スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古住宅には中古住宅の良さがある

実は自宅以外にもう一件、家を所有している。
厳密に言うと所有してるのは土地で、そこに建てた家は他人に貸しているのだ。
最初の借主には条件無しで、自由に建ててもらった。
そのせいか、記念すべき店子第一号はとても気に入って住んでくれていた。
若いご夫婦だったが、すぐに子供さんも生まれ、お互い挨拶をし合うような、割といい関係を結んでいたと思う。
やがて、子供さんの成長と共に家も手狭になり、一家は引っ越してしまった。
かなり仲良くなっていたので、泣きの涙で別れの日を迎えたのが昨日のようだ。(注一)
次の店子はすぐ見つかった。
この夫婦はあまり愛想の良い方ではなかったので、私達家族とも距離を置いた付き合いだった。
前の持ち主が丁寧に使ってくれていたので、家は手直しをせずとも快適に暮らせた様子だったが、その夫婦もやがて子供が生まれるとすぐ引っ越していった。
挨拶もなく、いつの間にか居なくなっていたが、随分子供に手を焼いて、家庭内暴力などで悩んでいたようだった。(注二)
そのあと、なかなか次の借り手が見つからなかった。
うちの近所は田舎なので、家の敷地内にもう一件家を建て、貸している家庭が多いのだが、よそは皆、次々コンスタントに借り手が現れているようだ。
なのにうちには誰も来ない。
家と言うものは、住む人が居ないと段々と朽ちていく。
うちも例外ではなく、いくら周辺を掃除しても見た目の汚らしさは隠しようもなく、そのうち、近所の評判の荒くれ者、「KARASU」のメンバーに外壁を一部壊されてしまい、あまりにも見てくれも悪くなった事だし、このまま放って置いて、ペンキで「KARASU参上」とか書かれたりしたら取り返しがつかないし、今年こそ思い切って解体し、更地に戻そうかと夫と話していた矢先である。
とても華奢な若い女性が訪ねてきた。
彼女はうちの店子になりたいと言う。
しかも外壁の修復も自分ですると言うのだ。
「日曜大工は得意なの。それにちょっと寂れた感じが京町屋風で気に入ったわ」
彼女はそう言うと、修復工事に取り掛かった。
昨日、彼女の夫が挨拶にやってきた。
彼もまたとても若く、細面のなかなかのイケメンだ。
ちょっと松潤に似てる。
この夫婦とはうまくやっていけそうな気がする。
久々に活気づいた別棟に夫も子供たちも、そして誰よりもライアンが大喜びである。
聞けば奥さんは妊娠中らしい。
可愛い赤ちゃんの元気な声を聞けるのが今から待ち遠しい。






moblog_0fdfd529.jpg

うすうす感づいていらっしゃったと思いますが、そう、店子はツバメです!
二年間来なかったのに、今年はやってきました。
すでに修復完了です!
文中の()、注一・ニ・三はサイドバーのカテゴリー「ツバメ」を読んで頂けるとよくわかりますので、是非読んでね~





moblog_e1f4c49c.jpg
また毎朝ツバメさんに会えるにゃ。
母ちゃんは「ツバジュン」って名前つけたみたいにゃよ…バカだねー
スポンサーサイト

いつでも打てるよう振っとけ!

野球好きな人は、何でも野球に例えて話したがる。
ちょっとした手助けを「うまいバントやったなぁ」と言ってみたり、誰かの発言によって場が白けた時に「あ~打ち上げてしまいよった」とか言う風に。
うちの息子もご多分にもれず、野球に例えて話す事が多い。
例えば、気にいった女子を上から順番にファースト・セカンド・サードなどと言う。
野球部同士では「俺今日ファーストと一緒に帰ったし!」「お前のサード、マクドで見たで!」とかちょっとした暗号のような会話になる。
そんな野球部仲間とも離れ離れになり、予備校に通うようになって、さぞかし暗い日々を過ごしてると思いきや、昨日息子が興奮気味に電話してるのを聞いてしまった。
「予備校にめっちゃ可愛い子おんねん!しかも二人!ダブルエースや!一人は右の速球派、フツーに150キロ投げよる!もう一人は球は早ないけど、カーブがキレるんや。しかも左!」
電話の相手も「おぉー最高やん!松坂と杉内やん!」とか何とか言って興奮している。
いやいや、わかるのか?
こんな例えで、女の子の良さがどうわかるんだ?
松坂と杉内の隣に座るのを楽しみに、毎日早起きして朝シャンまでして予備校に嬉々として通う息子よ。
これが野球バカの最上級の称賛の言葉だと、彼女らに理解して貰えない限り、アンタのベンチ入りはないと思うよ…。






moblog_c7a566be.jpg

挟まれてオールアウト…だけは避けて欲しい。




壁に耳あり…

その疑惑は一本の電話から始まった。
それは町内の体振役員さんからの電話だった。
内容は町内対抗ソフトボール大会に、うちの息子に出て貰えないかと言うものだった。
体振の役員は私も経験してるので、出場者集めの苦労は知っている。
すぐにでも了承してあげたいのは山々だったが、このソフトボール、学生の出場は認められていないのだ。
学生が出られるんなら、私が役員だった時も苦労はしなかった。
息子の友達に声を掛ければ、すぐメンバーが揃ったからだ。
しかし、なぜか学生の参加は認められず、町内の野球好きのオッチャンばかりで何とかしのいだ記憶がある。
私はその旨を新役員さんに伝えた。
「それねー学生は出られないんですよ。お力になれなくて申し訳ありません」
すると新役員さん、キョトンとした声でこう言った。
「え?お宅の息子さん、学生じゃないですよね?あのね、学籍のない子は出られるんですよ。ぜひお願いします。」
なぬ?
確かにうちの息子は浪人生だよ。
ああ、学生だって勝手に思い込んでたけど、厳密にいえば予備校生さ。
そーか、そーなんだ。
浪人生は「学籍がない」んだ…。
愕然としながらも、それならばとお受けし、結果うちの町内はめでたく優勝したのであるが、ここで問題なのは、息子に学籍がなかった事ではなく、何で見知らぬ町内の人がうちの息子の浪人を知ってたかって事。
別に隠してはいないけど、そんなに声を大にして触れ回る事でもないし、私はごく親しい人にしか浪人の事実は言ってない。
にもかかわらず、いつの間に町内中に知れ渡っていたんだ?
そう言えば、以前も近所の人に「うちの夫は家の事を何もしない」みたいな事を言ったら、「あら?いつも庭いじりなさってるじゃない」と言われた事がある。
してるけども。
何で知ってんの?
うちの庭、外から見えないはずですが?
スパイだ…スパイがいるに違いない。
一応隠しカメラと盗聴器を探してみたが、どうもそういった類のものは見当たらない。
となると、考えられるのはただ一つ…



昨日、消してあったはずのパソコンがついていた。
画面には「パスワードが違います」の文字。
パソコンの横には、パスワードの解読にしくじったスパイRが何気なさを装って背中を舐めている。
やっぱりあんただったのね。
お兄ちゃんの浪人も、お父さんの庭いじりも、全部あんたが外部に漏らしてたんだね。
しかし一体、目的は何なんだ?






moblog_3d31c113.jpg
フッフ…
私の名はスパイR
目的は…特にない。









アラシのハナシ

ずっとキムタクファンだったが最近嵐の翔君へ心変わりした。
キムタクには大変申し訳ないが、もう彼は私が居なくても大丈夫。
ごめんね、キムタク。
ほとんど無名だったあなたに目をつけて、ここまで育てたのはアタシ。
え?違う?
ちなみにこの前私の友達も「小栗旬を育てたのは自分だ!」って豪語してましたけど?
これからはそっと陰ながら月9の成功を祈る事で、私から巣立つキムタクへのはなむけとしよう。
嵐を育てたのは残念ながら私ではない。
私とした事が、嵐に気付くのは世間がもう十分に彼らを認知した後だった。
それが残念でならない。
なんとなく「お、可愛い」と思ってはいたが、翔君が慶應ボーイだと知ったのが決定打となり、もう彼のとりこ。
あ、そう言う意味では水嶋ヒロも好きだが、彼についてはまた別の機会に…。
話は戻って嵐だ。
最近では彼らの出るバラエティー番組にもチェックを怠らない私だが、実は嵐の本業である歌はまるで知らない。
まぁキムタクファン時代もスマップの歌なんぞ「せーかいにひーとつ♪」ぐらいしか知らなかったのだが、その時はそれで、何ら困る事はなかった。
なぜなら、キムタク談義においては、その男前さを語るだけで良かったからだ。
しかし嵐は違う。
私の周りの嵐ファン(主に40代主婦)はこぞって「嵐は歌がいい」と言うのだ。
「歌は知らないけど翔君は好き」などと言おうものなら、「何それ?やだ!ミーハー…」と虫けらを見るように眉をひそめる。
彼女らは我こそはアーティストとしての嵐が好きなのであり、決してミーハーではないと思い込んでおり、あからさまに顔から入った私を許せないのである。
ま、私も大人だから、そんな事で争うのも何だし、それほどにまで言うならば、いっちょ嵐の歌聞いてみようじゃないの。
と、そんなわけでリスモからダウンロードしようと思ったのだが、あらまぁ嵐ってこんなに歌出してるのね。
どれがいいんだかわかりゃしない。
そこで先述の40代主婦軍団にお勧め曲を聞いてみると、速攻でメールが返ってくる。
いつもは「あ、ごめん、メール気付きませんでした」とか言って翌日返信ばっかのくせに、このときは早かったね、皆。
何人かのそれぞれ熱い思い入れのある曲を教えてもらい早速ダウンロード開始。
うまい具合に皆違う曲を勧めてくれたので、CD1枚分ぐらいは聞ける。
何てったって40代主婦お勧めの選曲なので、漠然とバラード系の曲が多いんだろうなと思っていたのだが、いやはや驚いた事にどれもノリノリのダンス系ばかり。
しかもちゃんとカラオケの事も考慮して、翔君のラップの入ってない曲ばかり選んである。
そういうとこ、さすが40代主婦。
そしてどの曲も、いい!
初めて聞くのに、いい!
曲もいいけど、歌詞もいい!
やっぱ嵐は歌がいいんだわ。
今までの私は虫けらだったんだわ。
もう私、自分の葬式の時も嵐の曲流して貰うことに決めましたから。
嵐って歌は知らないけど何かカッコいいとか言ってるそこのあなた!
歌、聞いて見て下さい。
ハマる事、請け負います。






moblog_4e70161f.jpg
うわっ!踊ってる…
見たくなかった…汗

忘れ物が教えてくれた3つの事

電車での忘れ物一位は傘である。
長雨が続いた今年の春、うちの娘が電車に傘を忘れて来た日のお話。


こんな事もあろうかと、安物の傘を持たせていたとは言うものの、放っておくわけにもいかず、一応忘れ物センターに電話をした。
電話に出た男は、のっけから機嫌が悪かった。
このところの雨で、同様の問い合わせが相次いでいるのであろう。
彼は「また傘かよ」と言う空気を受話器の向こうに漂わせていた。
それでも私は丁重に切り出す。
「あのー、すみません。今日の夕方傘を忘れた…」
最後まで言いきらない内に「何時何分?何両目?」と男がぶっきらぼうな言葉をかぶせてくる。
「6時過ぎに○○駅に到着の電車の4両目です」
「どんな傘?」
あくまでも不機嫌に男は聞く。
「どんなって…」
「色は?」
「えーと、色は…黒で、縁取りがピンクです」
「特徴は?」
「え?」
「特徴だよ、と・く・ちょ・う」
となめきった口調で更に問う。
「えーと…あ、持ち手の部分が細くて長くて、茶色の木で編んだような感じになってます」
これ、最大の特徴である。
やっとこの気分の悪い電話から解放される。
ところが。
「柄は?」
男に聞かれ、私はハタと考える。
その傘はつい最近、取り合えず安いからと言う理由で買った物だ。
かろうじて色は覚えてるが広げてじっくり見たわけじゃなく、柄なんて覚えちゃいない。
「えー柄…柄と言われましても…」
急に弱気になった私を男は見逃さない。
「柄あるでしょ?花柄とか、水玉とか。」
と何だか勝ち誇ったように畳みかけてきた。
「うー…そんな分かりやすい柄じゃなかったんですよね…たぶん細い線で全体に柄があったような…」
「困りますねーそんな曖昧な事じゃぁ渡せないなぁ」シュバッ!
ん?
シュバッ?
今シュバッって聞こえたんですけど?
明らかに傘開いた音だよね?
あんた今うちの娘の傘開いたよね?
開いてそれ見ながら電話してるよね?
「柄を言って下さい。柄あるでしょ?」
私には見える。
椅子にふんぞり返って、娘の傘を開き、ニヤニヤしているヤツの顔が!
「だから説明しにくい柄なんですよ、今そこにあるんですよね?あなたそれ何柄って説明しますか?」
とムッとしながら言うと、
「うーん、建物の柄…かな?」
「そう!それです!それ、間違いないです。うちの娘のです。すぐ取りに行きますからちゃんと保管しといて下さいよ!」と電話をたたき切り、夫に仕事帰りに取りに言ってくれるよう連絡し、事の顛末もざっと説明し私の怒りをアピールした。
何あの態度?
何様?
ほどなくして夫が無事娘の傘を持って帰ってきた。
夫が言うには忘れ物センターに傘は確かにたくさんあったが、黒でピンクの縁取りでしかも持ち手が細くて長くて茶色なのは娘の傘1本だけだったそうな。
それどころか、そもそも黒い傘がそれ1本だったと。
それならばあの男は何を一体あんなにも追及しやがったのか?
あー腹立つー!
夫は一応電話の対応が良くなかった旨言ってくれたらしいが、私の怒りはなかなか静まらぬまま迎えた翌日もまた雨だった。
夕方学校から戻った娘が小さな声でそっと言う。
「ごめん、また傘忘れた…」
えーーー!
また電話するの?
カッコ悪ぅ!
しかも同じ傘やし!
このまま知らん顔も考えたが、やはり元来の貧乏性ゆえ、それはできず,勝手知ったる忘れ物センターの番号を回す。
「あのー、すみません、6時過ぎの○○駅着4両目に色は黒で縁取りがピンク、持ち手が長くて細くて茶色の傘忘れました。あ、柄は建物です」と滑らかに伝える。もう手慣れたものだ。
電話に出た人は昨日の人とは違う声だったのでちょっとは救われたが、それでもやっぱりカッコ悪い。
職員の態度を注意したばっかりなのにまた取りに行く夫はもっとカッコ悪い。
渋々ながら再び傘を奪還して帰宅した夫。
「取りに行ったら昨日と違う人やったしホッとしたのに、受け取る時に「そういつも出てきませんからね、気をつけて下さいね」ってちょっと笑いながら言われたわ」だって。
忘れ物センターでうちの一家話題になってるよ!
カッコ悪すぎ!



怒りに任せて人を非難するのはやめましょう。
電車での忘れ物にはくれぐれも注意しましょう。
そして傘の柄はちゃんと覚えておきましょう。







moblog_687dd63e.jpg
エコバッグに入って電車ごっこを楽しむネコ

ダメ人間にも五分の魂

怒涛の1カ月を終えて、また暇主婦に戻ってしまって思うのは…
「私ってホントにダメ人間だわ」って事。
今までだってパートの口はあったのだが、「高校生に教えて貰うのなんかイヤやわ」とか、「ずっと立ちっぱなしはちょっと…」とか、何だかんだイチャモンつけてグダグダしてたし、今回みたいにやっと自分の理想の職を紹介してもらったのに結局「体が…」とか言って辞めちゃったし。
家計的にはこっちから頼んででも首をつないで貰わなきゃいけない状態なのに、ホント何やってんだか…
思い起こせば私って、昔からこんな感じだった気がする。
短大を出て、当時は短大出の就職先なんて掃いて捨てるほどあったし、特にやりたいこともなかったけど、まぁ親の勧めるままそこそこの会社に就職し、1年目のペーぺーでもボーナスなんて恐ろしいほど出た時代なのに「私のやりたいことはこんなんじゃないわ!」と青い事を言って1年で退職。
じゃぁ何がやりたかったのかと言えば、別に何もないわけで、バイトしながらブラブラと食いつないでた。
当時まだ「フリーター」なんて言葉もなかった時代にこれだもんね。
何だか根っからのプー体質って言うか、要はダメ人間…
先日も娘に「お母さんって何か特技あんの?」と聞かれ絶句。
ないわ、マジ。
昔はお稽古ごとなんかもやたらとしてたけど、どれも別に進んでやってたわけじゃなし、何一つ身につかず、これといった特技なんて何もない。
あーあ、落ち込むわー
て事で、こんなダメダメな私が1カ月も頑張ったご褒美第2弾
ケータイ買いました~
とにかく写真が綺麗に写るのが欲しかったのよ。
被写体は勿論この方でーす!






moblog_1981ff8b.jpg




あれ?
今までとあんまり変わってない??
おかしいなぁ…





moblog_eabaed33.jpg
特技のないダメ母に娘から「母の日プレゼント」





moblog_ad3b95d1.jpg
アップにすると…
新ケータイにつけるわね~
でもこの下2枚は前のケータイの写メなんですが、こっちの方がキレイ??
いやサイズの問題??
皆さんどれくらいのサイズで写真撮ってるんですか?

しつこいようですが…

まだ「仕事ネタ」引っぱります。



四月も後半に差し掛かった頃から、私は一つの目標をたてた。
家の近所に美味しいケーキ屋さんがある。
「この1カ月を乗り切ったら、最終日にそこで一人でケーキセットを食べて帰ろう」
たかが1カ月ぐらいで何を言うかと言われようとも、これは毎朝登校拒否児童のようにお腹痛くなりながらも頑張った自分へのささやかなご褒美だ。
ケーキセットぐらいいつでも食べりゃいいようなもんだけど、実際仕事に通ってる間は休みの日でも友達の誘いを断るくらい疲れ果てていたのだ。
毎日毎日カレンダーもこんな感じで




moblog_f131a692.jpg




バツ印をつけながら「ケーキセット」へのカウントダウンを心の支えにしてたのだ。
そしてついについに、最終日。
意気揚々と地下鉄を降り、地上に出ると、なんと雨が降ってるではないか!
えーー洗濯物干してるよーー
それでもまだ小降りだったのでケーキ屋に走り、仕方ない、買って帰ろう。
私は悲しい主婦なんだ。
で、走って帰って洗濯物取り入れて、やっとティータイム。
お店で優雅に…の予定は狂ったが、まぁそこは目をつぶろう。
お店にはこんなおまけはついてないしね。





moblog_45813729.jpg
チェックチェック…
お母ちゃんまさか2個も食べる気?byおまけ





当たり前よ。
食べるわよ。
これはご褒美なんだから。




じゃ、ボクからもご褒美…





moblog_99cedc85.jpg
どう?
気に入った?






うん!
いい足だよ、ライアン!
クレープの上に乗ってる生クリーム一緒に食べようね。
たった一つの(二つの)ケーキと、ちっちゃな生き物のおかげで、母はまた次の仕事を探すべく、頑張るのであった。




学ぶべき事は他にあるだろ!

やっと終わった。
何がってお仕事よ、お仕事!
あれだけ何が何だかわからなかった仕事内容が、不思議な事に辞めるその日になって「あ、こういうことなのね」みたいに急に理解できたりするんだな、これが。
そうなるとちょっと後ろ髪引かれるけど、いやいや、いかんいかん。
体もたないから!
歳なんだから!
この1カ月、曲がりなりにも社会生活に身を委ねた一人の主婦が、仕事から何を学んだのか?
今日はそれをまとめてみよう。



一、通勤電車の発車合図がもっさりしすぎ!
私の通ってた沿線は♪チロリロリン~チロリロリロリロチロリロチロリロリ~ン♪と言った何ともおっとりとした琴の音が発車の合図なのだ。
何だかねー。
京都だしぃ、ジリジリベル鳴らすのも風情がないしぃ、適当に琴の音でもならしときゃ観光客とか外人とか喜ぶんじゃね?みたいな上の人たちの意図が見え見えで何かしっくり来なかったなぁ。
第一「乗り遅れたらヤバイ!」みたいな状況の時に、チンチロ言われても急ぐ気にならないし…
あれ通勤時間帯はやっぱりジリジリ鳴らそうよ。
風情はこの際いいからさ。



二、冷凍食品は意外と美味しい。
かれこれ何年も子供のお弁当を作り続けているが、自分でそれを食べた事はなかった。
今回私もお弁当持参だったので、初めてお弁当用冷凍食品と言うヤツを食べたのだが、これが案外イケる。
何だこれなら冷凍食品ばっかり詰め込んでる私って母親としてどうなの?とか自責の念に駆られる事なかったんじゃん。
冷凍食品バンザイ!




三、職場では不条理は当たり前。
ある日の朝礼で上司が「失敗は皆の失敗と心得よ。犯人探しはするな」みたいな事を言った翌日、お客様から「子供が大きな声を出したら職員に怒られた。子供が騒ぐのは当たり前だ」というクレームが投書箱に入っていた。
すると次の朝礼で、先と同じ上司が「一体誰だ?お客様の仰る通りだ!誰が言ったのか追及する!」だって!
「今度からちゃんと名指しで注意して頂けるよう名札を大きくするよう検討する」ってオイオイ!
思いっきり犯人探しやん!
科捜研もビックリやん!
でも誰も突っ込まなかったですね。
皆神妙に聞いて、後で「あなたが言ったんじゃないわよね?」みたいな確認してたし。
大人の世界って不条理だわ。
もう盗んだバイクで走りそうになったわ。




あれ?
何かロクな事学んでなくね?







moblog_c7ae047b.jpg
これからまた母ちゃんが毎日いるのか…
一段と構ってくるに違いないから隠れよう!

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。