スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実況中継 2

売り場が見えて来た。
窓口は3つ。
窓口到着まで、まだ1時間ぐらいかかりそうだが、どの窓口へ行くのか。
運命の分かれ道である。
窓口への振り分けは係のおじさんがやっている。
私の前の2人はおじさんの言うことを聞かず「右がいい」と頑なに右の窓口に並んだ。
私はおじさんの言う通り、左の窓口だ。
それでいい。
幸薄い人々よ。
私は本当のことを言うと、あなた達より頭一つ抜き出ているのだ。
なぜなら…



ジャーン!

金のエンゼルであるぞ!
頭が高い!

運が向いてるでしょ、
当たるでしょ?
当たるよね??

本日怒涛の連続投稿です。
応援メッセージお待ちしてます!



実況中継

2016年もあと2週間ばかり。
本日12月23日は年末ジャンボ宝くじ発売最終日である。
ついさっき、それに気付き焦った私は電車に乗り、ちょっとでも当たりそうな、過去に一等出ましたと胡散臭い手書きで書かれている売り場へやってきた。
驚いた。
まさかの大行列である。
考えられないくらいの行列である。
一体1番後ろはどこなんだ?
どこまで歩かせるんだ?
せっかく来たんだから並ばねば!
で、只今最後尾についたところである。
密かに見回したところ、並んでいる人々は皆幸薄そうである。
行列の横を「なに?何ならんでんのかな?」と足取り軽やかに通り過ぎる人達と比べ、ここに地味に根気よく並んでいる私達は、明らかに幸薄い。
この幸薄いオーラをまとった人々の幸薄いオーラを浴びまくって買ったところで当たるのか?
答えは明白である。
だがしかし、私達は並ぶ。
欲にまみれて並ぶ。
まだ列は遅々として進まない。
それでも私達は並ぶ。
外は北風が吹きすさび、みぞれなども降っている。
ようやく宝くじを購入しての帰り道、私達は買う前より心が寒くなるかもしれぬ。
しかしそれでも、やはり並ぶ。
並んでる人にだけ売るよーとお店の人が叫ぶ。
そうだ。
信じる者にだけ道は開く。

列の先頭はまだまだ先だ。



母ちゃん頑張れ~


本日久々にコメント欄開けてます。
幸薄い私に応援メッセージお願いします!


名曲も時代次第

先日テレビで、さだまさしの案山子が紹介されていた。
随分懐かしい曲だなと耳を傾けていると.
「手紙が無理なら電話でいい。金頼むの一言でいい。」
と言う歌詞があった。
それあかんやつ!
電話で金頼む、は今のご時世非常にヤバい歌詞となる。

あの頃は良い時代だった。

もう一つ。
昔一世を風靡した不倫ドラマの主題歌、ダイヤル回して手を止めた、と言う歌詞。
娘にダイヤルって意味わかる?と聞くと、しばし考えてから、0120?と言った。
今の子はこの名曲を、通販にフリーダイヤルしようとしてやっぱ衝動買いはあかん!と手を止めた自制心のある人の歌と思うようだ。

あの頃は良い時代だった。
不便ではあったが、間違いなく、良い時代だったのだ。



あの頃は良かった。。
あの頃に帰りたい。。




車内放送から学ぶ事

少し前になるが、JRが「車内化粧はみっともない」と言うようなポスターを作って物議を醸していた。
これに反発した人たちは、決して車内化粧肯定派なのではなく、そんな事をいちいちオメーに言われたくないんだよ、という思いだったのではないか?
私がいつも乗る電車は、「次は○○駅」と言うような通常のアナウンスを日本語でした後、英語、中国語、更には韓国語まで流す。
続けて「左側のドアが開きます」も4ヶ国語で流すものだから、駅間が短い時などアナウンスより先にもう着いてる場合さえある。
駅案内だけならまだしも、「ドアに指を詰めないように」だの、「お年寄りや妊婦に席を譲れ」だの、家庭で教育すべきような事まで懇切丁寧に言ってくる。
挙句に「歩きスマホは危険なのでやめましょう」と、もはや電車内とは関係ない事まで言い出し、
最終的に「お年寄りや妊婦に席を譲って人に優しい社会を目指しましょう」とACジャパンのCMみたいな感じで締めくくるのだ。
言ってる事は正論だが、大半の人はこう感じるのではないか?
オメーに言われたくないんだよ!

人は分かりきったことをことさらに言われることを嫌う。
価値観の押し付けを嫌う。
わかっちゃいるが、子育てになるとやっちゃうんだよな。
電車に乗るたび反省しきりだが、もう子育てはほぼ終わったので後の祭りである。



猫育てはまだ間に合うぞ。
何とかしろ!
落ち着かん!


ちゃんと並んでるのにライアンの怒りを買う2匹であった。



妄想ループ

給湯器が壊れ、取り替える事になった。
給湯器って高いよな。
もったいないな。
でも仕方ないしな。
と、悶々としながら近所のリフォーム屋さんにお願いした。
案の定、料金はお高くて、渋々支払ったのだが、2、3日してリフォーム屋さんがまたやってきてこう言った。
「すっかり忘れてましたが、ただいま当店キャンペーン中でして」
渡されたのは何と、ジャンボ宝くじ50枚だった。
宝くじ大好きな私だが、ジャンボは高いので20枚以上買ったことはない。
そしてもちろん、当たった事もない。
しかし。
今回50枚である。
聞くところによると、人から貰った宝くじは当たる率が高いらしい。
これもう絶対当たるやん。
その日から私の夢は膨らんでゆく。
実家に帰る途中、道路沿いの大きな土地に、廃墟が二軒建っている。
かつてのバブル期を彷彿とさせる豪邸が二軒、である。
宝くじが当たったら、まずはこの土地を買おう。
更地にした後、猫仕様の家を建てる。
そして実家で独り暮らしの父の家も隣に建て、更にもう一軒、将来、子供なり姪っ子なりを、現金をちらつかせた上で住まわせ、私の老後を看て貰うための家も建てておこう。
猫仕様の本家の内装を毎日考えていた時、猫友Mさんが、前々から行きたかった大阪の猫カフェへ連れて行ってくれた。
可愛い猫達に癒されてる間も、私は密かに内装に目を光らせる。
部屋の真ん中に鎮座する本物の木のようなキャットタワーはどこで買えるのだろう?
このキャットウォークは使えるな。
夢が膨らむ。
値段はいとわない。
なぜなら私は7億持っているのだから。

50枚の宝くじは結局ただの1枚たりとも当たりはしなかった。
おかしい。
人から貰ったら当たると言われた宝くじを50枚も持っていた私に当たらずして、一体誰に当たっているのだろう?
どうせもうすぐ豪邸に引っ越すからと、掃除もおざなりにしていた汚い部屋で放心する。
今朝、オーブンが壊れた。
また出費だ。
だが、掃除はしない。
しなくていいのだ。
オーブンを買ったら、宝くじくれるキャンペーンをやってるかも知れないではないか。
そしたら実家に帰る途中のあの土地を買って猫仕様の豪邸を建てて…




この内装、いただきます。



オレの個室も頼むぞ






ミのある話

やはり50を過ぎると、あちこちに老化を感じる事があるものだが、先日、ついにここまできたか、と言う事案を体験してしまった。
それは1人でショッピングモールでお買い物を楽しんでいた時の事。
にわかにお腹が痛くなり、オナラがしたいような感じになってきた。
知らん顔して買い物をしながらさりげなくオナラをしてしまおうかとも思ったが、やっぱり何だか気が引けて、トイレに入ることにした。
一応個室に入り、便器に腰掛けちょっときばると、ブハッと盛大にオナラがでた。
途端腹痛がおさまったので、立ち上がり振り返るとあら不思議。
ウンコが出てる。
それも結構な量。
しかも固形。
いやぁ驚いた。
自分ではオナラが出ただけの感覚だったのに、固形のウンコが出てただなんて…
て事は、あのままトイレに行かず買い物をしながらオナラをしていたら…
あわや大惨事を無事回避できたと言う喜びと、ちょっとした喪失感とのはざまで揺れ動きながら、この話を友人にしたところ…
あら、私なんか寝転んでテレビ見ながらオナラしたらミが出てたわよとか、朝ダンナさんのお布団をめくったらミが付いてたとか、何人かが当たり前のように語った。
ちなみにミを出した人達、全員私と同い年である。





お下品な内容でスミマセン。。

大谷翔平に幸あれ

やはり大谷翔平は凄い。
日ハム優勝投手となった昨日の試合を見て、今注目すべきは大谷翔平だと改めて感じた。
あのベビーフェイスからあの豪速球を繰り出すギャップは、女を道具としか思ってないナンバーワンホストが、雨に震える子猫を拾って育てるレベルのギャップにも匹敵し、キュンキュンする。
気がかりは、この将来ある若者の結婚である。
今この時、全国の女子アナやモデルどもが、虎視眈々と彼を狙っているかと思うと夜も眠れない。
私はかねてから彼の結婚相手として吉田沙保里を念頭に置いていた。
先のオリンピックで惜しくも4連覇を逃し傷心の彼女を、今なら落とせるはずである。
ダメか?大谷。
吉田沙保里がダメなら、伊藤美誠ちゃんはどうだ?
美誠ちゃんはまだ未成年だが、4年後の東京オリンピックで金メダルと同時に大谷選手と結婚、メジャーリーグ行きに同行。
という筋書きもある。
どうだ?大谷。
とにかく、日本の宝、大谷翔平が、女子アナの色香に惑わされることなく、最強の遺伝子を残せるよう祈るしかない。
頼むぞ、大谷。


水トちゃんか、朝日放送の川添佳穂アナならいいけどな。

拝啓スマップ様

どんな職場でも、嫌な奴はいるし、楽しくてたまらない仕事などたぶんない。
多くの社会人が、気に入らなくても目をつぶり黙々と働いているのである。
なぜ、あなた達は、それができなかったのだろう?
年端も行かぬ若者ならまだわかる。
5人全員がもう立派な大人であるのに、全国に向けたテレビ番組の中でさえ、嘘でも和気あいあいとできなかったのは、よほどの深い理由があるのだろう。
言いたくなければ言わなくていい。
解散は残念だが、何事も潮時というものがあるので、それは構わない。
たがしかし、それを悲しんで残念に思う人が一体何人いるのか、あなた達は考えただろうか?
ドーム1つに5万人が来るのである。
せめて、解散コンサートはできないのか?
近所のスーパーが閉店セールをするのはなぜか?
それはひとえに、今までその店に足繁く通ってくれたお客様のためである。
スマップのコンサートを心待ちにして恒例行事にしているファンは多い。
しかも私のように中年~高年のファンが圧倒的に多い。
あなた達は、多くの年寄りの楽しみを奪ったのだ。
私はずっと、死ぬまでにしたい10の事の1つに「ビストロスマップに出る」を挙げていた。
一般人にはかなわぬ夢であるのはもちろん承知の上でいつも言っていた。
それももう、シャレで言う事さえできなくなったわけだ。
いつかまた再結成されたとしても、その時には私も含めてもう死んでいるファンが少なからずいるはずだ。
今しかない。
解散コンサートをやって華々しく解散して下さい。
それがファンの望みであり、スマップにふさわしい終わり方なのではないかと私は思う。


我々だってお互い嫌な気持ちを隠しながらこうして一つの皿に顔を突っ込んでいるのである。。
あー解散してぇ~

オリンピックネタ、ラストです。

殆どの国民が知っている、3歳の頃の泣き虫愛ちゃんも今や27歳、日本卓球界の立派なリーダーとしてリオで戦い、銅メダルを獲っても尚、「苦しいオリンピックでした」と涙した姿に、我が子を見るような気持ちで感情移入した人は多かったのではないだろうか?

時を同じくして、友人の息子さんが結婚し、チャペルでの挙式に参加したのだが、小さい頃から知ってるその息子さんの成長ぶりと、うちの子とずっと一緒に遊んでいた色んな思い出が溢れてきて気づけば花婿の母親より号泣していた。
あぁ早くうちにも福原愛ちゃんみたいなピチピチの可愛い花嫁さんがきてくれないかなぁ。
条件はただ1つ、猫好きであること、それだけです。



ボクもお嫁ちゃん来てほしいなぁ~

若者の夏

オリンピックにかまけて、今年は高校野球をすっかり忘れていた。
しかし、決勝だけは見ようとテレビをつけ、そして北海高校のピッチャー大西くんがV6の岡田君バリのイケメンなのに驚いた。
北海高校は準優勝、大西君は銀メダルのケンブリッジ飛鳥と顔面、成績共に、肩を並べた。
それにしても今年の夏は特別暑い。
この暑さの中、野球をするなんて、家から一歩も出ない日記録更新中の私には考えられない。
オリンピックを終えてすぐ20歳の誕生日を迎えたメダリスト白井君の言葉、「30代になって振り返った時、後悔の無い20代にしたい」
人生のどこを振り返っても後悔だらけの50代は、この夏活躍する若者達が眩しくて、顔を上げることができないのであった。



後悔の無い猫生を送りたいものだ…

FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。