あるかもよ~

実家近くの駅のホームの柱にデッカいキムタクのポスターが貼ってある。
何気なく電車を降りてふっと顔を上げた時、デッカいキムタクと目が合う。
厳密に言うと、そのポスターはホームの向かい側の柱にある。
つまり、私とキムタクの間には線路があるわけだ。
キムタクはと言えば、とってもウェルカムな感じで「さあ、僕の胸に飛び込んでおいで」的な微笑みを浮かべ、私を見つめてる。
フラフラと吸い寄せられる私の目の前を特急が通り過ぎ、すんでのところで助かったのも一度や二度ではない。
さて、ここに国家の陰謀的な見えない巨悪を感じるのは私だけだろうか。
どう考えても、あの場所にキムタクが居たら、多くの女性は吸い寄せられ、そしてかなりの確率で線路に落ちるに決まってる。
これはもしや、どこぞの女スパイを抹殺するための国家プロジェクトなんじゃないか?
そのために、一般のただのイケメン好き女性が何人か巻き添えで落下死したとしても、警察はきっと、初老の女性が混んだホームで足をもつらせたとかで事件性なしと発表するのだろう。
かくして、現場にコナン君でも居合わせてない限り、誰も国家の陰謀に気付く事はない。
秘密は、それが秘密である事さえ、誰にも知らされはしない。
当のキムタクでさえ、自分の美貌がそんなプロジェクトに使われてるなどとは露ほども知らず、🎵全然問題な~い🎵とか呑気にテレビで歌っている。
恐ろしい世の中になったもんだ。

てなわけで、駅長!
そんなキムタクのためにも、あのポスター、即刻剥がして私にくれませんかねぇ?






ないわ…

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム