fc2ブログ

沢田研二問題

あれはどうなんだろう?
例の沢田研二コンサートドタキャン事件、の事である。
ご高齢ゆえに、体調不良ではないのか?と皆が心配したとおもうのだが、何とその実は、客の入りが悪いから、あんなスカスカの会場でできるか!と言うたいそう上からの理由だったのである。
しかし、私が驚いたのはそこではなく、この沢田研二の暴挙に誰も異を唱えないという点である。
普通に考えれば、70歳のお爺さんを見るために、7000もの人がお金を出して、交通費を使って、やって来てくれたのを無下にするなど、言語道断であろう。
だがしかし、世間様はそれを許した。
例えば。
町内会の敬老会で何か催しやるんだけど、誰か何かやってくれる人いないかしらね?
あぁ、確か三丁目の猫山さん、なんだか訳のわからない手芸やってるらしいわよ。
あら、じゃあそれやってもらいましょうよ。
ちょっと猫山さん、週末の敬老会で手芸教えてよ。
え?人数?それは任せてよ、この町内年寄りだらけよ、50人は来るわよ。
かくして当日、ふたを開ければ集まった年寄りはだった5人。
は?50人って言いましたよね?こんなスカスカの教室で教えられるか!
と、中止にしたとしたら…
猫山さんがその後、町内会で針のムシロ状態になるのは明らかである。
それは仕方ないよ、猫山さんのポリシーだよ、などと言ってくれる人はいるはずもない。
そして何より、その時集まった5人の年寄りが猫山さんを許さない。
なぜ7000人を無下にした沢田研二70歳は擁護され、たった5人を無下にした猫山さん55歳は糾弾されるのか。
ま、言うまでもないが、それは沢田研二が大スターで、その世界での権力者で、歳を取ってもなおイケメン、だからである。
さらに、あえて付け加えるなら、彼には言って聞かす人が恐らくいない。
猫山さんは幼少の頃から、中の下で、周りに気を使って生きてきた。
不条理や偏見にまみれても守ってくれる人はいなかった。
ただ、猫山さんには、おおっびらには守ってくれなくても、陰で一緒に悪口を言ってくれる人はたくさんいた。
猫山さんはそうやって困難を乗り越え、不条理に耐え、たった5人を大事にして生きてきた。
はたして沢田研二と猫山さん、どちらをより幸せな人生と感じるかはあなた次第である。



いやいやいや、絶対沢田研二だよね?間違いなく沢田研二だよ!
なによりもチケットを買った6000人が許してるんだから、それでいいと思います!
スポンサーサイト



FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム