fc2ブログ

陽だまりの…

「陽だまりの彼女」を見るつもりはなかった。
なぜなら、「若者の色恋沙汰」ほど嫌いなものはないからだ。
酸いも甘いも知り尽くしたオトナのワタシとしては、たかが生まれて10年や20年のガキンチョが、好いた腫れたと一喜一憂してるのは、ツッコミどころこそあれど、感銘するところなどないに等しい。
しかし。
予告編や番宣で松潤が語る「彼女の秘密」がやたらと気になった。
上野樹里にどんな秘密があるんだ?
すると娘がスマホでチャッチャッと調べてくれた。
そして、「お母さん、これは見にいかなあかんで!」と叫んだ。

(ここからはネタバレです。
今から見る予定の方は読まないでね。)

いやぁ、たまげた。
なんと上野樹里の正体は、松潤が昔助けた猫だったのだ。
昔々、松潤は一匹の猫を助ける。
その猫は松潤に恋をする。(わかる。猫でなくても恋するさ)
そして猫は、なぜか夏木マリに頼んで人間にして貰う。
人間と猫は時間の流れが違う事を承知の上で。
そして、うまい具合に松潤と再会した猫(上野樹里)は、事もあろうか松潤と結婚をする。
つまり松潤は相手が実は猫だとも知らず、あんな事やこんな事をするわけだ。
いやこれ、どーしたもんかねぇ…

ま、それはさておき…
映画にも出てくるこのことわざ、「A cat has nine lives. 」(猫に九生あり)
の通り、猫は9回生まれ変わるそうな。
映画では、死んでしまった猫(上野樹理)がまた生まれ変わって…みたいなラストシーンなのだが、うちのライアンは、もし生まれ変われても、よもや人間になりたいなどと思ってはいまい。
お気楽猫生活を忘れる事などできないに違いない。
いいよ、ライアン。
何度でも猫として生まれておいで。
そして何度でもうちにおいで。
お母ちゃんだって本当は猫に生まれ変わりたいけれど、ライアンを飼い猫にするためには仕方ない、次も人間になれるよう、夏木マリに頼んでおこう。








上野樹里がロシアンブルーの化身ってのがどうもね~
あの毛色や毛質は陽だまりのサンクさんみたいな猫がピッタリだと思うんだけどね~
と、つぶやきながら帰宅したかーちゃんが上野樹里を意識してパーマあてたことに驚き、ガン見してるボク…
だ、だれ??
スポンサーサイト



FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム