Sな猫

前述の「タマちゃん」。
誤食の危険をおかしてまで、これで遊ばせてやってるのは、ひとえに運動不足解消のためなのに、ふと気付くと、ライアンはソファーの上で構えてるだけで、投げて拾って…と這いずり回ってるのはいつも私の方だ。
ライアンは目をキラキラさせて、ソファーで待ってるだけ。
私が投げた「タマちゃん」をバシッと手で打ち、また「投げて投げて!」と構えるだけ。
たまに私の投げた位置がライアンの予想範囲じゃなかったら、ケッと言う顔をして追いかけもしない。
自分の思惑通りのタマをバシバシ打ち返して、ちょっとでも私の投げ方が悪いと睨みつける…。
段々わたしは千本ノックを受けてる気分になってくる。
そして10球に1球くらいの割合で、ライアンにとって最高の位置にタマちゃんが来ると、おもむろにパクッと咥えて、「どや顔」をする。
この「どや顔」が可愛くて、ついついヘトヘトになりながら何回も投げてやってるようなものだ。
ライアンは私がヘイコラ言う事を聞くのを楽しんでいる節がある。
わざと遠くへタマちゃんを飛ばして「取って来いよ」とニヤリとする。
Sだ。
この子はSなんだ。
額のマークはMなのに、心の中はSなんだ。



先日の事。
いつものように「タマちゃん」で遊んでて、いつものように咥えて「どや!」ってした後、なんと「うぅー」と唸りだした!
驚いた私が「どうしたの?離しなさい」と優しくタマちゃんに手を出すと、事もあろうに、「シャー!」と言ったのだ。
この私に、である。
まだ目も開いてないうちから手塩にかけて育てた、この私に!
誰がアンタの排泄の世話をしたと思ってるの?
3時間おきにミルクを飲ませたのは誰?
お母ちゃんの胸で指チュッチュするのは誰なの?
私はショックのあまり「母ちゃんに向ってシャーとは何だ!このバカ猫がぁ~~!」とタマちゃんをむんずと掴んで奪い取り、速攻でゴミ箱行きにしてやった。
ライアンはすぐに落ち着きを取り戻し、暫くキョロキョロとタマちゃんを探していたが、何事もなかったような顔をして私の元へやって来て、「トン」をする。
まだショックから覚めやらぬ私は思い切りいじけて、「お母ちゃんにシャーって言ったよね?そんな子とは遊びません!」と膝に顔を埋める。
するとライアン、「クゥゥ~」と今まで聞いた事のない声で鳴いてダンボールに潜って行った。
私もしつこいので、それからライアンが側に来る度に、同じセリフでいじけてみせる。
やっぱりライアンはその都度、「クゥゥ~」とダンボールへ…。
反省してる?
ヤバイ事したってわかってる?
Sだからこそ、打たれ弱いのだ。
Sだから、攻撃には強いが防御はからきし弱いのだ。
ごめんねライアン!
もう母ちゃん怒ってないよ。


今ではライアンもすっかり忘れたみたいで、またいばっているが、タマちゃんはもうない。
私はあの「どや顔」が見たくて、現在、「2代目タマちゃん」を物色中である。





20090128102508.jpg
どや!









スポンサーサイト

受験の神様

うちの近所には、私立の中学がたくさんある。
その中には、身の丈に合う学校も探せばきっとある。
しかし、我が家に選択肢はない。
なぜなら、
お金がないからだ。
ご存知のように、私立の学校は、とてつもなくお金がかかる。
高校からならまだしも、中学からだなんて、とてもとても…。
そんなワケで、うちの娘は、5年前に開校された、公立の中高一貫校を受験する事にした。(いや、別に必ずしも受験しなければならない理由はないが)
公立だから、受験料も非常に安い。
それなのにとても質の良い教育が受けられるともっぱらのウワサ。
しかしその分、試験内容は、すこぶる難しい。
それでも人気は高く、倍率は、なんと8倍!
娘の通う小学校からは、過去に一人も合格者を出していない。
そんな難関校に、うちの娘は挑戦した。


受験をいよいよ明日に控えた夜。
息子が“キット、サクラサクよ”のキットカットを買って帰宅した。
明日受験に挑む、妹のためにである。
思いもよらぬ息子の優しさに、ちょっとウルッときた娘と私は、箱に書かれたメッセージを見てぶっ飛んだ。
これだ…






20090122101544.jpg


娘は大笑いのまま床に就き、明けて当日も、スズメバチが頭にチラついて、とてもリラックスできたらしい。
そして、結果。
みごと合格!
ホッとした私に、娘が言った。
「うち、あのスズメバチに守られてた気がするねん。」
恐るべし、仁居人画伯のスズメバチパワー!
娘と私は、スズメバチ様にハハァ~とひれ伏し、お礼を言った。



全国の受験生諸君!
まだ間に合います。
この“合格スズメバチ様”に、是非祈願して見て下さい。
きっと、サクラ、サク…と思いますよ。

笑撃の絵画

まずはこれを見て頂こう。






20090122101542.jpg




これは幼児が書いた絵ではない。
仁居人(ニート・新人改め)画伯の作品である。
断っておくが、幼少の頃書いたのではない。
高2の現在、それも生物の授業で書いたらしい。



あ、笑っていいのかどうか悩んでるそこのアナタ!
どうか笑ってやって下さい。
「うん、割とよく書けてんじゃん。可愛いし」とか言われたら、いたたまれません…



何なんだ!これは?
顔、人間やん!
ツノはえてるやん!
芋虫やん!
足おかしいやろ?鳥足やん!
何で、飛べないホタル的な羽根?
と、まぁ突っ込むと言うか、罵倒すると言うか、とにかく我が家は大笑い。
すると仁居人、さらにもう1枚あると言う。
それがこちら…







20090122101539.jpg




一緒やん!
ナメテんのか、コラァ!



「いや、ミツバチの方がちょっと小さいやろ。それぐらいの事は俺も知っててん。」
ってそういう問題??





いやぁ~
我が子ながらホントにビックリ!
情けなくて、あきれ果てて、記憶の奥に葬り去ろうとしていたこのハチの絵。
実は後日恐るべき威力を発揮する事となるのである。
その話はまた明日…
乞うご期待!

うちの子天才!

ライアンは、鳴かない猫だ。
これはひとえに、鳴かずとも要求が通るから、に他ならない。
例えば、餌入れがカラだとする。
するとライアンは黙って餌入れの前に座る。
ひたすら座る。
じっとうな垂れて、背中を丸めて、黙って座り続ける。
私はすぐに餌がないんだと気付き、ごめんね~と入れてやる。
またある時は、水入れの前に、じっと座る。
ただ背を丸めて座る。
水は入っているが、私にはわかる。
冷たいのは嫌なのだ。
私にはわかるから、またぞろごめんごめんと、お湯をいれてやる。
ライアンには1つだけ、幼少の頃からお気に入りのおもちゃがある。
それは布でできたカラフルな、小さなボール(通称タマちゃん)なのだが、これだけは、出してやると大喜びで、追い掛け回したり、私に投げさせたり、とにかく大はしゃぎだ。
しかし、ライアンには布製品を食べてしまう悲しい癖があるため、このタマちゃんは家人の監視の元でしか遊ばせてやれない。
ある程度遊んだら、こっそりタマちゃんを引き出しにしまう。
するとライアンはタマちゃんで遊びたくなると、引き出しの前に座る。
黙って座り、背中から「タマちゃん出して」オーラを出し続ける。
ここですぐに出してやるのは簡単だ。
だがこのままではいけないと、別の私が囁く。
何でも親が先回りして手出しするのは、子育ての失敗につき物である。
実際私は長男でそれを経験済みだ。(※)
そこで私は心を鬼にして、ライアンの無言の要求を無視する事にした。
暫く黙って座っていたライアンも、あんまり私が知らん顔なので、おや?と言う顔をする。
そして引き出しの前を離れ、ソファーに座る私の足元にやって来る。
今度はそこでだんまり攻撃にでる。
じっと私を見上げて両手を揃えてお座りし、黙っている。
ここで声を掛けたくなるのを必死で堪え、気付かない振りを続ける。
すると暫くして、業を煮やしたライアンが、立ち上がって私の膝に前足を置いた。
もう一息。
ライアンが何度か立ち上がってチョイチョイしてくるようになったので、すかさず、私は自分の手をライアンの前足の下に滑り込ませる。
そう、私の手にライアンがタッチしたと言う状況を作ったのだ。
そしてその瞬間、初めて気付いたような顔をして、「トンできたね~。なぁに?タマちゃん?」と言って引き出しを開け、タマちゃんを出してやる。
これを何度か繰り返すうち、ライアンはようやく、タマちゃんで遊びたい時には、私の手にタッチすると言うワザ?を覚えた。
苦節1週間ほどだった。
この「トン」はめちゃくちゃ可愛い。
私が本を読んでたりして、本当に気付いてない時に、この「トン」をされたらもうヒョヒョ~となる。
なかなか覚えられなくて、おバカだなぁと思っていたが、ようやく覚えて「トン」連発で、おバカでも何でもいいよ、可愛いよ、と自己満足に浸っていたら、先日届いた『ねこきも』に「タッチしたらおやつをあげる」というのが載っていて、それを仕込むのに2ヶ月かかったと書いてあった。
なに?
うちは1週間で覚えたよ。
今じゃ人呼んで「トントン王子」だよ。
もしかして、うちの子、天才なんじゃなかろうか?
ちょっと嬉しい親ばか話でした。



20090120104001.jpg
トン







長編ですが宜しかったらどうぞ

若い頃はしょっちゅうだったが、ここ何年かは、快調に飛ばしていた。
だから、今朝、まさかそんな事になるとは思いもせずに、私はトイレに入ったのだ。



出ない。
便意があるのに、出ない。
これは、経験者にしか分からない、世にも切なく壮絶な、“おベンピ”の記録である。
(ここから先、不快感をもつかも?と思う方は読まないでね!)



娘の小学校では、PTAの朝の交通当番と言うものがあり、月に1回、通学路の交差点に親が何人かで交替に立つ。
朝の忙しい時間帯に30分。
月に1度とは言え、当番に当たった朝はとても慌しい。
そしてまさに今日、私はその当番に当たっていた。
ゆっくりトイレに座って居られれば、何とかなったのだろうが、当番の時間が気にかかり、そうもしていられない。
この当番、1回サボると、次の月に2回やらされると言う、ペナルティー付きなのだ。
トイレに座ったまま、時計を睨みながら踏ん張るが、微妙な所でタイムリミット。
仕方なく、自転車に飛び乗り、交差点へと急ぐその時、私は青ざめる。
微妙な所?
昔、絵本で見た、くまのプーさんの挿絵が目に浮かぶ。
プーさんは、ハチミツを食べ過ぎて、木のお家のドアから出られなくなった。
外にちょっとだけ顔を出して、身動きが取れなくなっているプーさん。
私のお尻は、“プーさん状態”って事はないのか?
プーさんをお尻で踏み潰すわけにはいかない。
交差点まで5分。
不審な立ち漕ぎをする私に、幸い気付く人はいない。
寒い朝だった。
この30分は辛すぎる。
「そうだ。途中見計らって、具合が悪くなった振りして帰らせてもらおう!」
私はそう心に決めて、黄色い旗を手に、タスキをかける。
大体小学生と言うヤツは、バカみたいに早く登校したがる生き物だ。
この交差点も8時過ぎにはもう、ほとんど子供は通らない。
後は通勤の人や、自転車の高校生のために立っているようなものなので、帰るならその時だ。
が、しかし、何と私より先に、他のお母さんが「すみません、ちょっと具合が悪いので…」と言うではないか!
先を越されて成す術もなく、私は引きつった笑顔で彼女を見送り、ヤケクソで旗を振る。
やっと時間になり、家まで自転車を飛ばし(もちろん、立ち漕ぎ)、入念に玄関の鍵を閉め、トイレに飛び込む。
ここからが、戦いだった。
人間、歳をとると、“キバル”と言う行為そのものが出来なくなる。
睡眠には体力がいるから、歳をとると熟睡が出来なくなると知った時も、愕然としたが、トイレでキバるのが睡眠以上に体力を使うのは明らかだ。
2回ぐらい力を入れたらもう、息も絶え絶えになってしまう。
そう言えば、昔義母が「便秘でキバって痔になった」と言っていた。
あの時私は、「やだぁ~痔ィ?」と笑ったのではなかったか?
お義母さん、ごめんなさい。
痔を笑う者は痔に泣く。
便秘と痔、恐怖の2本立てに怯えながら、朦朧とする意識の中、こんな事は前にもあったと私の脳がデーターを探す。
これは…
これはまさに、産みの苦しみ…


「ハイ、いきんで!」
先生の声は聞こえるが、私はぐったりと眠りに落ちてゆく。
トイレはいつの間にか息子を産んだ時の分娩室と化している。
「いかん。陣痛が弱まってるな。」
先生がお腹の上に乗ってグイグイ押しながら、「お母さん!頑張って!」と言う。
子供を無事に産みたい一心で、私は渾身の力でいきみ、ようやく息子は産まれたのだった。
そうよ。
諦めてはいけないわ。
この子を無事産み落とさなければ!
その時、トイレのドアがバンッと開き、ライアンが入ってきた。
よっぽど不穏な空気が漂っていたのだろう。
心配そうに私の顔を覗き込む。
私は今一度、下腹部にうーんと力を込める。
「お母さん!頭、見えてきましたよ!もうすぐですよ!」
助産婦さんの声が聞こえる。
あと少し…


オギャーオギャー
産まれた…
私は確かにその時、天から一筋の光が降り注ぐのを見た。


フルマラソンを完走したランナーのように、疲労困憊の中にも、爽やかな達成感に包まれながら、私は、まだ心配そうに擦り寄るライアンを抱き上げた。
2人の子供の出産時には経験できなかった“立会い出産”。
まさか今日体験する事になるとは…
ライアン、有難う。
私はゆっくり立ち上がり、戦場を後にした。



20081022170537.jpg
かーちゃん、鬼気迫るものがあったにゃ。
もう知らないからにゃ。


新春初笑い

世間ではもう、七草粥の日を迎えたと言うのに、今更何ですが…
明けましておめでとうございます。


年末から何かとバタバタ忙しくて、まぁ何をするわけでもないのだが、何となく、年末年始は忙しいと言うイメージに踊らされてただけっちゅー感もあり…


大体子供が冬休みに入ると、もう途端に生活パターンが乱れる。
その上、年末年始は夫まで休みがあったりするので、事態は最悪の方向へ向かう。
とにかく片付かない、散らかる…
いつもなら、せめて息子だけは家にいない(野球の練習ね。決してホームレスなわけではないですよ)のに、今回は、監督が結婚間近と言う事で、30日から4日まで休みだったし、(例年は31日から3日)いつもより家族全員が家の中に居る時間が長く、かさ高いったらありゃしない。


そんなこんなで迎えたお正月。
我が家は毎年、元旦は夫の両親とホテルにおせち料理を食べに行く。
その後、初詣。
いつもは夫の実家の近くの今宮神社(あぶりモチで有名)に行くのだが、今年は娘の中学受験を控えているので、学問の神様、北野天満宮にも行った。
思い起こせば、息子の高校受験の年もお参りしたが、第一希望の私立には落ちた気がする…
ま、そんな事は置いといて…
何はともあれ、天満宮だ。菅原道真だ。


2日は私の実家へ行き、ここでもホテルのバイキングが恒例行事。
子供達はその後カラオケへ行き、姪っ子達の証言によると、新人(ニート)君の歌唱力はなかなかのものだったらしい。
ちなみにレパートリーはアイコとミスチル!
やるね、ニート。


新人(ニート)君と言えば、今年はクラスメートの男女こぞって、夜中から初詣に行き、いかにも青春って感じで楽しかったようだが、やっぱりやってくれました。
おみくじを引いた新人君。
出てきた数字は何と“11+11”!
素直に「あー、足し算になってるんやー」と、「じゃあ“22”番?」と、…
いやいや、アンタ、そんなワケないやろ~
足し算って…
おみくじがそこまで捻らんやろ~
“11+11”じゃなくて、それは漢数字で、縦に読むのよ!
ま、結局“22”は合ってるけども!
それもビックリやけども!
新年一発目の笑いはやはり息子がもたらしてくれた。
ガンバレ、ニート!


今日から学校が始まり、やっとライアンと私の日常が戻ってきた。
ずっと落ち着かなかったライアンも今日からは静かに昼寝三昧だ。
私もやっと今日からパソコンに向える。
今年ものんびり更新になるとは思うが、何とかブログが続けていけると嬉しい。
皆様、どうぞ今年も『寝ている猫は時々白目』ライアンと私を宜しくお願い致します。



20090107101719.jpg
ホテルのおせちの一部…



20090107101712.jpg
今宮神社の「あぶりモチ」



20090107101715.jpg
中はこんな感じ。
白ミソ味で甘くて美味しいです!



20090107101717.jpg
北野天満宮の牛の親子。
ここは境内にたくさん牛の像があります。
“撫で牛”と言って、参拝者がやたらと撫でるので頭ピカピカでした。
これは本物の牛さんですよ。



20090107101721.jpg
娘が作ったライアンハウス2階建てバージョン。
結構お気に入りです。
上から目線で
明けましておめでとうにゃ~














FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム