fc2ブログ

ゴールデンウィークは家にいるのが一番

ゴールデンウィーク中の電車の中はそれはもう混雑していた。
普段の混雑とはまた違い、各自持ってる荷物もやたらと大きいし、明らかに行楽帰りの家族連れなどは疲れ果てた様子で弛緩している。
ここで座席に座るのは、かなりの覚悟がいる。
なぜなら途中から乗ってきて座れない子供と遭遇する率が非常に高いからだ。
座れなかった子供は、最初は小さな声で親にだけ「座りたい座りたい」と訴えているが、そのうちその親が「座りたいの?ダメよ、空いてないでしょ」と大きな声で復唱するものだから、座っている人達は少なからず居心地が悪くなってくる。
はっきり言ってこっちだって疲れている。
あんた達子供は、今疲れてても明日になれば元気になるじゃないか。
でも私達は明日は更に、明後日はもっと、1年先には死んでるかもしれないのだ。
両者を比べた時、座っていいのはどっちだ?
なのに奴らは地団駄を踏みながら「足が痛い、座りたい!」と騒ぎ出す。
それを言うなら私などは足どころか腰も痛いし、慢性肩こりだし、ドライアイだ。
座席に座っている大人達は無言の連帯感のようなもので「絶対代わってやるもんか」と頑なに下を向く。
子供に世の中の厳しさを教える時が今なのだ。
だがやがて、必ず誰かが席を立ち子供を座らせてしまう。
そして席を譲った人は、私なんかよりもっとお年寄りだったりする。
気まずい。
さっきまでの連帯感はどこへ行ったのか、こんな小さな子が座りたがってるのにお前はよくも知らん顔していられるな、しかも挙句にあんなお年寄りが譲ったのにお前はまだ座ってるのか。
そんな世間の心の声が四方八方から聞こえてくる。
気まず過ぎる。
仕方なく、私は重い足を引きずりながら席を立ち、その子供の親が座る場所を空けてやり、記念撮影に興じる中国人観光客の間をすり抜け隣の車両に逃げるように移るしかないのであった。



家が一番とも言い切れませんな。
ヤツらがいますからな。




ヤツらです。
相変わらずの関係が続いています。


スポンサーサイト



FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム