妄想もほどほどに

うちの暖房器具は主にガスファンヒーターである。
リビングには床暖房も設置してあるので、冬はその二つの暖房だけで充分しのげる。
しかし、あろう事か、うちのリビングにはガスの口がない。
ファンヒーターは隣の和室の口からグィーっと伸ばしてきたガス管の先でやっと温風を吹き出す。
和室とリビングの間には当然扉があるわけで、ガス管も当然そこを横切っている。
つまり、冬の間ずっと、我が家の和室とリビングの間の扉は、ガス管の幅だけ開いているのだ。
何が悲しいって、隙間風ほど悲しいものはない。
毎年、ガス管分のほんのわずかな隙間風に、私達家族は耐えてきた。

そんな昭和枯れすすき風の冬に今年ついに別れを告げる事になった。
リビングにガスの口を設置したのだ。
いやはや、そんな簡単な解決法になぜ五年間も気付かなかったのか。

工事の日、ガス屋のお兄さんはいとも簡単にリビングの床に穴を開け、こう言った。
「床下潜らせてもらいますね。」
床下収納庫をパカッとはずすと、そこにはいかにも猫が好きそうな暗い空間が広がっていた。
これ、ヤバいんじゃないか?
ここにライアンが飛び込んでしまったらどうやって助けるよ?
懐中電灯を片手に這いつくばったまま床下に入り込んだお兄さんの背中に聞いてみる。
「あのぉーここ閉めちゃっていいすか?猫入ったら困るんで」
今や足の先さえも見えないお兄さんが、暗い床下からくぐもった声で「えぇー!勘弁してくださいよ」と叫ぶ。
「閉めないてくださいよ!お願いしますよ!」切羽詰まった感じの声に、渋々了解し、じゃあ見張っとくしかないなとパックリ空いた穴の前に座り込む。
ガサゴソと進むお兄さんの気配が段々遠のき、やがてシーンと静かになった。
うちの床下収納庫からガスの口設置点まではかなりの距離がある。
これ、もし途中でお兄さんが息絶えたりしたらどうなんの?
いや、まさかそんな…
でも妙に静かだ。
頭の中に「いえ、本当にさっきまで元気だったんです。」と、モザイクかかった顔でインタビューを受けてる自分が浮かぶ。
「お兄さーん」恐る恐る呼んでみる。
返事はない。
ヤバい。
やばいよこれ。
うちの床下で死なれたらどーするよ?私助けに行けないよ。
どうしよう?
知らん顔を決め込むか?
蓋を閉めてしまえば誰にもわからない。
でも、今後ずっと死体の上で暮らすってのもあんまり気分のいいものではない。
うーん困った。
と、程なくガサゴソと音がして、お兄さんが穴からひょっこり顔を出した。
「お帰りなさい!」
戦地から息子の帰還を迎える母のような私のウェルカムぶりにお兄さんはちょっと戸惑いながら「え?はあ、ただいま」と小さくつぶやいた。
何はともあれ無事にリビングにガスが通り、この冬からは扉をピッタリ閉めて更に暖か、ライアンも喜ぶってもんだ。
有難うね、お兄さん!
生きてるって素晴らしい。




猫心くすぐる穴



え?誰か来てたの?
心配しなくてもずっと気付かず寝てた世界一賢いうちの猫
スポンサーサイト

ショウキョ

その日は朝から雨だった。
夫は急に亡くなった親戚の葬儀のため、一泊で出掛けていた。
息子からも今日は遅くなるとメールがあったので、久しぶりに1人でゆっくり買い物に行こうと街に出た。
雨はまだ降っている。
初秋だというのに、粘つくように空気が重い。
買い物は思うようにはかどらず、気が付くと時計の針はもう夜に差し掛かろうとしていた。
急いで家に戻ると留守番電話のボタンが点滅している。
再生すると、図書館から予約した本が入ったと言う伝言だったので、いつものように、一回聞いてすぐ消去ボタンを押した。
受話器の画面に「ショウキョシマスカ?」と言う文字が出たので、続けて決定ボタンを押す。
しかしどうした事か、再びさっきの録音が流れ、画面は「ショウキョシマスカ?」のままである。
何度やっても同じだ。
だんだんイライラしてくる。
その時に気が付いた。
最近図書館に予約なんかしていない。
以前はネット予約を頻繁にしていたが、携帯電話を変えてからはアドレス変更が面倒で、ずっと予約もしていないはずなのだ。
いつまでも「ショウキョシマスカ?」と聞いて来る受話器に、少し気味が悪くなり、「消去してよ!」と叫びながら決定ボタンを押し続けた。

「ただいま」
夜遅くなって息子が帰宅した。
灯りはついているのに、リビングには誰もいない。
あれ?今日のお葬式はオヤジだけ行ってると思ってたけど、おふくろも行ってるのかな?と、さして気にも止めず、彼はリビングに転がっている受話器を拾い上げ、元に戻した。

受話器の画面に「ショウキョシマシタ」の文字が浮かび上がっている事に彼が気付くはずもなかった。





こぇーよ!

いやいや、あんたも背後霊ついてるよ!!


このお話しは途中までホントです。
どうしても消えない「ショウキョシマスカ?」が怖くなって、また妄想が膨らみました。
「これ、最終的にお母さんがショウキョされたらどーしよー?」と怯える私の横で、娘が世にも奇妙な物語のテーマを口ずさむのでマジ怖かったッス

ディズニーさん、ごめんなさい

いやはや、毎度お馴染みではあるが、うちの息子にはマジ、驚かされる事が多い。
今回は多くを語るまい。
息子が友人同士で、「絵がヘタな人選手権」を開催した際に、他者に大差をつけてダントツ優勝した作品がこちら…




ドラえもん









コアラ








そして極めつけ…

ドナルドダック









えぇぇぇぇーーー

猫になりたい

猫の手を借りたい、なんて事を言う。
一般には「何の役にも立たない猫にさえ手伝って欲しいくらい忙しい」みたいな時に使う。
これ、考えてみれば失礼な話である。
猫は本当に世の中の役に立っていないのか?
検証してみよう。

まず、言わずと知れた猫の癒し効果。
これは万人が認めるトコロであろう。
猫の寝姿、特に子猫の無防備な仰向けの寝姿などは、強面のお兄さんでさえ、立ち止まり「可愛い~」と言わしめる。
次に、彼らが無類の綺麗好きであると言うトコロ。
動物のいる場所は多かれ少なかれ、ほんのり臭いものである。
動物園を巡っている間ずっと香っている匂いから、ピンクの爪の小さなラブリー犬を飼っているお宅まで、多少の差はあれ、取り敢えず臭い。
ところが、猫は臭くないのである。
彼らのその体は、むしろ香しく、人々に陽だまりにも似た安らぎを与えてくれる。
そしてなんと言っても、1番の彼らの役立ちポイントは、人に媚びないというトコロである。
人間社会を見回してみるといい。
政治家はもちろん、会社や学校など、どんなコミュニティーでも人は皆、誰かに気を遣い、媚びながら点数を稼いで世の中を渡っていく。
そうする事で人は自分を守り、社会に迎合し、自分の居場所を見つけていく。
それに比べて猫はどうだ。
猫はたとえ飼い主であっても媚びはしない。
己の信じる道を、己の責任で突き進んで行く。
彼らは孤独を恐れない。
何と言う潔さ。
何と言う気高さ。
願わくば、猫の様に生きてみたい。
猫の様に、媚びず、美しく、仕事もせず、一日中寝たい時に寝て、食べたい時に食べ、ダラダラと何も考えずにヌクヌクとしていたい。
…あれ?
何かちょっと話しがおかしくなってきた?
と、とにかく!
猫はその存在だけで立派に世の中の役に立っているのである。
猫の手を借りたいなどと、今後は気安く言って欲しくない。
「猫様、お忙しいでしょうが、どうかお手をお貸し下さいませ。」と言って下さい。




あー忙しい!
食事だって子供負ぶったまましてんのよ!
手なんて貸せないわ!
忙しい忙しい…

スマホから初投稿

この前まで暑い暑いと汗を吹き出して家事をしていたのに、朝晩は寒さに震える今日この頃。
一体どうなってるの?

元々春と秋が大好きで、夏も冬もキライなタチだったが、ライアンと暮らすようになってからは、冬がちょっとだけ好きになった。
ライアンが私の布団で寝てくれる季節、それが冬だからだ。
夏の間は何故か夫のベットで寝るライアンは、寒くなると私の高級羽毛布団の方にやってくる。
私だけが使ってる高級羽毛布団。
それを知っているのはライアンだけ。
家族は誰も知らない。
今までは、底冷えする夜などは、少し後ろめたかったが、今は、私だけ高級羽毛布団で良かったと、寝ながらガッツポーズである。
ライアンの温もりと重みを感じて寝る幸せは誰にも渡したくない。

でも本当はね、高級羽毛布団がなくても母ちゃんと寝たいんだって思いたい

うん、本当はそうだって信じてる。
母ちゃんが好きだから母ちゃんと寝てくれるライアンのために、今夜もいそいそと、高級羽毛布団を広げる母であった。





ただ単に寒いのがキライなだけとは言いにくいな…
おーさぶっ!

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム