オチは皆さんの想像通りです

少し前に腰痛を再発し、整骨院に通っている。
人生初ぎっくり腰になった時お世話になったあの病院だ。
その頃は先生が一人で切り盛りしてたのに、今回久しぶりに訪れると、先生が増えていた。
それも二人、しかも若い。
なにげにジロジロと観察する。
一人はごっつい体格で、いかにも柔道やってます的な若者。
この人に整体して貰ったらきっと力強くて気持ちいいだろうな…と感じさせるタイプ。
もう一人は華奢で色白、力あるの?って訝しく感じるほど線が細い。
でも、私は断然こっちのひ弱君の方が気に入った。
なぜなら、彼はイケメンだからだ。
この人に背中揉まれたらちょっと照れちゃうかも。
でも私の担当は院長先生だから、大丈夫。
院長は全然イケてないけど、腕は良いので私は満足している。
やっと私の名が呼ばれ、ベッドにうつ伏せになり先生を待つ。
やってきた院長は何を思ったか、突然こう言った。
「今日は新しい先生にraipiさんの体を覚えて貰います」
えぇぇーーー!
いやん、まだ心の準備が…
「体覚える」って言い回しもどうよ…
一瞬にしていろんなことが頭を駆け巡るが、なんせこちとらうつ伏せ状態、顔を上げることもできずなすがまま。
すると人の気配が変わり、「raipiさん、初めてですけど、よろしくお願いします」となんとも初々しい、か弱い声がするではないか。
あぁ間違いなくイケメンの方だ。
何だか妙に緊張する。
ここに来る時はリラックスできるようにウエストもユルユルのズボン(ジャージ)で来るのだが、あぁ、それが恥ずかしい。
先生、私いつもはこんな女じゃないんです。
常にジャージでだらしなく過ごしてるって思われたらどうしよう。
気もそぞろの私の背中を、イケメン先生がソロリと押し始める。
え?
何?
弱いんですけど。
全然気持ちよくないんですけど。
でもまぁしょうがないか、イケメン先生は非力そうだったもの。
イケメンってのは大抵そんなものなのよ。
多くを望んじゃダメダメ。
それしにてもユルイ。
これじゃライアンのグーの手で押してもらう方がナンボか気持ちよいわ!

やがて施術が終わり、いよいよイケメン先生とご対面。
うつ伏せでボッサボサになってる前髪を気にしつつ、笑顔で振り向くと、そこにはごっつい体の柔道先生が立っていた。
お前やったんかーい!






♪キック
お揉みしましょうか?
クイクイ♪














スポンサーサイト

ゲームは1日1時間にしましょう

仕事を始めてからすこぶる体調が悪い。
思い起こせば、3月末からずっとどこかしら不調だ。
風邪をひけば長引き、めったに出ない熱が1カ月に2度出たりするし、それがやっと治ったら今度は声が全く出なくなったり、あげくに腰痛でヨボヨボだし、持病の頭痛は頻発するし、たまに快調に目覚めて歯を磨くと、口内炎ができていたりする。
最近では肩こりに加えて、親指の付け根や腕に常に鈍痛が走っている。
元々怠惰な性格な上に、考えたくはないが更年期にも差しかかってるわけで、「働く」という行為自体がしんどい、そんな私の目下のストレス解消法、それはケータイのゲームである。
子供が小さいときから、ゲーム禁止令を出していたゲーム反対派の私にとって、ほとんど初体験に近いケータイゲーム。
面白いんだな、これが。
もちろんケチな私ゆえ、無料でダウンロードできる超単純なゲームしかやらないのだが、なかでも今はまっているのが、ポップスターというゲーム。
これは同じ色のブロックを消していくという、「ぷよぷよ」をもっと簡単にした感じのゲームで、ちょっとした暇つぶしに持って来いなのだ。
これ、自己ベスト得点がその都度更新されて表示されるのだが、私はちょっと驚くべき高得点をたたき出している。
この前たまたま電車で隣の女子高生がそのゲームをやっていて、チラッと見ると私の足元にも及ばない点数が表示されていて、密かに勝ち誇ってしまった。
試しに息子に同じゲームを無理やりダウンロードさせてやらせてみたが、ゲーマーの彼でさえ、私のハイスコアには及ばない。
こうなるともっと高得点を出してやる!と意地になり、暇さえあればゲームに興じる始末。
あれ?もしかして指や腕の痛みはそのせいかい?
最近目も霞んでよく見えないのも、もしかして?
まぁそれも致し方あるまい。
快適に仕事に励むためには、ストレス解消が必須なわけで、ストレス解消のためのゲームであちこちが痛くなり、それでは仕事に支障が出るから毎日マッサージに通い、マッサージに通うにはお金がかかるから仕事に励む。
うん、間違ってない。
今日も朝からマッサージ行って来たし、もうちょっとスコアを伸ばしてからお仕事行ってきます。
間違ってない…よね?





お勉強ライアン
ゲームやってる時間なんてお前にはないぞ!
はい、次!この漢字書いてみろー


はい!先生!(ゲーム禁止令を今も出されている娘と、家庭教師ライ先生)






プチ異文化交流

私が勤める駅中コンビニは、京都という土地柄のせいか外国人のお客さんが多い。
先日、年配の白人男性がやってきて、ペットボトルのお茶を前に真剣な表情で悩んでいた。
「MayIhelpyou?」とそれっぽく尋ねると、「これとこれ、どっちが新しい商品ですか?」と流暢な日本語で返された。
不思議なもので、相手が普通に日本語喋ってんのに、なぜかこっちは「これとこれ?あーこっちね!こっちニューね!」とか片言になってしまうのが悲しい。
男性は「新しいお茶は放射能が心配です。私は震災前のお茶を探しています」と言った。
「ティー、リーフ、グラグラ煮るね。放射能ナッシングね。しかもこれ宇治茶ね。全然OKよ」と身振り手振りで説明したが、「風評被害」はうまく伝わらず、結局彼は以前からある銘柄の宇治茶を買って去って行った。
うーん、やはり英会話はやっておくべきかななどと思っていると、またまた夫婦連れの外国人がやってきた。
二人はあーでもない、こーでもないと、傘を物色している。
男性のほうがレジにやってきて、「これはいくらだ?」と英語で聞いてきた。
すると何を思ったか、私の隣の若いアルバイトの子が「ファイブファイブオー」と言ったのだ。
男性は一瞬目が点になり、次の瞬間「ファイブファイブオー?ワーハッ八!」と大笑い。
え?ウケた?
なんで?
あんなのがウケるんだ。とちょっと悔しい思いでいると、今度は奥さんのほうが「もっと安いのはないのか」と英語で聞いてくる。
「あ、こちらのほうが500円ですのでちょっと安いですね」と一応身振り手振りで答えると、「私たちは英語はよくわからない」と言いだす。(もちろん英語で)
「どちらのお国の方ですか?」と尋ねると(一応英語で)、夫婦声をそろえて「メキシコ!」と言った。
「メキシコだからね、言語はスパニッシュなのよ」
あーそうなんだ。
ここはスパニッシュネタで何か言わねば…と考えていると、さっきの若いアルバイトが、指で角を作って牛を演じながら、「スペイン!闘牛!闘牛!」と言った。
クソッ、また先を越された…と思いきや、さっきまで陽気に笑ってたご夫婦が急に真顔になり、「ノー!スペインでなない。私たちはメキシコよ!」(しかもスペイン語で)と睨みつけるではないか。
そうか、メキシコ人に闘牛って言うのは日本人にキムチって言ってるようなモンなのか。
と言うより、この怒り具合から見ると、関西人に「ジャイアンツファンですか?」って聞くぐらいのタブー感なのかもしれない。
よし、名誉挽回、何かメキシコ的な事を言わなければ…
でも何も浮かばない…
メキシコ人夫婦は急にテンションが低くなり、傘を元に戻して帰り支度を始め出す。
いかん。
何か言わねば。
焦って思わず叫ぶ。
「タコス!」
すると、背を向けていたメキシカン夫婦がクルリとこちらを向き、「オーイェーイ!」とニコニコ顔になり、傘を4本もお買い上げの上、ご機嫌でお帰りになった。
そうか、タコスが正解だったんだ。
やっぱり関西人も、知らないよその国で「タコヤキ!」とか言ってもらったら嬉しいかもな。
何はともあれウケて良かった。
英会話だけでなく、スペイン語も習ったほうがいいかなと、今日もオバサンは日本の国際化を図るため、慣れない店員生活を続けるのであった。






満足♪
う~ん、メキシカ~ン♪



お久しぶりのお話が人の離婚話ってどうよ?

三谷幸喜さんが離婚した。
その一報を聞いてまず思ったのが、猫と犬はどっちが引き取ったのか?と言う事。
どうやらそれが気になったのは私だけではなかったらしく、先日新聞連載中のエッセイの中でその件が詳しく書かれていた。
結論から言うと、犬の「とび」は三谷さんのもとに残り、猫の「ホイ」と「ペー」は奥様が連れて出て行ったそうな。
三谷さんは元々は猫嫌いで、結婚時奥様が猫連れだったため仕方なく一緒に暮らし始め、段々猫の虜になっていった典型的「猫マジック嵌り型」である。
その、元からいた2匹の猫と徐々に心を通わせ、ついには長寿の2匹が天寿を全うするまでのお話も先のエッセイに詳しい。
ホイとペーはお二人の結婚後、やってきた猫である。
2匹とも確か三谷さんが拾ってきたのではなかったか。
特にホイは三谷さんに懐いていて、きっと三谷さんの元に残るだろうなと思っていたのに、奥様が連れて行ってしまったのには驚いた。
三谷さんはホイと別れる前の晩、ホイを抱いて寝て夢を見た。
夢の中でホイは「新しい家に行ったら毎晩鳴いて馴染めないふりをして、必ずやここに帰してもらう」と、人間の言葉で力強く三谷さんに誓ったらしい。
三谷さんはその言葉を信じて今もホイの帰りを待っているのだが、当のホイは引っ越し初日から新居が気に入って、快適に暮らしているらしい。


うちがもし離婚したら…
子供はともかく、ライアンは絶対に私が引き取る。
その場合、悪いけど、私がライアンと出て行くのではなく、夫に速やかに出て行って貰う。
私は住み慣れたこの家で、ライアンと一緒に仲良く楽しく暮らす。
やがてはもっとたくさんの猫を引き取って育てよう。
生計は、空いた部屋を改造し、下宿屋を始めて賄う。
そして私は、厳正な面接を突破した向井理バリの男前ばかりの下宿生と、可愛いたくさんの猫に囲まれ、静かに楽しく余生を送る。
うん、理想的。
三谷さんの奥様も、今とってもワクワク状態なんだろうな。
だからホイにもその楽しいパワーが伝わって、父ちゃんとの約束を忘れさせてるに違いない。
三谷さん、負けずに前向きに、これからもどんどん面白い映画や舞台を創って下さいね。
残ってくれたとびちゃんに、「母ちゃんちに行くー」と夜な夜な鳴かれない事を祈ってます。






どやっ!
向井理バリの男前ってオレ様の事?












FC2カウンター

プロフィール

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム