スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同窓会in夏休み

あっつい。
とりあえずあっつい。
暑い暑い言うから暑いんや!と思うけど、言わずにはおれん今日この頃。
そんな猛暑の中、かれこれ30年以上も前に卒業した小学校の校舎が解体されると言う一報が届いた。
校舎が解体される前に、中を見学させて貰える事になり、今でも地元にいる同級生が中心になり、皆で集まろうということになったらしい。
何かそれ、いいじゃん。
解体される校舎に、かつての同級生が集合して、過去に思いを馳せる…
何だかいいじゃん。
掘り起こした校舎の下からタイムカプセルなんか出てきたら更にいい。
そう言えばタイムカプセル埋めたような気がしないでもない。
重松清の小説みたいなシチュエーションにワクワクしながら、懐かしい道を汗を拭き拭き急ぐ。
卒業以来、初めての母校訪問である。
きっと感動の涙にむせいでしまう…

ところが、である。
小学校に到着し、校門を一歩入って見渡しても、あれ、そんなに懐かしい感じがしない…。
とりあえず解体される校舎に入り、あぁ何となく思い出してきたぞ、この教室懐かしいと口に出そうとしたその時、誰かが「この校舎は1、2年用だったよねー」と言ってるのが聞こえた。
実は私は転校生で、この小学校には5、6年の2年間しか通っていない。
てことは、この校舎で学んだ事はないわけだ。
誰かが「運動場も見たいねー」と言い出し、皆でゾロゾロと移動する。
わーこの階段!懐かしい!とあちこちから感嘆の声が上がるのだが、ここだけの話、私、全然覚えてない。
一応空気読んで「ほんとだー懐かしいー」とか言っておいたが、所々は思い出すものの、ほとんど記憶にない。
頭に描いてた、懐かしさに涙するようような事もなく、もちろんタイムカプセルも埋めておらず、見学会は終了し、転校生のサガを痛感し、何となく気まずい空気の中、お決まりの宴会に場を移す。
その居酒屋で、注文を取りに来たのが若いイケメンで、いち早くそれに気付いた私はすっかり気を良くして、密かに彼が注文を聞きに来る度にほくそ笑んでいたのだが、なんと言ってもここは同い年のおばさん軍団の場である。
私だけじゃなく、その他全員が彼のイケメンさに気付いていたのだ。
そのうちに「何才?」「大学生?どこの大学?」「出身は?下宿?」などと恥ずかしげもなく聞くわ聞くわ…
小学校の思い出はイマイチ共有できなかった私だが、若いイケメン好きのおばさんパワーはガッツリ共有でき、楽しい一日でございました…はい。




この六角形の校舎が解体される。





だからおばさんはイヤなんだ。
ちなみにイケメン君を質問攻めにした次の注文から違う人が来たんだって。
それ、完全にパワハラやん!イケメン君厨房で泣いてるやん!
スポンサーサイト

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。