スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薫風

ちょっと覚えたカッコいい言葉を使ってみたい時がある。
だが使うタイミングがわからず、未だ会話の中では使った事のない言葉。
その1つに「薫風」がある。
一年を通して、5月が1番好きだ。
夏は暑いし冬は寒い。そして春は花粉。
とかく家にこもりがちな私が、唯一出かけたくなるのは5月だけである。
新緑が青空に映え、日差しはあってもさほど暑くはなく、目を細めて木漏れ日を見上げた時、頬を撫でる風が気持ち良くて、あ、薫風、と思うのだが、「薫風吹きましたね」と言うのもどうなのかわからず、たいていの場合黙っている。
カッコ良く「薫風」を会話に組み込むにはどうすれば良いのか、誰か教えて欲しい。
もう1つ、言ってみたいセリフ。
飛行機の搭乗チェックで金属探知機に引っかかった時に一言。
「あれ?これって心のナイフにも反応するんですか?」
たぶんこれから先、飛行機に乗る事のない私には、使う機会はまずないだろうが。



ちなみに「心のナイフ…」のセリフは「銀魂」ってマンガの中のセリフらしい。ずーっと前に読んだのに、どこかで使えないかとずーっと目論んでるらしい。



スポンサーサイト

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。