箱猫の季節

あれだけ暑く長かった夏がいつの間にか過ぎ去って、今度はあっという間に冬ですか?
秋は何処へ?
昨日、あまりの寒さについに今年初の床暖を入れました。
床暖と箱はセットだそうです。






moblog_d30fe47b.jpg
あ~ええわぁ~
たまらんわぁ~

1・2・3・ダァッー!

ブロ友さんのルイ&アイさんのブログで、「スーパーにおけるガキンチョの悪行三昧」について意見が飛び交っていて面白い。
床に寝ころんで泣きわめくなどは可愛い方で、ガツガツと試食品を喰い荒らしたり、落ちた爪楊枝を拾って元に戻したり、カートを押しながら店内を走り回る子なんかも多々いるらしい。
こんな子供はまさに「ガキンチョ」と呼ぶにふさわしく、大変嘆かわしい事だが、それにもまして、そんなガキンチョに全く注意をするでもなく、放置している保護者にこそ、大いに問題ありだろう。
私も先日、とあるスーパーで、強烈な母娘を見た。
まだ幼いその少女はまさに床にひっくり返り大声で泣きわめいていた。
傍らには綺麗に着飾った若い母親が、これまた物凄い大声で「ダメ!絶対ダメ!」と絶対的な拒否の態度を見せている。
あまりの騒ぎに、一体この子はどんなダダをこねているのかと、耳をそばだてると…
彼女、「ママー猪木やってぇー猪木やってぇぇぇー」と言っている。
ママ、やってんだろうね、家で。
思いっきりアゴ突き出して、「何だコノヤロー」とかやってんだ。
まさか公衆の面前でやるわけにいかないから、そりやぁ拒否るわな。
いやぁ、この母娘はなかなか良い。
楽しい家庭が目に浮かぶではないか。
このガキンチョは大丈夫、きっと良い大人になると、私はそっとその場を立ち去ったのであった。
それにしても…見たかったな、ママの猪木。






126636538012.jpg
俺も猪木できる!
どう?

怖いもんは怖い!

moblog_ad1babfc.jpg


めっちゃキリっとした顔で窓の外を見てますが…







moblog_19ae55e6.jpg



最終的にはこの位置まで下がってしまいました。。



そう、電線のスズメ軍団に怯えるライアンさんです。
しっかりしろーーー!





moblog_4151659e.jpg
今日も結構頑張ったにゃ♪

いつになく真面目なライアンです

近所のケーキ屋さんで、






moblog_14ebabbb.jpg



こんなの食べました~
チョコのシッポもついてたんだけど先に食べちゃった!
これ、中のかぼちゃプリンが濃厚でとっても美味しかったです。
ちなみに後ろに写ってる柚子わらびもちと、もう1個ケーキがついてドリンクとセットで1400円でございます。
お得でしょう?
お昼食べた後で結構お腹いっぱいだったのに思わず注文してしまいました。。






moblog_cbb6082b.jpg


帰りに容器くれました!
可愛い…♪





ーおまけー
moblog_8f55f29c.jpg


新しいお友達。
バンビちゃんでーす。
わかります?
中央奥です。
鹿もいたとは驚きでしたが、民家へ降りてこないよう祈るばかりです。







moblog_aa6d9558.jpg
人間は勝手な生き物にゃよ。。
鹿も熊も一生懸命生きてるだけにゃ。
射殺はあんまりにゃ。
しかも死んだ熊をテレビで大写し…
人間が一番怖いにゃ。



友達できたよ!

moblog_43e9711c.jpg


たくさんの鴨さん。
名前を付けたいが誰が誰だか…







moblog_f745e9cf.jpg


ちょっと分かりにくいですが、木の股の所に白猫さんがいます。
いつもこの場所にいるんです。
「きーちゃん」って呼んでます。
いつも木の上にいるから「きーちゃん」です。







moblog_73bd0a1f.jpg


鯉の集会所?
ここを通る時は緊張します。
落ちたら絶対喰われるよね?







moblog_2e028d95.jpg


わかりますか?
鷺がいます。
この子もいつもこの場所にいるんです。
「オレオレ君」と名付けました。





この子たちに会うのがまた楽しくて、
ウォーキング、続いてます。






moblog_4680605d.jpg
かーちゃん、頑張れ~
俺は寝る。。

面接

軽いノリでやって来た面接会場。
通された部屋には何と3人の面接官が物々しい雰囲気で待ちかまえていた。
ジロリとメガネの奥から一瞥され、もうそれだけでビビってしまう。
3人の面接官はかなり執拗に私を質問責めにした。
私はもうシドロモドロ。
「希望勤務時間書いてませんけど、いつでもいいんですか?」
きたきた、早速そこ、おいでなすったよ。
しかし、ハテ?ここで「いや実はなるべく楽したいんですよ」って言っていいものなのか?
わからない。
わからないからつい、「はい、近いですから」と答えてしまう。
「それは助かります」
ヤバい。ヤバいよ。
どーするよ。
これがもう船長釈放しちゃったくらいの失態となり、完全に面接官に主導権を握らせてしまう事になる。
「実は今回、パートさん以外にチーフやってくれる人募集してるんですよ。どうですか?」
いやいや、どうですか?って言われましても…
イヤです、絶対イヤ!
心ではそう叫んでいるのに、何故か曖昧な笑みを浮かべていまう私。
「いやぁ、立派な学歴と職歴をお持ちだ。あなたのような人にチーフやって貰いたいんですよ」
いやいやいや、おかしいよ!
履歴書よく見てよ!
その学校今はもうないんだよ。
その職場も1年で辞めてずっとプーなんですけど!
パ二くる私を尻目に彼らはにこやかに、「じゃぁまた後日連絡します。いやぁ良かった。正直パートさんの応募は殺到してましてね、こちらとしてはチーフ探してるんですよね」
ってオイっ!
はめられたー
罠だー
人一倍怠け体質の私なのに…
体の半分「怠惰」で出来てるのに…
チーフって何?
どーする、私?
しかし先日ついにチーフ採用の通知を受け取ってしまった。
ええい、こうなったらしょうがない。
やるしかない。
私がチーフになったからには日本一の店舗にしてやろうやないかい!
そう、私の体の残りの半分は、「開き直り」で出来ているのだ。

そんなわけで実質11月半ばぐらいからになると思いますが、またまた仕事に出る事になりました。
今度はなるべく続けたいです。
あ、私の事は今後チーフと呼んで下さい!笑





moblog_ae025add.jpg
ボクはカップ麺保管庫のチーフやってます。
キリッ!

履歴書

またパートに出ようと目論んでいる。
ついこの前、たった1カ月の短期パートで撃沈したクセに、だ。
だって息子がロートだしぃ、何かとお金がかかるんだもん。
いよいよ10月に入り、センター申し込みも始まるし、あぁまた蘇る…受験料だけでウン十万!
それに今回私には、2年後のスマップツアーで全国を飛び回ると言う新たな使命も加わった。
そのためにも、まずは「お金」である。
毎週日曜日に入る求人広告に隅から隅まで目を通す。
たいがい「これは遠いし無理」とか「これは時間的に無理」とか、何だかんだイチャモンを付けて、最初の一歩が踏み出せずに頓挫するのだが、先日ついに、これは…と思える広告を発見した。
まず、何より家から近い。
そして新規オープンの店舗。
これ案外重要ポイントなのだ。
私は意外と、出来上がったグループの中に溶け込めないタイプだったりする。
で、このたびついに、履歴書を持って面接の運びと相成った。
しかしこの履歴書と言うヤツ、かなり厄介なシロモノである。
前の短期パートの時にも確か履歴書は書いたはずだが、いざまた書くとなると、ハテ?どうやって書くんだっけ?
とペンが止まる。
そもそも面接に行って顔を突き合わすと言うのに、わざわざ履歴書を持って来いってのは如何なものか?
恐らくは直接聞きにくい学歴だとか、職歴だとかを知りたいんだろうけども、学歴ったってアナタ、こちとら最終学歴何十年前だと思ってんの?
それに、私の出た短大は今は4年大に吸収されてもう跡形もないんですけど?
そんな学校名書いて何か意味あるんスかね?
そこへもって来て「職歴」だ。
こいつがまた私を混乱させる。
そりゃあ確かに、遠い遠い昔に新卒で就職した覚えはありますよ。
でも1年で退職したのよ。
ええ、持って生まれた怠け体質ゆえね。
その後はブラブラバイト生活で、結婚後は更に自堕落三昧、それを一体どう書けと言うのだ?
まともな職は1年で辞めて後はダラダラしてましたって書いて何かメリットあるのか?
悩んでいてもラチが開かないので取りあえず適当に、こましなバイト先を2・3書いてお茶を濁す。
次に希望の勤務時間を書く欄がある。
ここは本当は「週に2・3日の2・3時間、娘の学校行事の時は休みます」と書きたいのだが、実はつい先日、自分の会社でパート募集をした事がある友人から、勤務時間をとやかく指定してくる人は問答無用で落とすと聞いたばかりだ。
根が正直者の私としては非常に胸が痛むが、ここは嘘八百、いつでもоKです!と書いておく。
この小さな嘘が、後に悲劇を産む事になるのだが、この時の私はまだそれを知らない。
そして通勤所要時間。
ここは自転車で5分!と強調し、暗に「交通費かかりませんよ、私を雇うとお得ですよ」としっかりアピールする。
やっと書き終えた頃にはヘトヘトだ。
これを書く間の時給を貰いたいぐらいである。
だがまだ履歴書の恐怖はこれだけでは終わらない。
最後の難関、それは顔写真だ。
履歴書用の写真って何でああ犯罪者っぽくなるんでしょうね?
あのボックス型の自動で写真撮ってくれる機械、あれに拠っても写りに差が出るらしいので、わざわざ綺麗に写ると噂のボックスまで撮りに行くも、出来上がった写真はえ?誰これ?私じゃないし、みたいな出来で、だからと言って何度も取り直すのも勿体ないので、泣く泣くその場末の賭場の女将みたいな写真を張り付ける。
かくしてやっと準備は整った。
あとは面接の日を待つばかりである。

つづく…





moblog_9901d7bf.jpg
男の履歴書は顔に刻まれる…
決まったナ…♪




今日はコメ欄は閉じさせて頂きます。
次回面接編と続けて読んでね~!

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム