芽生える。
世の中には、呼ぶと「ニャー」と返事をする猫もいるらしく、羨ましい限りだが、ライアンは無口なので、それは望めない。
だがしかし、「ライアン!」と呼べば振り向いてくれる。
外の鳥さんに気をとられてる時でも、振り向く。
生後間もなく捨てられて、自ら望んでうちに来たわけではない、あの小さかった子が、自分には「ライアン」と言う名前があると認識している。
そう思っただけで泣けてくる私が、家族に同意を求めるべく、熱弁を奮っていると、娘が「え~、それって呼び掛け口調に反応してるだけちゃう?」と言う。
そんなバカな!
ならば、試してみようではないか。
「太郎!」
振り向かない。
「トラ!」
振り向かない。
「ごんちゃん!」
やっぱり振り向かない。
ほーら、ごらん。
この子はわかってるのよ!
その時息子がふと、呼びかけた。
「マイケル!」
振り向いた…
…しばし沈黙の後、家族爆笑。
そうか、ライアンは外人っぽいカタカナ名に反応していたのか。
まぁそれでもいいや。
自分に名前があるって事を認識してるのは、間違いないんだから。


ブログタイトルについて
呼んだ?

猫の魔法

昔から、「良薬は口に苦し、猫は心に癒し」と言ったか言わぬか知らぬれど…
猫ほど人を夢中にさせる生き物はいないのではないだろうか?
以前、作家の群ようこさんの著書で読んだのだが、犬を嫌いな人は、急に犬好きにはならないが、猫を嫌いな人は、ある日突然、猫好きになる事が、ままあるらしい。
群さんはこれを、猫が魔法を使ってるのではないかと書かれていたように思う。
かく言う私も、元々は犬派で、よもや猫を飼うとは夢にも思ってなかったのに、飼った途端、この有様である。
大体、ライアンが来てから、趣味趣向まで変わってしまった気がする。
群さんの本も、以前は読んだ事などなかったのに、本屋に並ぶその猫がらみの著書名を見ただけで、ついつい買ってしまい、今では殆んど揃っている。
それに私は昔からマンガをあまり読まないのだが、なぜかライアンが来てからは、やたらと猫マンガが目に付き、いつぞやも、「長い長い散歩」と言う猫マンガを見つけ、ちょっと立ち読みのつもりが、一気に読破して、号泣してしまった。
後にも先にも、立ち読みで号泣したのはその時が初めてだった。
ついでに言うと、私が大好きな猫マンガ作家は野中のばらさん。
そりゃあもう可愛い絵で、共感しまくりの一押しマンガである。
と、こんな風に熱く語り、いつの間にか家に猫グッズがあふれるようになると、もう十分魔法にかかってると言えるワケだが、もう1つ、猫の魔法にかかった人々に共通する事がある。
それは、猫の手(前足)にやたらと弱い事。
あの丸っこくて、更に、裏には肉球と言う武器を隠し持ってるあの前足!
きっと魔法の粉は、あの前足から出てるんじゃないかと、私は秘かに思っている。


20080807085018.jpg
チチンプイプイ…

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。