ハッピークリスマスマップ

オトコに高級ホテルをリザーブさせて
煌めくようなクリスマスを過ごす…
なんてことを過去にしたことがあったかどうだかもう忘れてしまったけれど、ここ十数年はとりあえず子供中心、私自身にサンタがやって来ることなどトンとなく、クリスマス?それが何か?みたいにどちらかと言うとクリスマスは忌嫌う方向で生きてきた。
今でこそ、子供にプレゼントはしないけれど(うちはサンタは小学校を卒業したらお亡くなりになる事になっている)それでも毎年一応唐揚げ作ったり、ケーキを予約したり、それなりにバタバタと忙しい。
そんな私に今年はサンタがやって来た。
そう、この私め、あのキムタクと共に聖夜を過ごしたのである!
ついついハイテンションになってネットで猫耳付きサンタ帽を購入し被ってしまったとしても、誰も私を責めることなどできはしまい。

そう、大阪で行われたSMAPクリスマスLIVE。
大阪なのに泊りがけプランを立て(ライブ終了が10時半なので、京都まで帰れなかったりするため)準備万端だったのだが、いやはやその前に新入り子猫を迎えてしまったのでもう大変。
私が留守にする間の子猫お世話一覧表を広告の裏6枚に箇条書きし、夫と娘に全てを任せ、楽しんで参りました。
キムタクは安定のイケメンぶりで、私のために(たぶん)クリスマスソングも歌ってくれたし、エアーウィーブ安眠プランでとった部屋でぐっすり眠ったし、翌日は大阪の猫友mikoさんに教えて貰った素敵な茶房でランチもいただけたし、誠に良きクリスマスイブでございました。
こうして今年最後のビッグイベントを無事終えて、後は新年を迎えるだけ。
皆様今年もお世話になりました。
来年も「寝ている猫は時々白目」ライアン、トリュフ、タルトをどうぞよろしくお願いします!





一心茶房のほっこりランチ。
お店ではお昼休みのmikoさんと遭遇。
私の変なテンションにも穏やかな笑顔で接してくれて有難う。



我が家では子猫達だけがサンタ対応年齢なので、これはサンタのプレゼント。
でもフリーターおじちゃん、遊んじゃってます。



スポンサーサイト

戦うライアン

常に新入り達にビクビクしていたライアンだが、最近ちょっとだけ攻撃をしかけるようになった。
どうやるかと言うと、床から少し高い場所に陣取り、下を通る新入りを上からバシバシ殴るのだ。
この場合、下を通る新入り達は何も悪い事をしていない。
ただ歩いてるだけだ。
それを上から襲うってのはどうかと思うが、まぁライアンの気持ちもわからないでもない。
ずっと長年自分だけが注目を浴びてのほほんとしてたのに、急に後からやってきて自分の居場所を取りやがって…と忸怩たる思いがあるのだろう。
それにしても私の可愛いライアンがそういう暴挙に出るのを見るにつけ、くまモンが楽屋でこっそりふなっしーを殴ってるのを見てしまったかのように、何だか胸が痛んでしまうのである。


とは言え結局お気に入りの箱を新入りに譲る優しいライアンであった。
何で俺だけ角型コンロなんだよ!

思いも寄らぬ事が起こるのは人生の常である

彼は若い頃から極度の人見知りだった。学校も不登校気味で、大人になってもその性格は簡単に変わるはずもなく、でもそれなりに、なるべく人と接さないよう、深夜のコンビニで細々と働き生計を立てていた。
そうして彼は彼なりに、人並みとは言えないかも知れないが、平和で穏やかな日々を過ごしていたのだ。
そう、あの日までは…。

それは突然の事だった。
いつものように出勤すると新しいバイトが2人居た。
見るからにイマドキのそのバイト達は戸惑う彼にとてもフレンドリーに「チース!」と言った。
明らかに頭は悪そうで、口の聞き方も知らないバイト達だが、仕事に馴染むのは彼よりうんと上手かった。
彼は居場所を失った。

ある日の休憩時間、彼が最近思い切って買い換えたスマホをいじっていると、バイト達が近づいて来た。
「先輩、スマホッスか?使い方とか何でも聞いて下さいよ。LINEやってますか?バイトでグループ作るんで入って下さいよ」と言い、無邪気にニッと笑った。
それから彼はバイト達とLINEのグループでよく話すようになった。
それは彼の人生にはなかった新鮮な出来事だった。
あぁ、俺も若い子達とこんな風に仲良くやっていけるんだ。
このまま仲間と接する事なく老後を迎えると思っていたのに…。
バイト達からLINEが届く。
「先輩、今度カラオケ一緒にどうっスか?」
また一つ、知らなかった世界の扉が開く。
悪くない。
全く悪くない人生だ。
彼はすぐに「OK」のスタンプを送信した。



あのですね、勝手に人をコミュ障オヤジに例えて創作するのやめて貰えませんか?
扉開く気ありませんから!




チース!新人アルバイトでぇ~す!
せんぱーい!カモ~ン!

ライアンの憂鬱

母さん、この箱は僕のお気に入りだったわけで…


あぁ、このころは幸せだった…

それがいつの間にか…
こんな事が行われたわけで…



カジカジ!


僕の大切な箱を、リニューアルして新しい使い方を始めたわけで…



うん!いい感じ!


うん!最高!


母さん、僕の居場所はなくなったわけで…



誰か!
あのゆとり世代を何とかして下さい!



ライアンの苦悩はまだまだ続くのであった…



名前

ライアンの名前をつける時、家族内で結構揉めて、なかなか命名できなかった記憶がある。
今度も名付けには苦労するなぁ、しかも2匹だもんなぁ、と譲渡会からの帰路、私は危惧していた。
道中、トリュフはずっと鳴き通しで、途中なんとキャリーを破壊して出てきたので、「島崎藤村」と名付けようかと思ったが、ではもう一匹はどうするかまた悩むのでやめた。
候補は色々出た。
信長と秀吉。
でもそうなるとライアンを家康に改名しなければならなくなる。
クロとチビ。
いやいや、すぐにデカくなるに違いない。
家に着いて娘に相談すると即答で「茶色はタルト!」と言った。
可愛い。
即決定。
「じゃあ黒い方はトリュフ」
夫が言って即決定。
タルトとトリュフ。
見た目もピッタリだし、ライアンとのバランスもいい。
かくして案外あっさりすんなり名前が決まり、ライアン、トリュフ、タルトの3兄弟がここに誕生したのである。





トライアル初日にもう名前付けるってのはいかがなものかと…
あなた達、返す気なかったですよね?


あ、島崎藤村のハカイは破壊ではなく破戒です。念の為…

愛人気質

トリュフはとても甘えん坊である。
私が外出先から帰ると、待ってましたとニャンニャン鳴きながらつきまとう。
椅子に座ればすぐさま膝に乗り、しなだれかかるように身を預けてくる。
体がシナシナと柔らかくて、何だかメス猫のようなトリュフは他人(猫)の物が欲しくてしょうがない。
ライアンが入ってた箱にも、隙を狙ってサッと入るし、タルトが遊んでいるボールはいつの間にか取り上げて自分が遊んでる。
かと言って、いつまでもそうしてるかと言えばそうでもなくて、自分の物になってしまった後は興味ないとばかりにほんの数分でプイとする。
トリュフはまだ自分の名前をちゃんと覚えてないようで、普段は呼んでもなかなか振り向かない。
だが、私がライアンを呼ぶと、ライアンより先に走ってきて私の膝にしなだれかかる。
この子はきっと、彼氏の部屋にわざとピアスを片方置いてきたり、休日に妻と出かけてる彼氏にわざと遭遇したり、そういうことをやってしまうタイプではないだろうか?

かくして最近我が家では、トリュフの事を「愛人」と呼んでいる。




壇蜜に似てるって言われるの。ウフッ

人たらし

タルトは靴下猫である。
四肢の先が真っ白でおまけに肉球がピンクなものだからついつい誰もが「可愛い~」と叫んでしまう。
タルトの目はアーモンド型だ。
とてもつぶらだ。
つぶらな瞳と言うのは、言い換えると「目がちっちゃい」と言うことだ。
よくよく見れば、ここだけの話、実はタルトはブサイクなのである。
顔だけで言えば、ライアンやトリュフの方が断然可愛い。
なのに誰もがタルトを可愛いともてはやす。
そう、タルトは「そんなに可愛くもないのにセンターとっちゃう」的な究極の人たらしなのだ。

タルトの可愛い真っ白な足先は、妙にデカい。
彼は間違いなく巨大猫になるだろう。
巨大なのに目がちっちゃい…
その時はその時で「ブサかわ」というジャンルで幅を効かすに違いない彼の成長が今からとても楽しみである。



アーモンドお目目がチャームポイントで~す!



次の総選挙では絶対センター奪回する所存であります!

悲しき8歳

子供というものは、得てして残酷な生き物だが、タルトもまたしかり、である。
タルトはどうもライアンを「おじちゃん」と呼んでるフシがある。
悪気のない無邪気な笑顔で、私の可愛いライアンを、「おじちゃん」と呼ぶのだ。
昨日は夫の膝で一心不乱に指チュッチュをするライアンを、物珍しそうにしげしげと眺めて、「ねぇねぇ、おじちゃん何してるの?」としつこく聞いていた。
驚いたライアンが飛び退くと、「変なおじちゃーん」とケラケラ笑う。
まぁ確かに、おっさんに抱かれたおっさんが指吸ってる、ってのはおぞましい光景ではあるが。
タルトを捕まえて、「ライアンをおじちゃんって言っちゃダメ!」と言い聞かす私をトリュフがジッと見ている。
その顔がどうも「何してるの?おばあちゃん」と言ってる気がしてならないのだが、考えすぎだろうか。




僕たち若いお姉さんのお家にいたんだもんねー
ここのお家、加齢臭がするね!

サース星人

妄想癖のある友人がいる。
彼女の趣味は、宝クジが当たった時に建てる家の設計図を描く事だ。
1度見せてもらったが、あまりの出来栄えに、宝クジなんかに夢託してないで、この才能を生かす仕事をした方がよっぽど確実なんじゃないかと思ったが、その設計に見合う土地まで物色している彼女を止めることなど私にはできない。
そんな彼女が幼少の頃の話である。
三姉妹の真ん中だった彼女は姉からいつも「お前は橋の下で拾われたんだよ」という昭和の鉄板ネタを言われ続けていた。
いつしか彼女は「そうだ、私はこの家の子じゃない。きっと宇宙からやってきたんだ」と思うようになった。
「その星では私はとってもお金持ちなのよ。いつかお迎えが来てくれる」
妄想に浸る彼女は自分の産まれたはずのその星を「サース星」と名付けた。
毎日夜空を見上げ、サース星からの使者を待っていた彼女も、大きくなるにつれ、そんな妄想など忘れてしまっていた。
そして彼女が高校2年になった時の事である。
新しいクラスで席に着き、ふと教室の柱を見ると、なんとそこに「サース星人」と彫ってあるではないか。
彼女はその事を誰にも喋ってはいない。
自分も忘れかけてたそれがなぜこの教室に?
目を疑った彼女はもう一度柱の字を見つめる。
読みにくい汚い字ではあるが、それは確かに平仮名で「さーすせいじん」と書いてある。
もしや、このクラスにサース星人がいるのか?
同じサース星人からのメッセージなのか?
それともサース星からの使者がついに来たのか?
パニクる彼女に後ろの席の友人が「どうしたの?」と声をかけた。
彼女は震える声で聞いた。
「ねぇここ、何て書いてある?」
その子は事もなげに読み上げた。
「さしすせそ」





こんな感じだったんだって。




オレもサース星に帰りたい。。。











一進一退

まだまだ新入りに馴染もうとしないライアンではあるが、それなりに2匹は敵ではないと感じてるようだ。
リビングチェックの際もかなり自分からなら顔を近付けてクンクン匂ったりもするし、すぐ隣で箱に入って傍観したりもする。
しかし、向こうから来られるのは嫌らしい。
同じクンクンなのに、向こうから来たら低く唸る。
ただ、シャーとは言わなくなった。
これは進歩だ。
新入りの方も、最初はライアンが来たらおとなしく座って観察していたが、最近では慣れてライアンの横で2匹でバトルを繰り広げるようになった。
猫のケンカというものを、私も見たことがなかったが、ライアンも見たことはないわけで、私とライアンは「はぁ~若いってのは凄いねぇ…」と感心して見ていたのだが、この2匹が調子に乗ってライアンに飛びかかったりしたら、ライアンショック死間違いなしだな…と思った矢先、タルトがライアンにジャピングアタックを繰り出した。

ライアンがボンボンに膨らんでシャーーーーと叫んで2階に引きこもったのは言うまでもない…




だってぇ~どっちも黒いんだもん!間違えちゃった!てへぺろ!
肉球見る?




誰か!あれを捨てて来て下さい!

三すくみはまだまだ続く

なにで多頭飼いを実感するかと言われれば、それはまずトイレの掃除が増えた事だろう。
2匹が来てから、何だか一日中トイレ掃除をしてる気がする。
まだ子猫の2匹は、ウンチも上手に埋められず、しっちゃかめっちゃかに踏みつけて出てくるので、2匹がトイレに入るたび見張っているから、余計そう感じるのかも知れない。
ライアンがうちに来た時はまだ本当に小さくて、ミルクを飲ませ、ウンチもオシッコも親猫が舐めて出してやる代りに、私が濡れティッシュで刺激を与えて出させていた。
タルトが1人でちゃんとトイレに入って用を足すのを見てふと思い出したのだが、あれ?ライアンがこの月齢の時ってまだ私が出させてやってたよなぁ?
ん?トリュフぐらいのサイズでもまだそうしてたんじゃなかったっけ?
確かそうだったわ。
私がいよいよ猫トイレに入って見本を見せてやらねば…と決意するほど、彼はいつまでも自分で用を足す事ができなかったのだ。
しかし、ライアンと比べてトリュフとタルトがしっかりしてるのかと言えばそうでもない。
トリュフもタルトもリビングの戸を開けることが出来ないが、ライアンは生後2ヶ月ぐらいから引き戸もドアもフツーに開けて出入りしていた。

おバカなのか、賢いのか…
謎多き愛すべき猫達である。




通れないんですけど!
何とかして下さい!




頑張れライアン

なかなか新入り猫と打ち解けてくれないライアン。
我が家には、新入りを隔離する部屋などないので、昼間は新入りはリビングで生活、寝る時は娘の部屋に入れている。
ライアンは今まで通りどこでも自由に行けるようにしているのだが、ほぼ二階から降りてこない。
新入りはリビングの戸を開けることができないので、いわばリビングに閉じ込めてるわけだが、元々ここはライアンが昼間過ごしていた部屋なので、ライアンにしてみれば、自分が追い出された気分でいるのかもしれない。
それでもたまに降りてきて、様子を見にリビングに入ってくる。
新入り達は、今までライアンのために買い与え続けたのに全く見向きもされなかった数々のおもちゃでよく遊ぶ。
やっと日の目を見たそのおもちゃでドタバタと遊んでいても、ライアンが入って来ると、一応おとなしく迎え入れる。
空気を読まないタルトでさえ、ライアンにちょっかいをかけたりはしない。
それなのに、ライアンはビクビクしている。
リビングの隅っこを、低い姿勢でソロソロと進み、自分が過去全く見向きもしなかったおもちゃの数々を、こんな物の何がおもしろいんでしょうかねぇとでも言いたげにクンクン匂い、途中で猫本体と接近してしまうと、フニャーと変な声を出してサササーと立ち去る。
日に何度か、そうやってリビングチェックをするライアンだが、晩、2匹を娘の部屋に閉じ込めた後のリビングで、こっそり2匹が遊んでいたボールを追いかけ回したりトンネルをくぐり抜けたりしている。
私と目が合うと、「別に…」とエリカ様並みに不機嫌な顔をするが、近いうちに3匹一緒に遊んでる姿が見たいなぁとお母さんは思うのだよ、ライアン!




べ、別に…遊んでるじゃないもんね、点検だもんね。。

ちょっと顔が若返ってる気がする。
若者2匹のアンチエイジング効果か?

三猫三様

私の人生で、こんなに長く付き合った猫はライアンだけであり、猫と言えばライアン、ライアンと言えば猫いう認識で生きてきた。
しかし、トリュフとタルトがうちにやって来てから、猫にはそれぞれ個性があるということに気付かされた。

例えば、ライアンは滅多に鳴かない。
ライアンのように至れり尽くせりの飼い猫は要求せねばならぬことなど何もないから鳴かないのだと思っていたが、トリュフは実によく鳴く。
要求などなくてもご機嫌な感じでニャン!と鳴く。

ライアンは普段甘えることはまずない。
抱っこも嫌いだし、膝に乗ってくる事など盆と正月ぐらいで常に私達と距離を取っている。
ライアンと暮らす私としては、猫とはそういうものだと思っていたので、それなりにとても満足な猫ライフを送っていた。
ところが、トリュフはいつでもどこでも膝に乗ってくる。
もうベッタリ抱きついてくる感じだ。

タルトはと言えば…
まだほぼ4ヶ月の彼は、空気を読まずやりたい放題。
しかし彼には武器がある。
それはピンクの肉球だ。
ライアンの肉球は小豆色である。
それはそれでとても可愛いのだが、やはり比べてしまうとそりゃあもうピンクの圧勝である。
それをわかっているのか、タルトは散々やんちゃをした後に印籠のように肉球をチラつかせる。
それを見た者は、目尻を下げ、もう誰も彼を叱れない。

そう、たったひとりを除いては…





ピンクの肉球、見る?




結構です!

と、言ってますが、さっきまでタルトが寝てた箱の中にフツーに入ってしまうおとぼけライアン君であった。。


多頭飼いへの道

うちに来てすぐ、トリュフが片目をつぶっていることに気付いた。
譲渡会から連れ帰る車中で狭いキャリーの中に閉じ込められ鳴き通しだったから、自分で引っ掻いたのかも?と病院へ連れて行くと、風邪との診断。
「当然他の猫にもうつりますよ」医師の言葉に私は落ち込んだ。
猫を新たに貰いたいというのはここ数年ずっと考えていたことなのだが、それによってライアンに不都合が起きる事だけは避けたかったからだ。
幸い二匹はトライアル中なので返す事もできる。
ライアンはまだ二匹と接触していないのでうつる前に返そうか…とくよくよしていたその時、また夫のびっくり発言が飛び出した。
「風邪ぐらい誰でもひくで。そんなもんしゃーないって。もううつっとるって。順番に治療したったらええねん」
その一言で開き直ったワタクシ、翌日タルトにギョウ虫が発覚した時も、もう動じませんでした。

願わくばライアンにうつってないことを祈りつつ、多頭飼いへの階段をまた一段登るのであった。



☆ちなみに、「あにまるあいず」では、ちゃんと検診、検便済み、ノミダニ駆除済みで譲渡してくれます。
月齢が達していれば去勢手術も施されますし、委託すればエイズ白血病検査も事前にしてくれます。
獣医さん曰く、ギョウ虫は検便では出ない場合があるそうで、「こんなにちゃんとしてる団体はなかなかないですよ」とおっしゃってました。
「あにまるあいず」にはまだまだたくさんの家族を待つ犬猫がいます。
皆さん是非1度譲渡会へ出かけてみましょう!






2匹は仲良しです!




うわっ!まだいる!

その時ライアンは…

トリュフとタルトがうちに来ることになったのは突然の事だった。
ダメ人間のワタクシがまたまた仕事を辞めちまって、暇になった日曜日。
前々から一度行ってみたかった、猫友のさやかさん主催のあにまるあいず譲渡会。
当日はあいにくの雨だったが、会場は結構賑わっていて、私が密かに気になっていた茶白の小金太君(タルト)も元気に参加していた。
今日はとりあえず「見るだけ」ということで、すぐ帰ったのだが、私はもう貰う気満々。
夫ほどうだったのだろう?と探りを入れたら、「おつきみ君(トリュフ)可愛かったな。」とやたら言う。
それなら小金太は諦めておつきみ君を貰おうと夫を焚きつけると、何と夫が「2匹貰ったらええやん」と言ったのだ。
この私でさえ、2匹貰うとは思ってなかったのに、夫はいつの間にそんなに猫好きになっていたのか??
しかしとにかく夫の気が変わらぬうちに…というわけで、11月23日、再び車を飛ばし、2匹を貰いに行ったわけである。
しかし、問題はライアンだ。
ライアンには何度も事前に説明しておいたはずだが、いざ実際に子猫がやって来たら、2階に引きこもり挙動不審に。

ライアンの苦難は続くのであった。





ににんがしにさんがろくにしがはち…これは夢だ夢だ夢だ…ブツブツブツブツ…


2階でひと眠りして、あれは悪い夢だったに違いないと意を決して見に行ったら、やっぱりそこには何やらはしゃぐ生き物が2体…
目が虚ろです…

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム