ハチ

テレビでハリウッド版「HACHI」を観た。
いやぁ、泣けた。
ハリウッド物には辛口の私だが、これには参った。
飼い主役のリチャード・ギアが出先で亡くなるその日、ハチにはわかっていた。
その日の朝のハチの行動には、その前から伏線があって、観てない方のためにそこは言えないけど、あぁ!ハチ!お前は行かないでと言っていたんだね。
行かせまいと必死だったんだね。
その日から毎日駅で待つハチ。
もう大好きなリチャード・ギアは帰って来ないのを、本当は分かっていたのに。
それでもハチは毎日待つ。
雨の日も雪の日も同じ場所で待ち続ける。
10年の時が過ぎ、ボロボロに汚れたハチは、いつもの時間にいつもの場所で事切れる。
目をつぶったハチが、リチャード・ギアとの楽しかった日々を思い巡らすシーンはもう号泣である。
犬ってこんなに賢いんだ…
犬、最高!
ハチ、最高!
よし、今日からライアンをハチと呼ぼう。


翌朝、ライアン改めハチが私を起こしにベッドまでやって来た。
こんな事は今までにないので、不思議に思い起きて付いて行くと、猫トイレがひっくり返っている。
あぁそうか…
オシッコしようと思ったらトイレがひっくり返って困って言いに来たんだ。
見よ!
ハチに改名した途端のこの賢さ!
犬にかなり心奪われた私だが、しばらくは世界一賢くて可愛いうちの忠猫ハチ公との日々を楽しむとしよう。



余談だが、リチャード・ギアの吹き替え、北大路欣也だったんだよね。
ここはやっぱりハチの声やって欲しかった…
ま、ハチ、セリフないんだけどね。




moblog_3abdf23a.jpg
へぇ、ワテが世界一賢い忠猫ハチ公でおます。
揉み手揉み手…

やっぱこれだね!

例年どこにも出かけない我が家の夏の楽しみは、言わずもがな、「夏の甲子園」である。
地方予選の決勝戦もCSでチェックして、いざ、甲子園へ、心は高校球児に負けてはいない。
今年、私が一番注目し、応援していたのは、滋賀県代表の北大津高校である。
全くのノーマークで、新聞で事前に話題に上る事もなかったので、1回戦は何の気なしに観ていて驚いた。
その強さったら!
ナニ?この打撃力!
あれよあれよと18安打の大勝利。
一人だけ妙にちいさなピッチャーがまた凄い!
上投げ、下投げ、横投げを飄々と使い分け(しかもそんなに深い意味があるわけでもない感じ)何と甲子園に来てから新ボールを開発したとかナメた事をシレっと言う、なかなかのツワモノだ。
本人は勿論、並々ならぬ努力をしてるんだろうけど、画面で見る限りは、何だかやる気があるんだかないんだか…みたいな、相手をイライラさせて翻弄するようなタイプで、私は好きだったなぁ。
もう一人、私のイチ押し選手は2回戦で股間に打球を受けたキャッチャーY君。
治療の為試合中断後、颯爽と現れ復帰したんだけれども、あれ?明らかにモッコリ度がアップしてない?腫れてるよね?ヤバいよね?とハラハラさせられた。
しかもすぐ後の打席で何と1塁にヘッドスライディング!
見てるこっちが痛かった…。
しかしこのY君、続く3回戦で4打点の大活躍。
ここでチームは惜しくも敗退するのだが、Y君のまさに「金」メダル級の働きは讃えたい。
北大津が負けてしまって、私の夏もそこで終わった感があったのだが、大会終了後の学生選抜チームに何とY君が選ばれたのは嬉しかった。
Y君、くれぐれも股間にだけは気を付けてね。
さて、上投げ下投げの小さなピッチャーはまだ2年生だ。
来年更なる魔球を開発してまた甲子園に戻って来て欲しい。
でも彼、もう野球はやりきったから次はサッカーだ!とか思ってそうでちょっと心配。
何だか今までにないカラーのチームで、何故マスコミが注目しないのか不思議なのだが、私は北大津の面々に島袋君の球を打たせてやりたかったなぁ。
案外いい試合をしたと思うのだが、いかがだろう。






moblog_dd51b4ec.jpg
棒振り回して野蛮なスポーツにゃ。
母ちゃんはあんなモン見て何でいつも涙ぐんでるにゃ?
バカじゃないの?

HAPPY BIRTHDAY ~ライアンの独白

8月20日が近づくにつれ、うちの中に何となく落ち着かない空気が流れ始めた事に俺は気付いていた。
あぁ、また奴ら、何か企んでやがる…







moblog_1a1bbb74.jpg
ウンザリなんだよ。
頼むから静かに過ごさせてくれよ。








その日は俺の4歳の誕生日だ。
奴らはどうせ俺の誕生日にかこつけて、何だかんだと無駄な買い物をして、挙句に自分用のケーキまで用意するに違いないんだ。








moblog_9c416417.jpg
なぜそれを??
これはママ用ラズベリーのホワイトチョコ仕立てロール♪








予感は的中だ。
その朝、このクソ暑いのに、俺は奴らの前に座らされた。






moblog_66afb619.jpg
何スか?
俺、こう見えて忙しいんスけど。








おい!
わかった。
歌はいい。
バースディソングはいいから!
早くその後ろに隠してる物を出せ。
どうせくだらない物だろうけど、そのスーパーの袋は嫌いじゃない。







moblog_54ec29bc.jpg
取りあえず入る。
「お約束」ってヤツだ。








ワケのわからん歌がやっと終わった。
「ジャジャーン」とか大袈裟に言いながら何か出てきた。
何だ?
こんなモンで俺が喜ぶとでも思ったのか?







moblog_3d31c113.jpg
何じゃこりゃ??
気味悪りィんですけど!







いや、怖がってるんじゃないからね。
バカ言わないでくれたまえ。
怖いワケねーし!
こんなモンお前、アレだよ。
俺に言わせりゃ屁みたいなモンよ。







moblog_b8970af9.jpg
いや、だからビビってないって!
俺、体最初っからこんな感じだし。
おじいちゃんミニチュアダックスだし!









うわ!何だ?
カシャカシャ音がするぞ!







moblog_deb30cff.jpg
べ、別に大した事ねーじゃん。
アハ、アハハ…








どうせ「猫ちゃんの大好きな音が鳴ります」とか言う謳い文句に飛びついたんだろう?
そんなモンお前、そりゃ余所の猫ちゃんは知らねーけどよ、俺はアレだよ、こう言うのは苦手っちゅーか、いや、怖いんじゃないって言ってんだろ!
とにかく、猫なら誰でも喜ぶと思ったら大間違いなんだよ。
人間の思い込みだよ。
過大広告なんだよ。
ジャロに電話すんぞ、コノヤロー。







moblog_761eda84.jpg
ふぅー、ま、今日はこんくらいで許したろ。







お?今度は何だ?
いい匂いじゃねーか。
これだよ。
俺はこう言うのだけでいいよ。
何だよ?
余計な物刺すなよ。







moblog_6d1cb482.jpg
4反対向きだし!







どうせ猫友さんの真似だろ?→
いいんだよ、火なんかつけなくていいよ。
危ねぇから。
ウン、うまい!







moblog_1d55416a.jpg
いつもこう言う「噛まなくていい系」の飯にしてくれよな。







あーうめー。
ん?ちょっと一気食いしすぎた…
吐きそう。
さっきから母ちゃんが「もう!ろうそくの火点けて写真撮りたかったのに!」ってカッカしてるからしゃーない、機嫌取りに行くとするか。
母ちゃーん、あ、ゴメン、吐く…
オエェ~~





あぁスッキリした。
あれ?奴ら雑巾がどうのって喚きだしたぞ。
ま、いいか。
そろそろ寝るわ。
あ、さっきの変なので寝るわ。
これ、二度と遊ぼうとは思わへんけどな。
じゃ、お休み。
誕生日って疲れるわ…








moblog_004f5c98.jpg







何て思われてようが、私達家族は、キミがうちの子になってくれて、無事4歳を迎えてくれて、とってもとっても嬉しいです!
ライアン!大好きだよ!



真夏の悪夢

すっかりさぼっておりましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
本日よりまたブログ復帰、夏休みの我が家の出来事を綴っていこうと思います。
まずは第1話目、身も凍るホラー?をお届けします…。




昼間一人で家に居る時、クーラーを点けるなんて事、私にはできない。
世間さまがこの暑さの中、仕事で汗を流してると言うのに、何もせず呑気にクーラーだなんて…きっとバチが当たる…と言う気がしてならない。
まぁ、本音を言うと、「電気代がもったいない」に尽きるのだが。

しかし、今は夏休み。
部活のない日は娘が朝からデーンとリビングに陣取り、何のためらいもなくクーラーを点けるのだ。
電気代と快適さの狭間で、私のガラスのハートはいつも悲鳴を上げている。
バチが当たる…きっとバチが…
で、でも…昼間っからクーラー三昧で寝転がって本を読むのがこんなに贅沢で気持ちの良いものだったとは…

その日も少々のやましさを押し隠し、ソファーに寝そべり本を読んでいた。
ふと気付くとポツポツと雨が落ちている。夕立だ。
慌てて飛び起き、洗濯物を取り込むため外に出た。
途端に土砂降り、雷まで鳴っている。
今日に限ってやたらと洗濯物が多い。
こんなに干した覚えないのに入れても入れてもびしょぬれの衣類がまだぶら下がっている。
おまけに普段洗った事もない大きなマルチカバーみたいなデカイ布も思い切り干してある。
こんなもの干したっけ?
てか、これうちのじゃない…
でもとにかく雨を吸って異様に重くなってるマルチカバーも何とか引きずり入れ、ホッとして外を見れば、何と雨はピタリと止み、雲間から太陽がギラギラと顔を出したではないか。
うっそー…
私はさっき取り込んだばかりの洗濯物の山をまた全て外に出した。
マルチカバーも、絶対これうちのじゃないし…と思いつつももう一度外に干した。
全て元通り。
疲れた。
ヘトヘトだ。
あぁ、でも私にはクーラーの効いた部屋がある。
再びソファーに寝転がり、読みかけの本を開くと、何だか眠くなってきた。
あんなに働いたんだもの、ちょっとひと眠りするか…
と、そこで目が覚めた。
そう、私は夢の中でセッセと洗濯物を入れたり出したりしてたのだ。
何てこった。
ちっとも昼寝の爽快感がない。
それどころか、疲労困憊だ。
起き上がると、腰は痛いし、のどは痛いし、鼻水はズルズルだし…
やっぱり昼間っからのクーラーでバチが当たったんだ。
気を取り直し、私はさっき散々やったはずの洗濯物を取り入れるため外に出た。
ちなみに洗濯物は普通の量、マルチカバーはありませんでした。
雨に降られる事もなく気持ちよく乾いた洗濯物をクーラーの良く効いた部屋に取り込み、ホッと一息。
あれ?何だか眠くなってきた。
ウトウトしかけたその時、目が覚めた…。
オーマイガァァァーー





moblog_d9caf0e7.jpg
クーラー反対!
いつまでも寝てないで飯出せー!

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム