妄想ループ

給湯器が壊れ、取り替える事になった。
給湯器って高いよな。
もったいないな。
でも仕方ないしな。
と、悶々としながら近所のリフォーム屋さんにお願いした。
案の定、料金はお高くて、渋々支払ったのだが、2、3日してリフォーム屋さんがまたやってきてこう言った。
「すっかり忘れてましたが、ただいま当店キャンペーン中でして」
渡されたのは何と、ジャンボ宝くじ50枚だった。
宝くじ大好きな私だが、ジャンボは高いので20枚以上買ったことはない。
そしてもちろん、当たった事もない。
しかし。
今回50枚である。
聞くところによると、人から貰った宝くじは当たる率が高いらしい。
これもう絶対当たるやん。
その日から私の夢は膨らんでゆく。
実家に帰る途中、道路沿いの大きな土地に、廃墟が二軒建っている。
かつてのバブル期を彷彿とさせる豪邸が二軒、である。
宝くじが当たったら、まずはこの土地を買おう。
更地にした後、猫仕様の家を建てる。
そして実家で独り暮らしの父の家も隣に建て、更にもう一軒、将来、子供なり姪っ子なりを、現金をちらつかせた上で住まわせ、私の老後を看て貰うための家も建てておこう。
猫仕様の本家の内装を毎日考えていた時、猫友Mさんが、前々から行きたかった大阪の猫カフェへ連れて行ってくれた。
可愛い猫達に癒されてる間も、私は密かに内装に目を光らせる。
部屋の真ん中に鎮座する本物の木のようなキャットタワーはどこで買えるのだろう?
このキャットウォークは使えるな。
夢が膨らむ。
値段はいとわない。
なぜなら私は7億持っているのだから。

50枚の宝くじは結局ただの1枚たりとも当たりはしなかった。
おかしい。
人から貰ったら当たると言われた宝くじを50枚も持っていた私に当たらずして、一体誰に当たっているのだろう?
どうせもうすぐ豪邸に引っ越すからと、掃除もおざなりにしていた汚い部屋で放心する。
今朝、オーブンが壊れた。
また出費だ。
だが、掃除はしない。
しなくていいのだ。
オーブンを買ったら、宝くじくれるキャンペーンをやってるかも知れないではないか。
そしたら実家に帰る途中のあの土地を買って猫仕様の豪邸を建てて…




この内装、いただきます。



オレの個室も頼むぞ






スポンサーサイト

ミのある話

やはり50を過ぎると、あちこちに老化を感じる事があるものだが、先日、ついにここまできたか、と言う事案を体験してしまった。
それは1人でショッピングモールでお買い物を楽しんでいた時の事。
にわかにお腹が痛くなり、オナラがしたいような感じになってきた。
知らん顔して買い物をしながらさりげなくオナラをしてしまおうかとも思ったが、やっぱり何だか気が引けて、トイレに入ることにした。
一応個室に入り、便器に腰掛けちょっときばると、ブハッと盛大にオナラがでた。
途端腹痛がおさまったので、立ち上がり振り返るとあら不思議。
ウンコが出てる。
それも結構な量。
しかも固形。
いやぁ驚いた。
自分ではオナラが出ただけの感覚だったのに、固形のウンコが出てただなんて…
て事は、あのままトイレに行かず買い物をしながらオナラをしていたら…
あわや大惨事を無事回避できたと言う喜びと、ちょっとした喪失感とのはざまで揺れ動きながら、この話を友人にしたところ…
あら、私なんか寝転んでテレビ見ながらオナラしたらミが出てたわよとか、朝ダンナさんのお布団をめくったらミが付いてたとか、何人かが当たり前のように語った。
ちなみにミを出した人達、全員私と同い年である。





お下品な内容でスミマセン。。

羊毛フェルト

さてさて、先日のブログで、「あの金欲にまみれたraipiさんがお稽古事?」と、そこにツッコんでいらっしゃる方も多々おられるかと思うので、今日は私の作品をご披露しよう。
習っているのは羊毛フェルト。
初めての体験教室で作ったのがこちら。



モデルはライアン。

二作目は兄の家で飼っているフレンチブルのハナちゃん。



これ、誰に見せても大爆笑される。
猫友Mさんも「顔とカラダのクオリティ違い過ぎやろ!」と大絶賛。

そして、教室に通い始めて初の作品がこちら。



似てる?

ここからハマって…



三兄弟コンプリート。

現在は大作に挑戦中。

ちなみにもちろん並行して「金欲対策」も思案中。
教室は雑貨屋も併設なので良いものはすぐに置いて貰って売ることができる(ただし犬猫関連雑貨のみ)ので、チャッチャと作れて、売っても惜しくない系を試行錯誤の毎日である。

そんなこんなで肩凝りと戦いながらも割と楽しく過ごしてる、最近の私なのである。


猫猫寺オープン

去る9月22日。
そぼ降る雨の中、京都大原三千院近くの八瀬の古民家に、猫猫寺がオープンした。
寺に対して「オープン」などと言うのはバチ当たりなのかも知れぬが、そもそもここは、犬猫雑貨作家の先生が、ご自身の雑貨のお店兼カフェに併設して、ご主人の長年の夢である猫猫寺を手作りで作り上げ、住職は神主でも何でもないご主人(仏像の彩色師ではあるが)と言う.元々バチ当たりな寺なのである。
実はこの寺と私は少なからず因縁がある。
仕事を辞め、義父の介護がスタートし、日々忙しくはしてるものの、なんとなくこのままではいかん、老け込む一方だと思い悩んでいた頃、ひょんな事からこの作家先生の手芸教室を知り通うことになった。
その時はまだ雑貨店兼教室だけだったのだが、先生から近々八瀬の古民家を借り上げてカフェと猫猫寺をオープンする壮大な計画を聞かされた。
先生は言う。
「住職は主人がするんだけど、猫住職がいないのよね。物怖じしない人慣れした茶トラの猫がいいんだけど」
え?茶トラ?
いますよ。
いますとも。
うちに物怖じしない茶色いの、います。
先生は続けて言う。
「テレビの取材なんかも入ると思いますからね、ひょっとするとすごい事になるかもしれませんよ」
「ひょっとするとすごい事」
なんとも金の匂いがするではないか。
うちのタルトがタマ駅長みたいに全国区になって、写真集が売れてガッポガッポ、便乗でこのブログもやっと出版の日の目を見る事が出来るんじゃないか?
それからと言うもの、私は来る日も来る日もタルトにリードをつけたり、被り物を被せたりして特訓に明け暮れた。

そしていよいよオープンを間近に控えた頃、タルトを連れてお店に行き、先生のご家族にタルトをお披露目した。
すると、いつも物怖じしない大らかなタルちゃんは尻尾を垂れて股の間に挟み込んだまま、一歩も動けず、私にしがみついて帰りたいと言った。

かくしてタルトは猫住職不合格となり、私の一攫千金の夢も潰えたわけだが、今も毎週教室に通い手芸を楽しんでいる。
今のところテレビ取材が来る様子はないが、本当に猫好きにはたまらない空間になっているので、興味ある方は是非一度いらしてみて下さい。



先生の息子さんも若干17歳にしてプロの画家です。
カフェの襖絵や、ご本尊?の猫仏像も彼の作品。
ギャラリーも併設されてますよ!



食事メニューはカレーのみ。
何かにつけて猫尽くし。
お水に浮かぶ氷もわかりにくいですが肉球です!



FC2カウンター

プロフィール

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム