シンデレラも金次第

もう放送は終了してしまったが、ドラマ「ラストシンデレラ」にハマっていた。
主役の篠原涼子は、手に職を持ちバリバリ働く齢40の独身女である。
職場の同僚には藤木直人が居て、この2人何かに付けてぶつかり合い、お互い「あんな奴!」などと思っている。
そこへ現れた20代のオトコ、三浦春馬。
彼は自転車競技の選手だか何だかで、定収入はないのにとりあえずカッコいい。
三浦春馬は最初は人から頼まれて篠原涼子に近付き、その気もないのにもてあそんでるのだが、そのうち段々本気で惹かれていく。
篠原としては、こんな若いオトコと釣り合わないわと思いつつ、やっぱり嬉しい。
わかる。
わかるよ、篠原。
私だったら騙されてるとわかってても三浦春馬ならOKだ。
しかし、篠原は私と違い、騙されていた事を知って、別れる決意をする。
それを知った藤木は、実はずっと篠原を好きだった自分に気付きニューヨークについてきてくれと言う。
でた、ニューヨーク。
そう、今までのパターンはこれだ。
私なんて第一話を見た時に「ハン!どうせこれ最終的には藤木と結ばれるね。ニューヨークの挙式シーンで終わるね」と予言していたほどだ。
ところが、である。
最終回で画期的な事が起こった。
何と篠原は三浦春馬を選んだのである。
ニューヨーク行きのステータスを捨てて、自転車競技に明け暮れて夜中にちょこっと配送のバイトをしてる三浦春馬を選んだのだ。
三浦春馬もそれを受け入れ泣いて喜び、エリート美容師の藤木直人は1人寂しくニューヨークへ旅立つ…
この結果を見て、「あー時代は変わった!」などと喜んでいてはいけない。

少し前、ドリカムの吉田美和が17歳年下の若いオトコと結婚した時に、私の友人がパート先で、ちょうど17歳下の社員の男の子に「あんたと私もアリやな!」と冗談で言ったら、その子が真面目な顔で「吉田美和は金持ってますよ」と言ったそうだ。

小金を持っている女は選択肢が広がるのだ。
篠原涼子もしかり。
髪を振り乱して、一日四時間のパートをしてる身だったなら、迷わず定収入の藤木直人を選ぶだろう。
三浦春馬もまた、篠原涼子がパートのおばちゃん設定だったらどうだった?
お前はそれでも泣いて喜べたのか?


と、テレビにツッコミ入れながら日々グータラしてる、何の稼ぎもない一般の主婦がシンデレラになれる日は、どこをどう間違っても、永遠に来ないのである。





残念ですが、ガラスの靴も履けないっぽいですね…むくんでますね…

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム