スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017幕開け

今年最初の投稿は…
ゲロの話である。

猫は本当によくゲロを吐く。
ライアンのゲロは餌を食べた後、割と間髪入れずに出る。
だからその形状は餌その物で水分もないので、ティッシュでガシっと取って後はちょっと拭けばOKである。
よく耳にする「毛玉を吐く」というのも、ライアンの場合はほとんどなく、ただただ今食べた餌をそのまま吐くのがライアン流だ。
ライアンはゲロの場所を選ばない。
いくら取りやすい形状のゲロとは言え、家具と壁の隙間とか布団の上とか、そういう所で吐かれた日にゃたまったものじゃない。
しかし、それがライアン流なので仕方ない。
そんな猫とゲロとの関係性を普通だと思って過ごしていたある日、うちにトリュフとタルトがやって来た。
トリュフのゲロは凄まじい。
猫は吐く前にゲコッゲコッと予兆のようなアクションを起こす。
ライアンのゲロはこの時にサッと紙などを前に置けば、うまくいくとその上にボトッと吐いてくれて全く掃除いらずの場合もあったりする。
ところが、トリュフのゲロはそうはいかない。
トリュフはゲコッゲコッの時点で既に吐いている。
しかも走りながら。
ゲコッゲコッから最後のゲロ~までの間に何箇所もゲロが撒かれる。
この状態を、我が家ではゲロパーティ、略してゲロパと呼んでいる。
そしてそのゲロは餌の形状などではなく、水っぽい。
フローリングの上でしてくれればまだ良いが、不思議な事に必ず娘の部屋のカーペットの上でする。
すなわち、掃除がしにくい。
飲み屋街の朝の風景が侘しくどこか汚らしいように、娘の部屋のカーペットは明るい日の下で見るとシミだらけでみすぼらしい。
パーティーの後とは大体こんなものだ。
さて、残るはタルトだが、うちに来て2年、誤飲で吐いた一回きり、彼が吐くのを見たことがない。
食べた物は全て栄養に。
それがタルトである。


あけましておめでとうございます。



今年もよろしくお願いします!
太ってないもん!

今年も2対1の我が家です。。


スポンサーサイト

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。