習慣の生き物

冬の間ライアンは、何があっても私の布団で寝ていた。
ところが最近、暑くなってきたので薄い布団に変えた途端、夫の足元で寝るようになった。
夫は前述のタオルケット、私は夏用羽毛布団。
ライアンは間違いなくタオルケットの方が気に入ったのだ(食べるくらいだし)。
決して夫の方が好きになったわけではない。
たまたま「おや?今日はいつもの布団じゃないぞ」と思って、たまたま「こっちのタオルケットが自分好みの素材だ」って事に気付き、たまたま「そのまま寝ちゃった」って事なのだ。
猫は習慣の付きやすい生き物らしいから、一度習慣になると暫くは同じ行動パターンが続く。
この場合もタオルケットはすぐさま撤去したにも関わらず(食べたから)、未だ夫の方で寝る。
なぜならそれが習慣になってしまったからだ。
繰り返すが、決して父ちゃんの方が好きになったわけではないのである。
そうは言っても、ライアンが足元にいないのはあまりに淋しい。
私が最近読んだ本には、やはり夏になって一緒に寝てくれなくなった猫を引き戻す為に、夜中ギンギンにクーラーをつけると書いてあったが(寒さのため猫が布団に入ってくるらしい)、私はクーラーが苦手だし、何より電気代がもったいない。
何か他に手はないか。
夫の布団にからしでも撒くか…
まぁどっちにしろ、もし戻ってきたとしても、それも単なる習慣のなせるワザじゃないかって?
いえいえ、その場合は「やっぱり母ちゃんの方が好き!」って事でいいよねぇ?





20090623102248.jpg
ウゼェ~
オレ、今日からここで寝るわ。

スポンサーサイト

グルメとゲテモノ喰いは紙一重


今朝、夫のタオルケットにポッコリ大きな穴が開いていた。
つい先日は持ち手部分がなくなっているスーパーの袋が転がっていた。
よほど変わった趣味の泥棒が入ったのでない限り、犯人はひとりしかいない。
ライアンに誤食癖があるのは幼少の頃からで、できる限り気をつけてはきたが、誤食は大人になるにつれ治るのかもと侮っていた。
甘かった。
スーパー袋の日は出かける用事があったので、外出先で「吐こうとして喉に詰まってるんじゃないか」とか、「腸に引っかかって苦しんでるんじゃないか」とか、もう気が気じゃなくて、気もそぞろですぐに帰宅したのだが、未だ、吐く事も、ウンピと共に出た様子もなく、ただでさえ心配なのに、また今朝のタオルケットの追い討ちだ。
いくら何でもあれだけのビニールと布を食べてたら、相当苦しいと思うのだが、どうも本猫はずっと順調に餌を食べ、毎日快便だ。
私が「何で布なんか食べるかなぁ?美味しくもないだろうに」と嘆いていると、娘が「まともな餌にはとりけずりふりかけな食べへんくせになぁ!」と言った。
確かに!
ライアンは安物の餌だと全く食べない上に、ちょっと高級な餌でもジッと見てから「とりけずりは?」と要求し、ふりかけなければ食べないのだ!
だから私はとりけずりを常備する為に(ライアンご指定のとりけずりは近所には売ってない)電車に乗ってはるばる買いに走っているのだ。
なのに、何で、布やビニールを食べる?
もしや餌にビニールふりかけたら食べるのか?
「グルメ」と言われる人達は、得てして凡人が「オェ~」と思う物を食すものだ。
だとすればライアンも、相当なグルメである。
でもねぇライアン、母ちゃんは凡猫でいいから、まともな餌だけ食べてて欲しいよ。
早くウンピと共に出て来ますように…と、アンタが苦しまないように毎日「ウンピの神様」に祈ってる親心を、どうかわかって頂戴ね。





20090626091009.jpg
う~ん…
ちょっくらトイレ行って来るわ…


父の日に…

母が亡くなってから父は一人で暮らしている。
男が後に残るのは何とも悲しく侘しい。
うちは父の方が母より7歳も年上なので、母が先に逝く事は想定外、その後の父の一人暮らしなど、父自身も想像した事すらなかっただろう。
私たち子供としても、母の存命中は父と直接話すことなどあまりなく、用事は全て母を介して伝えていた所もあり、母が亡くなった当初は父とどう接して良いのかわからなかった。
だがそれでも放ってはおけず、最初は週に何回も私がおかずを作って通っていた。
そうこうする内に、当然だが父と良く喋るようになった。
昭和の始めの頃の人達は、皆そうだと思うが、うちの母も随分父に気を使い、常に父をたてて生活していた。
私たち子供も自然とそれに習い、父と対等に接する事はできなかった。
今、父と話していると、意外と面白いひょうきんな面があることがわかる。
そしてどんなに母を愛していたか、私たちや孫達の事をどんなに思ってくれているかと言う事も。
知らなかった父の色々な面を知り得たのも、母が残してくれた財産だと思う。
最近では1ヶ月に数えるほどしか実家に帰れず、高齢になってきた父がとても心配なのだが、たまに帰ると「電車賃や」と未だに私にお小遣いをくれる。
父には母の分まで元気で長生きして欲しいと願っている。




20090623102257.jpg
父の日に何故か父にご馳走して貰いました~




20090623102253.jpg
「奈良ホテル」は創業100年。
たたずまいにも風格があります。



20090623102255.jpg
別室でのデザートも美味しかったです!




20090623102533.jpg
この砂時計?が下から上に上がっていくのよ!
「写真に撮ったらわからんやろー」と一緒に行った姪っ子に笑われましたが…




20090623102251.jpg
せんと君もお出迎え。
ちょっと怖い…




20090608130851.jpg
うわっ!
ナニそれ??
顔デカイにゃ!
死んだフリ死んだフリ…


ダイレクトメールの不思議

子供が七五三の時期を迎えると、「レンタル着物」や「写真館」のダイレクトメールが届き、受験のころにはちゃんと塾のダイレクトメールがやってくる。
電話勧誘も、闇雲にかかってくるわけでなく、「高3のお子様に…」といった具合にちゃんとこちらの状況を把握した上でかかってくる。
前々から不思議だったのだが、こういう情報はどこから漏れてるんだろう。
個人情報保護だとか何だとか言ってるけど、結構丸バレじゃん。
そういえば昔。
まだインターネットなどとは無縁だった頃。
旅行をした時のアンケートで家族構成を書く欄に、父母と兄、自分、そして当時飼っていた犬の名前を「弟」として書いた事がある。
犬の名は「ケン」と言うのだが、漢字では「犬」と書く。
で、○○犬・1歳と言う風に書いたのだが(○○は私の苗字)、その後長い間、「○○犬様」宛にダイレクトメールが届くようになった。
旅行案内はもとより、七五三や塾、果ては成人式の案内まで、延々と続いていた。
ケンは2歳になる前に死んだので、それはそれで、「あーケンちゃんも生きてたらもう成人式なのね…」みたいな感慨深いものもあったが、それにしても、昔は手書きアンケートなんかから流出してたんですかね?
人間の名前で「犬」はないってわかりそうなもんなのに、とにかく情報ありき、なんでしょうね。
ちなみにそのアンケート時に、「海外旅行で不安な事は何ですか?」と言う設問に、「フィラリア」って書いといたんだけどなぁ…
現在は勿論、家族構成を問われれば、「次男 雷暗2歳」と書く。
この当て字、ちょっとヤンキーぽくて気に入っているのだが、今のところ、雷暗宛のダイレクトメールは来たことがない。





20090616154933.jpg

ども。
雷暗です。
バラの彫り物入れてます。
夜露死苦!

関西のオバチャン

スーパーの駐輪場にて。
私が止めていた前にドンとバイクが止めてあった。
こんなとこに止めるかなぁ、非常識だなぁ、と憤慨していると、私の隣の自転車のオバチャンが戻って来た。
開口一番、「いやぁ~何やのん!こんなとこにバイク止めたはるやないのー。えげつないわぁー」
私もすかさず、「そうなんですよ。困りますよねー」と応戦。
「こんなもん、スーパーの警備員のおっちゃんかて、言わんとあかんで。仕事してんのかいな!」
とオバチャンの矛先は警備員さんへ向う。
そこへ、更にその隣の自転車のオバチャンがタイミング良く登場。
「あれ?何や?こんなとこにバイク止めたらあかんがな。」
「そーでっしゃろ。今もこの人と言うてましてん。(この人=私)こんなもん出られしませんやん。この人が係りの人に言おうって言うてはりますねん。」
(えぇ?私ィ??)
「ほんまやわ。そら言わなあかん。こんなええかげんな仕事してたらあかへんわ。」
と、やっぱり責めるべきは警備員?
「それにしても暑いでんな」
「ほんに。梅雨入りした言うて、いっこも雨降らしまへんやんなぁ」
「せやかて雨降ったら買物も大変やさかい、かまへんねんけどな。」
「せやせや。たんぼやってはるお人はかなんやろうけど、わてら関係あらへんもんなぁ!」
「ほんに。ほな、お先ぃ失礼さんどす。」
「へぇ、さいなら。気ィつけておくれやす。」



気がつけばポツンとホッタラカシの私。
二人のご婦人の後姿を見送って、さぁ私も帰ろう。
結局はバイクを動かさなくても、皆自転車を出せたワケで…
警備員さんは無罪放免。良かった。
全く面識のない人達が、一瞬にしてひとつになれる関西のノリ。
私は結構好きです。




20090528105432.jpg
関西の猫でおま。



悲しいほど…

昔好きだったユーミンのCDを最近また聞いている。
家事の合間に何気なく聞いていて、ある曲になると、なぜか涙が出てきた。
何回聞いてもその曲だけ、涙が出る。
それは「最後の春休み」
歌詞を少し抜粋すると、
「春休みのロッカー室に忘れた物を取りに行った。
ひっそりとした、長い廊下を歩いていたら泣きたくなった。
目立たなかった私となんて、交わした言葉数えるほど。
アルファベットの名前順さえあなたはひどく離れてた。
もしもできる事なら、この場所に同じ時間に、
ずっと、ずっと、うずくまっていたい。」
と、まぁこんな感じで、要するに、恐らくは高校を卒業した春休みを歌ってるのだろうが、私は別に高校時代、特に盛り上がる青春!みたいな事はなかったし、何でこの歌に触発されるのか良くわからないが、とにかく、泣けるのだ。何度聞いても。
それを聞いていた時代を思い出し、少しばかりのタイムスリップを味わえる、そんな思い出の曲があるというのは、幸せな事だと思う。
私の場合はユーミンやサザンがそうだ。
サザンの古いナンバーはどれを聞いても色んな事が懐かしい。
ユーミンでもう1曲。
「悲しいほどお天気」と言う曲。
「いつまでも私の心のギャラリーあるあなたの描いた風景は悲しいほどお天気」
と言う歌詞を聞いて思い出した事がある。
息子が幼稚園の頃、いたずらをひどく叱った後、「あぁ、あんなに叱らなければ良かった。息子も傷ついただろうな。」と自己嫌悪に陥った私は、そっと息子の部屋を覗きに行った。
さぞかし落ち込んで泣いているかと思いきや、息子は鼻歌を歌いながら、ミニカーでルンルン遊んでいた。
その時よぎったのが「この子って、悲しいほど能天気…」
歌は本当に、色々な忘れていた過去を思い出させてくれる。





20090616154929.jpg
ま、オレも能天気かもな…








にゃごやだぎゃー

土曜日は息子の練習試合を見に、名古屋へ行ってきました。
比較的近いですね~名古屋。
実は小学4年生の時、名古屋に住んでました。
懐かしいなぁ…




愛・地球博の時の会場近くの、大学のグランドをお借りしたんですが、人工芝の素晴しい球場でした。
外野陣、テンション上がりまくりでした。




20090615104640.jpg




それにしても暑かったーー
暑さのせいで、頭痛がしてきました。
試合は負け&引き分けで2試合。
なかなか勝ち星が出ません。
夏の大会はすぐそこだぞ。
大丈夫なのか?





名古屋名物と言えばういろうだろうと、ういろうを買うつもりが、ついついこんなの買っちゃいました。



20090615104636.jpg



何だか美味しそう!





20090608130849.jpg


あ~土日はいっつも留守番だよ…
ま、オレはどっちにしろ、寝てるだけにゃ。




手足がどうなってるのかイマイチわからないんですけど!
あれ?
お腹から手が1本、はえてない??

町家ギャラリー

行きたかった写真展に今日行ってきました。
『日日是猫日2』と言う、吉田正明さんの写真展です。





20090612135928.jpg





素敵な町家でしょう?
中は狭いんだけど、畳敷きで、お茶も出たりなんかして、おまけに吉田さんご自身もいらして、フレンドリーに話しかけて下さいました。
とっても猫好きなおじさんです。笑
「いつかそれぞれの自慢の猫の写真を持ち寄って展示したいね~」と仰ってました。
えらいこっちゃ、デジイチ買うか??





20090612135925.jpg





ポストカード購入。
可愛いでしょ~~
ライアンの子猫の頃にそっくりよ!
ホントよ!





20090608130851.jpg

あっそう。

ウッホホーイ!

ライアンの寛ぐここ、どこでしょう?



20090611124841.jpg





答えは…
ムフフフフ
私の膝(腹)の上~!
え?
猫が膝に乗るのがどうしたって?
当たり前だって?
いえいえ。
ライアンは抱っこが大嫌い。
唯一膝に乗るのは、指チュッチュの時と、模擬交尾?の時だけ。
夜寝る時は、私の足元で寝るけれど、昼間は側にも寄ってこないのです。
それが…なんと!
今日何を思ったか、真昼間に急に私の膝に乗り、チュッチュでもなく交尾でもなく、ウトウトしだしたのです!
もうすぐ昼ごはんの時間だったけど、もちろん動けるわけがありません。
ただひたすら、じっと動かず、喜びに震えていた私。
うぅ~苦節3年弱!
時間よ止まれ~






20090611124838.jpg
にゃんだ、乗って寝てみると意外と気持ちいいにゃ






あいにく雨が降り出し、洗濯物を取り入れる為に、泣く泣く立ち上がった私。
その後ライアンが再び私の膝に乗ることは勿論、なかった…。
雨のバカーーー





先日ジューンベリーの記事で重大なミスをおかしておりました。
掲載したジューンベリーの花の写真、あれ「ハナミズキ」でしたー
しかも余所のお宅の木でしたー
正しくはこちらです。





20090611124843.jpg


全然違いました~
失礼致しました!

ビックリ発言

息子はキャッチャーなので、試合時は「金カップ」を装着する。
「金カップ」の正式名称は知らないのだが、そもそも一般的に「金カップ」と呼ばれているのかも定かではなく、まぁ、普段の会話に「金カップ」が話題に上ることはまずないし、ここはとりあえず「金カップ」でご了承頂きたい。
息子のチームのピッチャーはとにかくワンバウンド投球が多い。
どのピッチャーも皆ピンチになると特に、ワンバウンドで投げてくる。
3塁走者が居る時なんて、10中8.9ワンバンだ。
で、キャッチャーが後ろに逸らして1点、…このパターンがお決まりだ。
そこで息子達キャッキャー陣はひたすらワンバンを止める練習に明け暮れる。
とにかく体で止めるワケだが、バウンドによっては危険な箇所に当たってしまう。
そこで金カップ大活躍と相成るわけである。
そう、「金カップ」とは読んで字の如く、金を守るカップなのだ。
余談だが、息子は中学の時は補欠だったので、「金カップ」を殆んど使う事はなかったのに、高校になってまた新たに購入した。
それがちょっとマウンテンバイクのヘルメットみたいなカッコいいヤツだったのだが、見るからにデカい。
明らかにサイズが違う。
装着してみると、もうソコだけ助っ人外人?みたいな状態。
で、結局息子は、その中学の時日の目を浴びなかった、日本人サイズのカップを今使ってる。
幸い今まで「金」に当たる事もなく来ていたのだが、日曜日、ついにやってしまった。
股間を押えてうずくまる息子。
でもすぐに復活し、そのまま試合に出ていたので、私はハラハラしていたのだが、帰宅後聞くと、「あぁあれ、まともにブツに当たったん違て、もっと下っちゅーか、うーん、あ!赤ちゃん生まれるとこに当たってん」だって…!
アンタいつ赤ちゃん産んだん??
ってか、いつもながらアンタの発言にはビックリだわ。





20090608130845.jpg
土曜日は岡山日帰りでした~
ちょっとした旅行気分でした!



20090608130854.jpg

フンだ!
キビ団子なんかで誤魔化されないぞ~
猿や犬と一緒にすんなぁ~イジイジ…









ライノルド・シュワルツネッコー

ライアンは見た目もスリムで非力な猫である。
だが、それは仮の姿で、彼は本当は、シュワちゃんもビックリの怪力猫だったのである。
うちは1階の和室にライアンが入れないよう、簡易鍵をつけている。
片手では開けられない構造で、人間が出入りするのにも非常に不便なワケであるが、和室は現在物置と化しており、ライアンに入られては困るので、致し方ない。
ダメと言われたら、余計に気になるのは猫も人間も同じと見えて、ライアンは和室に入りたくてたまらない。
たまに扉をカチョカチョしてるが、か細い彼の手では絶対に開けられないはずだった。
ところが昨日。
パキッと言う破壊音と共についにライアンがその禁断の扉を開けたのだ。
そんなバカな…
その瞬間を偶然見ていた私は、可愛いライアンの後姿が一瞬ターミネーターに見え、ブルルと震えた。
鍵が壊されたので、ガムテで貼ってみたが、今度はいとも簡単に開けた。
じゃあガムテ3枚、これでどうだ?
ライアンはジッと扉を見上げ、「フン、3枚か…何とかなるな。」と口角をニヤリと歪めて、またバシッと開けた。
今は合計6枚のガムテで貼られた和室の入り口。
そりゃあもうみっともないったらありゃしない。
でもライノルド攻略にはそれしかないのだ。
一体いつの間にこんな力を身につけたのか不思議だったが、お友達のロッキー君が秘かに筋トレに励む記事を読み納得した。
ライアンもいつも寝てる振りをして、実はやってたんだ、筋トレ。
ロッキーに対抗してシュワちゃん路線でいったんだ。
いつか最後の審判の時が来たら、守ってくれるかな?





20090528105434.jpg
I’ll be back!
決まった…

猫の感違い

先日炊飯器を買い換えた。
圧力式のヤツで、スイッチを入れてしばらくすると、「プッシュゥ~」と言う音がする。
いつものようにのんびりオネム中のライアンさん。
聞きなれないその音に飛び起き、何を思ったか、ラジオのコードに戦いを挑んでました…
なんで??



20090528105439.jpg
「プッシュゥ~」って言ったのお前か!
てぃっ!このっ!このっ!



坊ちゃーん、思いっきり腰引けてますよ~

食ボケ

我が家は皆、食べる事が大好き。
でも決して“グルメ”なワケではなく、ただ単に口淋しいと言うか、卑しいと言うか、要するに“食ボケ”なだけ。
庭にも目で楽しむお花は一切植えず、食べられる野菜のみ植えているのは皆さんご存知であるが、実は一本だけ、家の正面門横に、木を植えている。
いわゆるシンボルツリーと言うヤツ。
これも最初は植えたくなかったのだが、ハウスメーカー氏のたっての希望で仕方なく…。
で、色々調べて選んだ木がこちら。




20090601104038.jpg



“ジューンベリー”の木。
あんまりお目にかからない木だと思うが、春には桜に似た、白い小さな花が咲く。
そしてこの木を選んだ決め手はモチロン…




20090601104036.jpg


6月(ジューン)には実(ベリー)が生るからでーす!
これ、勿論食べられます。
味は意外な事に、りんご味です。
事前情報ではジャムにしたら美味しいと言う事だったのに、この小さな実の中にたくさんの種があり、一度炊いてみたけど、口当たり悪すぎでした…
先にいちいち種を取るのもちっちゃすぎて無理だし…
どうすれば良いですかね~?
今のところ、鳥さんの餌場と化しております。




20090528105436.jpg
鳥さんがいっぱい来て警戒モードのグルメな猫

ライ先生

インフルに伴う前代未聞の一斉休校。
1週間毎日家に居た息子と、最初は迷惑そうだったライアンの距離が、だんだん縮まってきました。
息子は定期テストの真っ最中だったので、一応家で勉強なんぞを…
ちゃんとやってるか、監督するライ先生。




20090528105430.jpg
はい、ここ。
先生隠してるとこ、答えてみなさい!





先生の特訓の成果は果たして…??




FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム