昭和懐古

ここのところ寝不足続きだったため、電車の中で爆睡してしまった。
不覚にもガクッとなって目を開けると目の前に真っ黒いグラサンのイケイケにーちゃんが座っていた。
口元はニタニタ、もちろん手にはスマホ、である。
あ、今アイツ絶対つぶやいてるな。
「おばはんお目覚めなう」とか言ってるな。
「やっと口閉じたなう」とかも言ってるな。
なんて恐ろしい世の中になったんだ。
ちょっとした醜態があっという間に全国区だ。
逃げるように次の駅で降りた私は、その後も道行く誰もの手にスマホが握られてるのを見て、何だか知らぬがビクビク怯えながら這々の体で家に帰り着いた。

「お帰り!」ヒタヒタと近付いて来る世界一可愛い生き物。
やっと緊張から解き放たれ、ズンベンダラリとくつろぐ事ができる。
いや、待てよ。
実は猫の肉球が、スマホ対応である事を、あなたは知っているだろうか?
友人へのメールをライアンに途中送信された過去がある私は、この世界一可愛い生き物さえもう信用することはできない。

あぁこんな時代が来るなんて…
彼氏からの電話を家族全員がいるリビングでコソコソ受け取っていた頃が懐かしい。
鬱憤は手書きの日記でしか吐き出せなかったあの頃が懐かしい。

古き良き時代よ、カムバック~







平成のオレはいつも緊張感の中で生きている…

どこがやねん!
スポンサーサイト

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム