スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪だるま色々

雪が積もった日、猫猫寺の雪だるまは凄かった。




そしてこちらが私が猫に見せるため作った雪だるま。


かき氷レベル…

2017幕開け

今年最初の投稿は…
ゲロの話である。

猫は本当によくゲロを吐く。
ライアンのゲロは餌を食べた後、割と間髪入れずに出る。
だからその形状は餌その物で水分もないので、ティッシュでガシっと取って後はちょっと拭けばOKである。
よく耳にする「毛玉を吐く」というのも、ライアンの場合はほとんどなく、ただただ今食べた餌をそのまま吐くのがライアン流だ。
ライアンはゲロの場所を選ばない。
いくら取りやすい形状のゲロとは言え、家具と壁の隙間とか布団の上とか、そういう所で吐かれた日にゃたまったものじゃない。
しかし、それがライアン流なので仕方ない。
そんな猫とゲロとの関係性を普通だと思って過ごしていたある日、うちにトリュフとタルトがやって来た。
トリュフのゲロは凄まじい。
猫は吐く前にゲコッゲコッと予兆のようなアクションを起こす。
ライアンのゲロはこの時にサッと紙などを前に置けば、うまくいくとその上にボトッと吐いてくれて全く掃除いらずの場合もあったりする。
ところが、トリュフのゲロはそうはいかない。
トリュフはゲコッゲコッの時点で既に吐いている。
しかも走りながら。
ゲコッゲコッから最後のゲロ~までの間に何箇所もゲロが撒かれる。
この状態を、我が家ではゲロパーティ、略してゲロパと呼んでいる。
そしてそのゲロは餌の形状などではなく、水っぽい。
フローリングの上でしてくれればまだ良いが、不思議な事に必ず娘の部屋のカーペットの上でする。
すなわち、掃除がしにくい。
飲み屋街の朝の風景が侘しくどこか汚らしいように、娘の部屋のカーペットは明るい日の下で見るとシミだらけでみすぼらしい。
パーティーの後とは大体こんなものだ。
さて、残るはタルトだが、うちに来て2年、誤飲で吐いた一回きり、彼が吐くのを見たことがない。
食べた物は全て栄養に。
それがタルトである。


あけましておめでとうございます。



今年もよろしくお願いします!
太ってないもん!

今年も2対1の我が家です。。


良いお年を!

元気やねぇ~
その老婆は満面の笑みで私に向かってそう言った。
その日私は、1ヶ月前から悩まされてる腰痛のため通っている接骨院の帰りだった。
腰痛で動けない私を家では誰も助けてくれないし、猫は猫でいつまでたっても険悪で仲良くならないし、そんなイライラをまとったまま、仏頂面で機嫌悪く歩いていた私に、その老婆は「元気やね~」と言ったのだ。
そうか、私、元気なんだ。
不満だらけでも貧乏でも、元気なんだ。
1年を元気に過ごせた事を感謝して見上げた空は真っ青で。
元気やね~
ニコニコ笑ってそう言う老婆に「はい!元気です!お婆ちゃんもお元気でね!」と手を振り
家路を急ぐ。
来年も皆が元気でありますように。

今年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。



年末にお金もないのにソファーを買ったら、猫たちがやたら気に入ってくれた!
良い買い物をした。。お金はないけど。
年明けには億万長者なので問題ないです。

ミュージアム


闇金ウシジマくんザムービーが見たかったのだが、行く機会を逸し、その代わりにミュージアムを見に行った。
この映画、事前の謳い文句「あなたは最悪の結末を期待する」の通り、最後の方でジワジワと、もしや?もしやこれ?と感じ始めてからは本当に最悪の結末を予想してしまう。
でもなー。
そこで終わらないんだなー。
私としてはもうあそこで終わった方が後味悪くてゾッとして面白かったんだけどなー。

映画館と併設のゲームセンター前にガチャガチャが並んでいる。
ガチャガチャほどコスパの悪いシロモノはないと思いつつ、ついついやってしまうんだな、これが。



カワイイ!






引き際

フィギュアスケート全日本選手権で苦悩する浅田真央の姿に、多くの人が「もうやめさせてあげて」と思ったのではないだろうか。
アスリートの引き際は難しい。

昨日、スマスマ最終回を見た。
一連の騒動からのCD購買運動や、解散反対の署名などに少なからず疑問を感じていた私ではあるが、それでもやはり、昨日の放送は感慨深かった。
子供の頃から大金を稼いで、高校の卒業式にはファンが押し寄せて裏口から出なければならないような青春時代を送り、国民的スターなどと言われる特殊な生活を強いられて来た5人。
最後まで自身の口から解散を語らなかったのは、自分達にも何が決め手となったのかわからなくなっていたからではないだろうか。
何が嫌なのか、どこを直して欲しいのか、ではない。
理由などもはや関係なく、とりあえず一緒にいたくない。
これはまさに熟年離婚と同じ構図である。
熟年離婚には更年期障害も大きく関わってるらしく、とにかくもう嫌だと言う妻(この場合嫌になるのはたいてい妻の方)には一旦別居することを勧めていると医者が言っているのをテレビで見た。
すると別居の間に更年期障害が治り、また夫婦同居に戻れるらしい。
そう考えると、SMAPの解散にも一筋の光が見える。
復活はきっとある。

昨日のスマスマのラスト、歌い終わって深々と頭を下げたままの5人のステージに幕が降りてくる演出はとても良かった。
その後に幕の内側で中居くんが泣いていた場面が良かったと皆言ってるようだが、そこを見せずに幕が降りきった所でスパッと終わったほうが良かったのにな、と私は思う。
引き際とは本当に難しい。
国民的スターと世界的アスリート。
SMAPにも真央ちゃんにも、凡人には計り知れない思いがあるのだろう。
自身でそれを決める事を世間が許さない、上り詰めた人達の引き際は、尚更難しい。



引け!
俺の前に出るな!



FC2カウンター

プロフィール

raipi

Author:raipi
京都在住 ♀ A型 水瓶座

ライアン ♂ 2006年8月20日生

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。