優しい日本人

先日、ドラッグストアへ買い物に行った時の話。
店を出て、帰ろうとしていると、駐車場の車の傍らに立つ若い女性に呼び止められた。
「すみません、お願いがあります」
その女性はカタコトで言った。
「この同じのオムツ、買ってきて欲しい。1人2個しか買えない。あなた代わりに買ってきて」
女性は3千円を私に押し付けながらそう言い、車から降りてきたダンナさんも、「これね、テープ付きね」と現物を見せながら言う。
つまり、今日はオムツの特売で、1人2個までしか買えないので2人で何度も買ったが、まだ欲しいので私に代わりに買ってきてくれと言うわけだ。
いいですよと、3千円を握りしめ再び店内に戻る。
後ろから奥さんが「あなたのポイントカード使っていいよ!」と叫び、ダンナさんは「テープ付き!」と叫んでいる。
オムツ売り場に直行し、件のオムツを2個、テープ付きかどうかを入念にチェックしてからレジに並ぶ。
並びながらふと思う。
これ、あんた達同じ中国人にだったらこんな風に頼む?
見ず知らずの中国人に現金を渡して買い物を頼んでちゃんと買って来てもらえるんですか?
恐らく無理だろう。
彼らは自国ではできない事を日本人相手なら出来ると思っているのだ。
レジは混んでいた。
このまま三千円を戴いて逃げることも出来る。
日本人舐めるなよ、一億総親切だと思ったら大間違いだ。
黒い霧が心を支配し始めた頃、レジの順番が回ってきた。
これ、テープ付きですよね?と今一度確認し、外で待ってる中国人夫婦の元へ急ぐ。
遅くなってすみません、レジ混んでたので。
お言葉に甘えてボイントはつけさせてもらいました、と、お釣りとレシートを渡し頭を下げる。
そう、それが日本人。
自分より相手の事をまず考える、嘘が下手で、謙虚で親切な日本人。
この国民性は、国際社会において、どんな兵器よりも、案外強い武器になるのではないだろうか。




姑息なマネはせず、ストレートに領土侵入を図る茶色国民タルちゃん

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム