やっぱり勉強は大事です

世の中にはとてもめんどくさい種類の人がいる。
私の近々で言えば、かかりつけ医がまさにそれに当たる。
まず、彼はアメリカンジョーク的なちょっとどう返せば良いのかわからない冗談を飛ばす。
これがめんどくさい。
例えば、熱が出たのでその病院へ行く。
すると10中8.9「うーん入院だね」と言う。
また、怪我で訪れたとする。
すると今度は「切断だね」と言う。
病院へ行く時、人はたいていテンションが低めである。
なのに一応、「ははは…入院はちょっと…」とか「えー切断は勘弁してくださいよ~」とか、大人の対応をしなければならぬ。
めんどくさい。
熱があった日にゃ、ますますめんどくさい。
この前たまたま近所の人もこの医者にかかっていることを知ったのだが、その人も「ジョークに付き合わなあかん事を考えると行く前からしんどい」と言っていた。
しかし、彼が皆から疎まれつつも大勢の患者を抱えて町医者として君臨していられるのは、腕の良さと人望だけでなく、「お医者様」だからに他ならない。
教訓。
自由に生きたければ、やっぱり勉強せなあきまへん。




その通り!
そこのゆとり世代!聞いてるのか!


注.真ん中がライアンです。
最近タルトの「どっちも黒いから間違えちゃ った率」が高くなり、やたらとジャンピング攻撃を被るライアンであった。。
スポンサーサイト

コーヒー考

娘が、高校生の分際で、コーヒーに凝っている。
何だか妙に原産国がどうだとか、酸味がどうだとか、一丁前の事を語る。

先日一緒にコーヒーが美味しい喫茶店に行った時の事。
メニューを見ると、コーヒーは1番安いのが500円、続いて600円、650円、1番高いのは800円もする。
せっかくだからケーキも食べたいねと更にメニューをめくると、ケーキはオール450円。
うん、まぁ妥当な価格かな、とメニューの下に目をやると「ケーキセット900円」とある。
しかも、コーヒーは650円のものまで選べますと書いてある。
1番安い500円のコーヒーとセットにしても50円の得なのに!
その店はオリジナルブレンドがイチオシの店である。
オリジナルブレンドは1番安い500円。
元々私も娘に、このオリジナルブレンドを飲みたいと誘われ、ここに来た。
が、しかし、である。
500円でも650円でもセット価格は同じなのだ。
私は迷わず、650円のコーヒーを注文した。
そのコーヒーがどこの原産だとか、酸味がどうだとか、そんな事はこの際どうでもいい。
注文を終え、娘をふと見ると、非常に蔑んだ目で私を見ている。
「オリジナルブレンドがオススメやって言ったやん。その損得勘定、考えられんわ…」と呆れ果てている。
娘は当然500円のオリジナルブレンドを注文し、非常に気まずい雰囲気の中ティータイムが始まった。





コーヒーの匂いと子猫はキライです。

いい人

世の中には割と「いい人」がたくさんいる。
「良い行い」をする人は「いい人」という概念は間違いであって、心と行動が裏腹の人など掃いて捨てるほどいる。
ここで言う「いい人」は、人生50年、酸いも甘いも知り尽くした私が思う「いい人」である。

例えば以前のパート先の店長(30歳独身女)。
店にやって来るなり、私を捕まえて「昨日西島秀俊とめっちゃキスする夢みたんです!これって欲求不満ですかね?」と頬を紅潮させて言ってきた事がある。
この人、欲求不満かどうかは置いといて、間違いなく「いい人」である。

昨日私に突然「もしかして具合でも悪い?心配してます」とメールをくれた友人。
ハテ?何でそう思った?ワタクシ元気ですけど?と訝しく思っていると、「いや、最近ツムツムしてへんから心配した」と返信が来た。
こういう人も概ね「いい人」である。

我が家の門の横に植わっている一本の木。
何の世話もしてないのにやたらと枝葉を広げワシャワシャに伸び放題である。
それを見るに見兼ねて、近所のご主人が自分ちの庭の手入れのついでに切ってくれる。
切った後の枝葉の始末までしてくれる。
1度してくれて以来毎年黙っててもしてくれる。
最高に「いい人」だ。

「いい人」に囲まれた「いい日々」を過ごさせてもらっている事に感謝。




仲良く並んで食べてるやん!慣れてきたやん!と思ってるそこのアナタ。
ワタクシいい猫演じてます。。。





マイクロチップ

子猫ってのはこんなにもヤンチャなものだったのか?
ライアンが子猫だった頃はどうだったかトンと思い出せないのだが、トリュフとタルトはそりゃあもう毎日大暴れである。
隙あらば台所を物色し、何か見つけると、咥えて持ち去り、噛みちぎって味見する。
先日もトーストしたカリカリの食パンにイチゴジャムをたっぷり塗って皿に置いた途端、咥えて走り、リビングをジャムでベタベタにしてくれた。
今までは何の苦労もなかった食事の準備中も、出来上がった物や下ごしらえ中の物をそこらに置いておけないので、いちいち棚やレンジの中に隠さなければならず、本当に困る。
最近では忙しい時にヤンチャを発揮されると、「こらぁ!いい加減にしとかなママちゃん(たまに餌を食べに来る外猫)とこに修行に出すで!」と言うのがお約束になっている。
ある日、何やら咥えて逃げ去るトリュフを発見したので、いつものように「トリュ坊!ママちゃんとこ行くか?」と言いながら背後から捕まえると、トリュフがドヤ顔で咥えてた物を差し出した。
それは「マイクロチップ登録完了」の通知ハガキだった。
そっか。
この2匹、マイクロチップが挿入されてるんだった。
ボク達マイクロチップがあるから修行に出されてもすぐに戻ってくるもんね~と、澄ました顔で毛繕いを始めた2匹。
そう言えばライアンにもケータイのコードや布製品を齧って食べてしまう悪癖があり苦労した。
しかしいつからかそれも治まり、今では安心の猫である。
トリュフとタルトの暴挙も、もうしばらくの辛抱だろう。
マイクロチップのお世話にならずに済むよう、修行に出されることなく家猫をまっとうしてね、トリュタルちゃん!




寝てる時はとっても良い子な仲良しトリュタル。



母ちゃんはトリュタルという呼び名が、テゴマスのようだと気に入ってる。。
で、一番向こうの、何がどうなってんだ?

イメチェン

トリュフの毛色はとても変わっている。
パッと見は黒猫だが、実は白黒猫なんじゃないかと私は思う。
白黒と言えば、八割れ猫に代表されるように、白い毛と黒い毛が交互に生えてるのが一般的だが、トリュフの毛は、表面が黒で中が白と言う、極めて変わった毛色なのだ。
まるで白猫に上から墨でもかけたような感じで、もしかして洗ったら白猫になったりするのでは?と思えるぐらいだ。
トリュフを五分刈りにしたら、間違いなく白猫になる。
やってみたい…
その願望と戦う最近の私である。



表面の毛を首輪でめくってみると…こんな感じ。
五分刈りしたくなるでしょ?

本性

最近ライアンが怒りっぽくなった。
彼は特にタルトが気に入らない。
タルトが前を歩くだけで怒りだす。
タルトは何でもやりたい放題、気にしないタイプではあるが、さすがに何も悪い事をしていないのに怒られるので、シュンとして隅っこで悲しんでいる。
それに引き換え、トリュフは割と気に入られている。
トリュフはたまにライアンにパンチを浴びせたりするのに、ライアンはトリュフには寛大である。
なのにタルトは何もしてないのに怒鳴られたり殴られたり…
ひどい時は、トリュフにパンチされて逃げた先にたまたま居たために殴る蹴るの暴行を受けたりする。
いわゆるトバッチリというヤツだ。
ライアンはもしかして、強い者にはへつらって、弱い者にはやたらと強い、スネ夫タイプだったのかもしれない。
心優しいお坊っちゃまだと信じてたライアンの知らなかった一面が、やたらと目に付く今日この頃である。




いえいえ、ワタクシ慈悲深き良猫でございますよ。。

好みの問題

ライアンのために買ってきた猫ベッド。






もちろんすぐさまこうなる。


わーい!

わーい!


そしてライアンは…




せ、せまい…



クスン…


ライアンは市販の猫ベッドより普通の箱の方が好きなので、こうなる事はわかってましたけどね…

子役はつらいよ

芦田愛菜ちゃんを久しぶりにテレビで見たが、あまり大きくなってないような気がした。
子役は、自分が小さくて可愛いから価値がある事を深層心理でわかっていて、だからあまり大きくならないのだと聞いたことがある。
うちのタルトもモリモリ食べる割には大きくならない。
恐らくタルトもわかっているのだ。
自分が小さくて可愛いから、怒られるのがトリュフの半分で済んでいる事を。
だがタルト君。
人間の子役と違って、君にはもうすぐ去勢手術が待っているのだよ。
施術後、巨大化への道を進むのか、それとも子役魂が勝つのか…
楽しみなような、このまま子供でいて欲しいような…思いは複雑な母ちゃんです。




おっちゃんのシッポで遊びたい…ウズウズ!

頼む、早くオトナになってくれ…

遠慮がちなオレ



スリーサイズの箱を置いておいたら、一番小さいのに入ってました。。。

不憫だーーー

真相は闇

大晦日の誤食騒動。
大方の見立てでは、当初「トリュフ主犯説」が有力だった。
トリュフはとにかく食べ物に関心があり、ちょっとでも目を離すとサッと咥えて走り去る。
そして事もあろうか、それをトイレに埋める。
先日も袋入りの冷凍エビを解凍して、袋の口を開封してからちょっと後ろを向いた隙に、袋ごと咥えてあっという間にトイレに埋められ、すぐに取り返したが袋の中まで猫砂が入ってたのでさすがに使えず、泣く泣くそのまま捨てるハメになった。
トリュフは画鋲やセロテープをはがすのも大好きで、部屋中探して剥がして回る。
だからうちのコルクボードは現在何も貼ってない。
セロテープや輪ゴムで留めてる物は全て引き出しの中、調味料やふりかけなどは全てビンの中、と、日々気をつけていたにも関わらず、今回の事件である。
病院の先生も、短い付き合いなのになぜか「タルトのせい違うのになぁ、たぶんトリュフちゃんやろ?」とタルトに囁いてたし、私も夫もトリュフ主犯説を疑わなかった。
ところが。
昨日、絶好調で暴れ回ってたタルトの姿が見えなくなったと思ったら、蓋付きのゴミ箱の中から「バァッ!」と飛び出してきて、そして猫餌の入ってる缶の蓋を悪い顔で齧りだした。
うーん、これはもしかすると黒幕はタルトだったのか?
と、思ったその晩、私達の食事中、いつの間にかやってきたトリュフがおかずのお皿に手を突っ込んで引っ張り、ひっくり返して逃げて行った。

どうやら正解は「トリュタル共犯説」だったようだ。




寝てる時は可愛いねんけどなぁ…
後頭部で語るライアン。

こうして2015年がやってきた

大晦日の朝、休診の病院を開けて貰って、グッタリとしたタルトを連れて駆け込んだ。
レントゲンでは大腸に何やらガス溜まりがあり、怪しいのは怪しいが、血液検査では脱水だけが心配な状態だったので、とりあえず点滴を、という運びになった。
点滴ったってあなた、ぶっといのを2本も首筋からグィグイいっちゃって、更に注射も2本打たれて、もう可哀想で可哀想で、私も何だか意識朦朧としてきて、お年玉の用意もお年賀の用意も全て忘れてしまったのだけれども、先生は「明日の朝まで吐かなければ大丈夫ですが、もしまだ吐くようなら明日手術します」と言う。
「うーん、切りたくないよなぁ、タルトちゃん、頼むでー」と、そりゃあ先生だって元旦から出勤して手術は嫌だろうが、私だって嫌だ。
ましてタルトは絶対嫌だろう。
祈る思いで一晩を過ごす。
病院から帰宅直後はよたよたと足取りも重く何も食べないし、本当に心配したが、夜中も吐くことなく、翌朝には餌もすこし食べ、オシッコもした。
先生に電話をすると、「良かったー!心配してたんですよー」と喜んでくれた。

そんなわけで、2015年の幕が開いた。
その後、輪をかけてヤンチャになったタルト。
本当に良かった。
それにしても、ライアンは8年間医者知らずだったのに、この2匹、この1ヶ月で何万使わすんや!と笑って言えるのも治ったからこそ。
トリュフの風邪もかなり良くなってきたし、今年も3匹元気に楽しく過ごせるよう母ちゃんも頑張ります!

あ、ちなみにヌストも大晦日にインフルエンザ発症。
受験生の妹にうつすなよ!バカヤロウ!
休日診療高いねんぞ!バカヤロウ!
と、罵って隔離致しました、はい。



トリュフに襲い掛かるタルト…のように見えますが、これ、トリュフの後頭部をチュッチュッと吸ってるんです。



ゲ~
オレ、タルちゃん苦手~

大晦日は大喧騒

年の瀬の12月30日。
買い物から戻ると、リビングは泥棒が入ったかのように荒れていた。
新聞は散らかり、壁掛けは床に炸裂、そして猫達の餌を入れているタッパーが開けられて床に落ちていた。
何これ?と驚く私の前をトリュフが何やら咥えてタタターと走り去る。
捕まえて口からもぎ取ると、それはライアンのおやつの残りを袋のまま輪ゴムでとめた物。
ヤバイヤバイ、こんな物食べようとしてたんだ、とふと見ると、床に既に中身はないシーバの小袋がズタズタの状態で落ちている。
これも確か輪ゴムでとめておいたライアンの好物だ。
2匹はドタバタまだ暴れていて、私は「こんな物食べて!ダメでしょ!」と叱りながらリビングを片付けた。
翌日31日、大晦日。
朝、娘の部屋で寝ている2匹を呼びに行くと、昨日のシーバの袋を吐いた跡がある。
あー、ちゃんと出たねー、良かったーと朝の餌を与えると、トリュフはガツガツ食べるのに、タルトは全く食べず様子がおかしい。
そのうちタルトがゲーゲーとえづき出した。
吐くのは水状の液体ばかりで何も固形は出ず、そのままタルトはグッタリと床に伏せてしまった。
この小さな体でこれだけ水分を吐いたらまずいんではないか?
不安がよぎったが、今日は大晦日で病院は閉まっている。
それでもこのまま放っておくわけにはいかない。
無理を承知で掛かり付け医に電話をしてみるが、電話は休診の留守電を流すばかりである。
休日診療をしてくれる病院があるのは知っているのだが、とても遠いので、こんな状態のタルトを連れて行くのがためらわれる。
困り果てていたその時、電話が鳴った。
出ると先ほどかけた掛かり付けの先生からだ。
「どうしました?今たまたま病院に来たら着信があったから…」
まさに天の助け、私は焦ってタルトの状態を説明した。

明日に続く…



あけまちておめでとうなのだ。
さて、ボクの運命やいかに⁇









FC2カウンター

プロフィール

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム