スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タメナガ君とタメナシ君

ライアンはタメが長い。
じゃらしを振ってやっても部屋の隅から延々狙いをつけて、やっと飛び掛かって来る頃には、こちらの腕がヘトヘトになっている。
しかしトリュタルは、じゃらしを振る前からジャンプするぐらいの勢いである。
我が家の唯一猫立ち入り禁止の和室に、たまにライアンが入ってしまうと、追い出すのにとても苦労する。
どんなにおもちゃや餌で釣っても出てこないからだ。
しかしトリュタルなら、ちょっとおもちゃの音をさせただけで簡単に出て来るので、どうって事はない。
年齢の違いのせいだろうと思いがちだが、ライアンは子猫の頃からタメが長かった。
それを証拠に、彼には幼少期から「為長雷暗(タメナガライアン)」と言う別名がある。
長年ライアン基準できた私にとって、トリュタルが来てからは、
猫が猫じゃらしで遊ぶなんて!
猫が魚を狙うなんて!
と、毎日驚きの連続である。
最近、そんな為長君にも、珍しくお気に入りのボールが見つかった。
だがいくら気に入ったと言っても、彼がそれを1人で追いかけて遊ぶわけではない。
自分はジッとしたまま、ひたすら私に投げさせてはアタック…を繰り返して楽しむのだ。
それでもライアンが遊ぶおもちゃは滅多にないので私としても喜んでいたのだが、そこに現れたトリュタルが、あっという間に奪って行った。
タターと走ってきてパクッである。
新たなる「為梨君(タメナシくん)」の出現に揺れる為長君の2016年が、幸多からん事を切に願う次第である。



あけまちて



おめでとう



ご、ございます。。屈辱じゃーー

スポンサーサイト

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。